フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

2011年2月11日 (金)

地デジ化!

いやあ、我が家もやっと画面右肩の「アナログ」表示からおさらばできました。
なんか、すっごくホッとしましたよ。
もう、まったく、なんで国の勝手な決定にこんなにハラハラして、高価な買い物までせなあかんねん!

さて、雪ですね。
こちらをご覧のみなさんのおうちまわりはいかがですか?
旭川在住歴4年を誇るあたしはこんなもんではびくともありませんが、関東は家の中が寒くていけません。
早く暖かくなんないかな~
…って、春が来ればきたで花粉症が…トホホ

2010年3月 9日 (火)

またまた、あたしが日本代表だった頃の話

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100308-00000017-eiga-movi
ビグロー監督、受賞おめでとうございます。
「ハート・ロック」を見たわけでもないし彼女のファンでもないし「女性初」という修飾語はお嫌いみたいだけど、やはり表現することに志を持つ同じ女性として素直に彼女の快挙をお祝いしたい。

個人的にはプレゼンターがバーバラ・ストライザンドだったのが良かった。
彼女はアメリカでもっとも成功した女性スターの一人だと思いますが、ちょうどあたしがアメリカに住んでいた頃はコンサートや舞台には出ていなかったけど商業的にはアルバムや映画での彼女の絶頂期でした。
(なんぼでも歌えるな、この人は)というのが彼女の声を聞くたんびにあたしが持った感想です。
彼女はよく自分のでかい鼻をネタにしていて自分の容姿にコンプレックスを持っているようでしたが、そんなところも日本人としてのアイデンティティーに揺らぎ、女としての自分に自信が持てないティーンエイジャーだったあたしには共感できました。
(見かけなんてどうでもいい!自分が好きなことを思いっきり表現して良いんだ!)

彼女は闘士でもありました。常に社会や慣習や常識と闘ってきました。
1983年にYentl(えっと邦題は「愛のイェントル」とかでしたっけ?)というユダヤ社会で勉学に志を持つ女性の物語を初監督しています。たしか公開当初は限られた数の映画館でしか上映されておらず、あたしは上映館を探してアフリカ系の友達と見に行きました。
正直勉強の方は苦手でそれぞれ歌手を目指していた黒人の友達と絵描きを目指していたアジア人のあたしには話の内容は共感しにくいものでしたが、今にして思えば彼女とあたしは「バーバラが作った映画」を見に行きたかったのだと思います。
表現者として常に闘ってきた彼女が今度はどんなものを見せてくれるのか、と言うのがあたし達の興味だったのです。
確かこの作品でゴールデン・グローブの監督賞は取ったもののバーバラはアカデミー賞を逃しました。(ついでにラジー賞なんかも獲ってた気がする…汗)
作品そのものにさほど感銘を受けなかったくせに一緒に映画を見た彼女と「残念だ」「やはり女性監督への差別だ」「それともユダヤ社会に対する偏見か」などと盛り上がったものです。
思えばあの頃は何かにつけて「外国人としてどう思う」「マイノリティーとしてどう思う」「女性としてどう思う」といった立場を前提とした発言をよく求められていました。今はないことです。
自分が何者であるか、考えずに過ごす日々です。
自分が選んでもいないのに人間には生まれながらにしてすでに背負っているものがあり、生まれながらにしての格差があり、生まれながらにして期待され押しつけられているレッテルもある。
日本を出てアメリカで暮らすようになって初めて心の底から実感しました。
「性は変えられないし、映画制作も辞められない」ビグロー監督の言葉です。
誰にも頼まれもしないのに15歳で「日本代表」の立場に立ってこどもなりに日の丸背負って暮らす中で(ああ、ああ、あたしはやっぱり日本人やし、女やし、ちっぽけやん。どんなに偉そうにしていても変えられへんし、やめられへん。)と悟りました。
思考停止状態に陥りがちな今日この頃ですが、久しぶりにバーバラ・ストライザンドを見て色々思い出しました。
知らない間に背負っていてありがたさを感じるものもあるわけで、その一つが「先人の苦労」というやつで、あたしも初対面の人が「日本人には昔世話になったから」と親切にしてもらったことがあります。
それはやはり何十年もの間日系人の方々が現地で真面目にがんばってこられたり、ジャパン・バッシングなどあった時代でしたがそれでも当時の駐在員の皆さんが誠実に仕事に取り組んできたからこそ、なんの関係もないフラフラした小娘でもきっと良い奴だから面倒見てやるかということになったんだと思います。
関係ないと思ってもやっぱりどこかで繋がっている。社会に生き、生活を営んでいる限り人間ってのはそうなんでしょう。
だからいろんなめんどくさいことも辞められないんなら、やっぱりそれを受け入れた上で前進あるのみです。
あたしはしょうもない貧乏性なので自分を「芸術家」だなんて呼べない。
時間があると(みんなが働いてるのに絵なんか描いててええんか)と思ってしまう。
でも今みたいに時間がなくなると(ああ、絵だけ描いて暮らしてぇ)と思う。
まあこれがあたしの人生なのでしょう。「性質は変えられないし表現も辞められない」ってとこですかね。

(告知)
TAGSTOCKでアーティスト名検索も出来るようです。登録ネームは「ChrisTee」です。サイドバーにリンクも張りましたのでよろしくお願いします。

2010年2月15日 (月)

魅惑の広背筋

はい、はい、おしゃべりに来たわよ、奥さん。ご覧になりまして、昨晩のNHK「ミラクル・ボディ」?フィギュアのブライアン・ジュベールよ!!
ちなみにペアのショートプログラムの中継見ながら書いてます。Scan10002なんなの!?NHKってどうしてこうクリスのお好みど真ん中なの!?
アクセル・スビンダルの時ほど科学の解明、ってかんじじゃなかったけど、いいの!!
だって、ご覧になりまして、ブライアンのあの背中!!!!!
やあああ~ん、もう絶対内側も外側もとんでもないことにいいい~って思ってたけど、あれほどとわ!!!
やっぱりコア・マッスルなんだ。種目を問わず、スポーツは体幹が大事ね。
飽くなき努力を続ける「4回転サイボーグ」は5回転も不可能じゃないそう。すごいわ。

で、っもう!ブライアンったら太りやすいのね?筋肉つきやすいのね?なのに、競技のためには無駄につけちゃダメ!
あああ~ん、やるせない!!179cmってもっと背が高いのかと思ったけど…そっかぁ~
お母さんも息子の体調管理大変ね。あたしもがんばろー。
で、また、去年長野に来たとき善光寺にお参りしている映像がらぶりぃすぎ!!言ってくれたらあたし、長野のお寺でも動物園でもスーパー銭湯でもなんでもガイドしたのに、呼んでよ!あたしもホーム・リンクのこどもたちみたいに権堂アーケードの前で「ブライアン!ブライアン!ブライアン!」とかって連呼しながら待ち合わせしたかったわよ!
ブライアンっていい名前よねえ~♪高校の時好きだった男の子がブライアンって名前よ。ジュベールってのがまたフランスっぽいわよね~♪大学の時のボーイフレンドがフランス系だったわ。やあああ~ん、なに言わせるのおおお~!!!
クリスのフィギュアのハニーは高橋大輔選手なのに~(泣)

2010年2月 8日 (月)

安全装置をはずせ!

まあ、みなさん、ご覧になりまして、昨夜のNHKスペシャル「ミラクルボディー」!?
世界のトップ選手の肉体やパフォーマンスを科学の力とNHKが誇る技術を駆使して徹底的に究明するこのシリーズ、あたし結構好きで必ずチェックしてんだけど昨日はアルペン滑降の英雄アクセル・スビンダル(ノルウェー・27歳)が登場でした。
時速160kmに達する人間F1マシンとなれるその筋力についてあらゆる角度から検証していてとっても興味深い1時間。
このシリーズではいつも一流のアスリートにとっては外側の筋肉だけではなく内側のコア・マッスル、しかも体幹部を鍛えることがいかに大切かを再認識させられるのですが昨日はアルペンというある意味生命の危機と隣り合わせの競技を扱っているため肉体の限界だけでなく恐怖心といかに闘っているのかを脳波を計ったり心理学者が分析したりしながら科学的に考察していて面白かった。

それが奥さん、もうアクセルったらまさにミラクルなバデー!!!
白人男性のバックの厚みってたまらんね?こう後ろに回ってまわし取って送り出したい感じ?あ、ごめん、わかんないわね?デートするならサッカーよりラグビーしようぜって感じよ…え、ますますわかんない?
だってえええ~、アクセルったらどう見ても子供5人くらいいそうな落ち着きで全然27に見えないのに脱いだら、もう…クリス、お腹いっぱいになっちゃったわよ!
昨日なんかアクセルの太腿の裏っかわの夢見ちゃった☆男の大腿二頭筋の夢見て喜んでるのってあたしくらい?そお~んなことないでしょおおお~う!?
あああ~ん、クリスのアルペンのハニーといったら皆川賢太郎選手なのに、バンクーバーではアクセルとどっちを応援したらいいのお~!?

おっと…そういうことは置いといて…本題。本題。
人間誰しも恐怖心というものを抱えていて、危険を察知したら(危ないぞ!回避しろ!)って自分にシグナルを送るものだと思う。ましてや一度経験したことがある恐怖に直面すれば(逃げろ!)って判断して当然とも思う。
ところがアクセル曰く「そういうときは心の安全装置をはずす」のだそう。
「恐怖に向き合わなければ誰よりも早く滑ることは出来ない。危険を回避していてはいつまでたっても過去の自分を越えることも出来ない。」
そして番組は彼のこの証言を科学的に解明してみせる。
詳細は再放送でも見てほしいんだけど、スビンダル選手は滑降中ほとんどまばたきをしない。これは精神的に非常に追い詰められている極限状態を表し、可能な限りの情報を目から取り入れ迅速に脳内処理することで不安を取り払ったり恐怖心を押さえ込む働きをしているそう。
まあ、だからといってまばたきさえしなければ一度選手生命を脅かされるような大けがをした現場で復帰戦を行い記録を更新して優勝するなんて芸当はだれにだってできるもんじゃないし(たいした男だよ、あんたって人はアクセル!)って感じですが、出来るだけいろんなものを見、知識を蓄えて事に当たり、困難を乗り越えることによって達成感を得てその成功体験を次に活かすっていうのは一般人にとっても恐怖や不安に打ち勝つためには必要な対処法かと思います。個人的にも今までの人生でさまざまな土地や人や仕事に出会う度に感じる不安や恐怖心をまさにそうやって克服してきた自分としては共感しきり、でした。

そしてそれは人生一般だけでなく、あたしの絵に対する姿勢にも関わってくることです。
出来るだけ多くを見、心に焼き付ける。
絵描きにとって一番大切なのは手ではなく目だと常々思っています。
もちろんスビンダル選手の強靱な精神を生かすのは長年培われた技術とそれを支えるナイスな筋力あればこそであるように、心のイメージを正確に紙の上に投影出来る腕と体力は必要ですが、やはりあたしも絵描きとして極限状態におかれているくらいの気合いで対象を見なければならない。命を削るくらいの気持ちで見なければ人の心に響くものを描くことはできないと思うのです。ちゃんとものを見ていなければ伝えたいこともわき上がってきませんし、紙と向き合ったときに描きたいイメージも浮かばないのです。

あたしは昨日の番組を見ていてなぜピッチを駆けているときとグラウンドの外に出たときの選手の顔立ちが違って見えるのか分かりました。
目です。彼らの目が違う。そしてその追い詰められている時の目が、あたしの心をつかむのです。
だからあたしは一歩スタジアムの外に出た選手には興味が持てないのですね。プライベートなんかホントにどーでもいい。笑顔で並んで一緒にスナップ写真とか撮ってもらいたいと思ったことはない。どんなに男前でも私服の彼らを描こうとは思わない。
でも、ピッチの上の彼らはあたしのヒーローであり同志です。
眉をつり上げ、目を見開き、痛みにのたうち回りながら恐怖を乗り越えていく様を見せてほしい。現実を跳ね返し、出来るわけないと言われていることをやってのけてほしい。闘う姿を、見せてほしい。
ユニフォームや筋肉の動き。ピッチの状態やスタジアム。バックの風景や空の色。
現場で絵を描かないあたしはいつも写真を参考にします。でも、目だけはいつも何も見ません。現場で見た選手の目を思い出しながら心で描きます。

なにもかもあたし達の目の前にさらけ出して走るきみたち。そうであればこそ、あたしはきみたちを鼓舞し、共に泣き笑い、君たちの栄光をたたえるのだ。まるで我が事のように。
だからそう、あたしも全てをさらけ出さなければならない。
きみたちだけにやらせておいて自分はこぎれいな絵を描いていてはいけない。
あたしも(描けなかったらどうしよう)(失敗したらどうしよう)(評価されなかったらどうしよう)なんてな心の安全装置をはずさなければならないのだ。

人間解放 - それこそが自由への一本道だ。

2010年1月20日 (水)

The way you make me feel♪

今日からベルマーレは宮崎キャンプ☆宮崎行きてぇ~、地鶏喰いてぇ~…
でも行けないクリスはせっかくの小春日和、近所のシネプレックスがハッピー・デーでオール1000円なので映画を見に行きました。

Michael Jackson's "This Is It"
もう無理かと思ってたら近所でロングランやってたの~(^o^)/
やっぱ大画面で見られて嬉しかったわ。素晴らしかったわ、マイケル。
リハーサルで力ぬいていてあれだったら本気出したらどうなっちゃうのよ?全然元気じゃないのよ!?なんでいなくなっちゃったのよ!?
ダンサー達美しかったわねえ。「彼らはマイケルの身体の一部だ」やあああ~ん!なんて美しい一部!なりきれるきみたちは偉大だ!オーディションに受かった子が泣いて喜んでたり若いギタリストの子を励ましたり、永遠の少年のマイケルもいつの間にか次世代を育てる側にまわってたのねえ。
でもどう冷静に見たって彼の音楽は全然古くない!…ってか、かっこいい!!全然妥協しないのに口調が丁寧だったり周りの人たちが凄く言葉を選んでマイケルを傷つけないように気を使ってるところはちょっと独特の雰囲気だったけど(「4年で地球を救う」とか、あたしだったら絶対「おい、おい、マイケル…」って余計なつっこみ入れると思う(汗)!!)ついつい盛り上がってガンガン踊っちゃったりリラックスしておちゃめな表情をしているマイケルを見ると(ステージに立ってるときが一番楽しかったんだろうなあ)ってしんみりしちゃいました。

Sandyもちろんマイケルの好きだった赤と黒でびしっと決めて見に行きました(アホ…)お客さん少ないのを良いことに、ノリノリで見ましたよ。
誰もいなかったら手拍子したり一緒に歌って踊りたかった。
マイケルのダンスを見ていると自然と笑顔でそうなっちゃう。
リハーサルの現場にいた人たちは幸せだなあ
マドンナもプリンスもライブに行ったことがあるけどマイケルだけないんだよなあ…残念だなあ
学校で踊りや独特のしゃべり方を友達と真似したりしたよなあ。

でもやっぱり最後泣いちゃったなあ。残念だなあ。
涙をぬぐいながら客席を立って振り返ると時間帯のせいもあるけど結構年配の人が入っていた。
お互い寂しくなりましたねえ。

映像でも十分非日常に連れて行ってもらいました。ちょっと元気出ました。

2009年9月18日 (金)

Le Corsaire

Image0002http://news.nifty.com/cs/entame/moviedetail/cnmtoday-N0019701/1.htm
北島くんが海賊役だなんて、まあ、なあ~んてぴったりなんでしょ!?
レースに復帰するという報道もあります。
世代交代の時期なのかもしれませんが、まだまだ競泳界に北島くんは必要!
早くプールに帰ってきて、また全国の競泳ファンのハートをかっさらってほしいものです。

2009年8月30日 (日)

24時間TV

もう何年も見てなかったけど、イモトアヤコちゃんが走るって言うから見てたのに、ゴールが出ない!日テレずるい!無責任だ!!

あ、でもう、津軽海峡リレーご覧になりまして?
引退した自由形金メダリストの柴田選手とMr.バタフライ山本選手の泳ぎが久々見れて嬉しいなぁって思っていたら、な、なんと、監督役の鈴木大地さんまで泳いじゃいましたよ!
やあああ~ん、懐かしい!嬉しかったぁ~!鈴木さん格好いい!!

あ、もう、すっかり終わっちゃった天皇杯ですが、神奈川は東海大、兵庫は関学、東京は明大のようです。がんばってください。

選挙も大変な結果になってきていますね。当選した議員の皆さんも、今回は相当期待されての結果です。ぜひ、我々を裏切ることのないようがんばってください。

追記:
やったあ~!イモト、ゴールしたあ~!手越くんにいい子いい子してもらってよかったね!
よし!さっそくNHKにチャンネルチェンジだ!

2009年8月14日 (金)

「火垂るの墓」で号泣!

あ~!たまらんっ!
いつものことやけどほんま泣かすわ。

親は子供残して死んだらあかんな、絶対。

2009年7月 5日 (日)

You're my HERO!

http://www.bellmare.co.jp/?p=4651
首位返り咲き~♪

関西リーグは残りの試合が今日行われ、三洋がアインに勝ったのでラランジャ一位、三洋二位となり、バンディは貯金使い果たして早くも三位転落です。
リーグ戦は延期になった8節を含め残り3試合。来週のカコリク優勝はなくなりましたが三洋との一騎打ちとなります。なんとしてでもここで勝って、自力ではい上がらなければなりません。
ラランジャに関してはもうBAMBやBIWAKOにがんばってもらうしかありません。
10/4まで優勝が決まらない、なんてことになりませんように!

一方のS.C.相模原は今日全社関東予選を勝ちました!
http://www.sc-sagamihara.com/wp/
やあああ~ん、まさきくん、カッコいいいいい~♪いよいよ地域決勝への道のりがスタートしましたね!
2006年からいわゆる「全社枠」が設定されてからというもの、全国社会人サッカー選手権大会は地域決勝への最後の切符を争うバトルロワイヤルの地と化してしまいました。
06は静岡FCが勝ち取りました。そのときにSFCにいた選手が今はSCSにいます。
運命の07はMIOびわこ草津が素晴らしい闘いを制して決勝大会にやってきました。バンディは見事に昇格をかっさらわれてしまった形です。
そして去年、トーキンの気の毒な辞退もあってホンダロックと山雅が出場権を獲得し見事ホンダロックがJFL返り咲きを果たしました。
こうしてみると「全社枠」のチームは決勝大会のダークホースといってもいいですね。
今年SCSは本気でこの枠をねらっています。
クリスもじっくりこのチームの闘いぶりを見守りたいと思っています。

Scan10092_2さて、お話しはグッと変わって…
ご覧になったかしら、昨夜のフジ土曜プレミアム?
「スピード」よ!キアヌ・リーヴスよ!!ああ~ん、クリスやっぱり「スピード」のキアヌが一番好きよ!!!特に吹き替えだと声まで男前♪
この頃30歳かそこらだと思うんだけど素敵だわ~☆身体もSWAT隊員ってことでそうとう作り込んであるわね?よく考えると他の出演作に比べるとジャックという役柄はあまり「らしくない」正統派好青年役なんだけど、もう、いいの!!とにかく素敵!かっこよすぎっ!!!
あたしもジャックのためならバスぶっ飛ばすわよっ!橋だって飛び越えるし空港だってグルグル回るわよっ!とんでもないシチュエーションなのに笑顔で「危機的状況下で出会ったカップルはうまくいかないんだって☆」って言ってほしいいい~♪

2009年4月14日 (火)

Endou is a very dangerous man!

ご覧になりまして、昨夜のNHK「スポーツ大陸」?
やあああ~ん、やっとくんったらかっこいい~♪
三人兄弟の末っ子でおにいちゃんたちにかわいがられて大きくなって…なんてくだりは全国の三児の母胸キュンものですぅ~☆
正直やっとくんはガンバのためだけにプレーしてほしいのでクリス的にはどうでもいい日本代表ですが、やっぱ2010年行かせてあげたい!W杯で大活躍させてあげたい!!南アフリカでコロコロPKが見たあああ~い!!!

さて話変わって競泳:
http://www.japan-swim.com/long2009/broadcast.html
日本選手権の季節がやってきました!…って、なぜに浜松?
去年はせっかく関東に来たのに引っ越し直後で忙しく結局辰巳に行けなかったから今年こそはと思っていたのに~(泣)
まあオリンピックの次の年というのは選手のモチベーションもどうしても上がってこないのであまり白熱のレースは例年期待できないと言われています。
このところ暑いし、せいぜいTV観戦で涼を取ろうと思います。
さあ、全国のリアル・ミケランジェロ・ファンの皆さん、日本人離れした肩幅の女の子と半裸のいい男たちがプールサイドで待ってるわよ!レッツ視聴!

より以前の記事一覧

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ