フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« やり直せることと、取り返しのつかないことと | トップページ | 展示会のご案内 »

2016年6月 5日 (日)

寂しい年

今日はハニーのお誕生日。
でも、もう、引退してしまわれたので。
一般の方にきゃあきゃあ言うほど若くもないので。
ただあたしの中でハニーの栄光は永遠なので。
そしてちょうど15年前に彼に出会ったので。
だからやっぱりあたしのサッカーの師匠であることに変わりはありません。
40歳のお誕生日おめでとうございます、鈴木隆行さん。

でも、今年はなんだか寂しいですね。
もう、鈴木さんはジョカトーレではない。

今年はデヴィッド・ボウイ、プリンスときて、今日はモハメド・アリの訃報。
こどものころにあこがれた人が次々と旅立っていく。
いったい、なんなんだ。

昨日たまたま見たNHKの「トットてれび」。
黒柳徹子さんの半生と日本のTV業界の歴史。
昨日は黒柳さんと故・向田邦子さんとの友情を描いた。
印象的なのは黒柳さんが向田さんが事故死した後、毎日のように入り浸った向田さんのアパートの前に佇むシーン。

あたしは5年前に夫を送り、両親ももう亡くなった。
親の時はただ周りの言われるままに葬儀を執り行い、違和感しかなかった。
夫の時は喪主だったが、悲しくて辛くて悔しくて、何も覚えていない。

あたしは熱心な仏教徒でもないのに仏教式で執り行うことへの罪悪感。
遠方から駆けつけた年老い、落胆する夫の両親に何もしてやれない無力感。
終わった後で(あれでよかったのだろうか)と襲ってくる、数限りない後悔。

5年たって思うのは「あたしの知らない夫の親しかった人たち」への対応だ。
結婚式も葬式も、すべては両親や親せきのために行った。
あたしはそこに、なんの心も思い入れも持ち合わせていなかった。
本の3日前まで元気だったのに、突然天国に行ってしまった夫。
仕事関係は職場の後輩の人、親戚関係は姉や義妹に連絡を任せた。
それでもう、いっぱい、いっぱいだった。
四十九日も一周忌もこどもと4人だけで執り行った。
初盆だけは納骨のために夫の実家に行ったけれど、それだけだった。

あたしが宗教や慣習に疎いばかりに、夫にお別れをする機会を奪われた人はいるだろう。
それが多いのか、少ないのか、それが気にするほどのことなのかどうなのか。
あたしには、わからない。

あたしが死んだら、子供たちはおそらく姉には連絡するだろう。
でも、それ以外には連絡する人もないんじゃないか。
さほど親せき付き合いはないからな。
仕事は今はほどんどネットを介しているから、パスワードくらいは教えておくか。
でも、葬式に呼ぶほどの長い取引でもないところばかり。

あたしが一番長く時を過ごし、楽しくともにいる友人たち、サッカーの仲間たち。
おそらくそういう人たちに何かあっても、あたしに連絡が来ることはないだろう。
あたしのこどもたちも連絡するすべもないだろう。

それは悲しいことかもしれないけど、それでいいのかな、とも思う。
あたしたちはスタジアムで出会い、スタジアムで友情をはぐくみ、スタジアムで別れる。
だから、あたしがいなくなっても、スタジアムで思い出してくれればそれでよいのかもしれない。
徹子さんが向田さんのアパートの前で一礼したように。
あたしもまた、葬儀会場など設けなくても友人たちはスタジアムで懐かしんでくれればよい。
そう思えるように、生きているうちに、会いたい人には会いに行かなければと思う。

« やり直せることと、取り返しのつかないことと | トップページ | 展示会のご案内 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/63734934

この記事へのトラックバック一覧です: 寂しい年:

« やり直せることと、取り返しのつかないことと | トップページ | 展示会のご案内 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ