フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2015年3月1日 - 2015年3月7日 | トップページ | 2015年5月10日 - 2015年5月16日 »

2015年3月11日 (水)

ロールキャベツ

去年は老いも若きも「アナと雪の女王」で盛り上がっていた。
あたしは映画を見ていないけど、主題歌は何度も聞いたのでそのつもりがなくても大体覚えるほどだ。
限られた文字数とメロディにきちんと合う歌詞にしなければならないという縛りの中で、日本語版はよくできた翻訳だったとは思う。
ただ肝心のサビがどうしてもしっくりこない。

Let it go.

「ありのままで」というのはあたしのなかでは緊張感から解放される状態に思える。
しかし英語の方には意思の存在を感じるのだ。
抑圧からの解放 ― でもそれは自らがうちからほとばしるものをせき止めようとするのをやめようという決意によってだ。

解き放て。

アメリカにおいては常にどのような状況でも意思の力が物事を左右するからかもしれない。
だからこそ、あるがままを受け入れてほしいとは思うのかもしれないが、そのきっかけを作るのも自らの意志だ、とディスニーは力強く歌い上げている。
日本語で甘く切なく「ありのままで」と歌われても(ありのままじゃかんやろ?何も変わらんやろ!?)と思ってしまうのはあたしがひねくれているからなのか。

母があたしに最後に作ってくれたのはロールキャベツだった。
亡くなる2か月ほど前に帰省して、鍋にあったものを温めて食べた。
少ししょっぱかったが、良く煮えていて美味しかった。
母は料理をほめると自慢話が止まらなくなり、注文を付けると反論が止まらなかった。
思春期ともなるとそういうのがめんどくさくなり、あたしは母の料理をだまって食するようになった。
いつしか母もそれを承知し、おかりをすれば気に入り、あたしは食べ物を残さないのでつがれたものをさっさと食べ終われば気に入らなかったのだと理解していたと思う。
しかしあたしもいつまでも成長期ではないので美味かろうが不味かろうがお代りなどしなくなった。
それでもは母いつも執拗におかわりを勧めた。

その2か月後に尋ねたときはもう、母は炊事が出来なくなっていた。
あたしを姉やヘルパーさんと間違えているような言動も散見された。
構わなかった。
母が「苺が食べたい」と言うので商店街中の和菓子屋を回って苺大福を買ってきた。
母は嬉しそうに大福にかぶりつく。
「いつもはこんなに食べられないけど、今日は一個全部食べたわ‼」
晩御飯に何が食べたいかと聞くとおなかがいっぱいだからもう食べられない、と言う。
あたしはまた商店街に買い出しに出かけ、すき焼きの材料をそろえた。
母は早々に布団に入ってしまっていたが、グツグツと牛肉の煮えるにおいがし始めると起きてきて「自分も少し食べたい。」と言った。
「美味しいわ‼あなたお料理上手ね。毎日来てほしいわ。」
ヘルパーさんと間違えてる。でも、かまわなかった。
褒めてもらいたいんじゃない。喜んでもらいたかったんだ。

その一か月後、母は自分のベッドで、あたしの腕の中で死んだ。
相方もその2年前に病院のベッドで、あたしの見ている前で息を引き取った。
あたしは何もできず、いずれの場合も医者が到着すると腰が抜けた。

目の前で人が死ぬということ。
経験しないとわからないよな。
ほら、黙祷ってやるじゃない?
広島の原爆投下とか阪神大震災だとか、黙祷しますよ、あたし。
でもね、毎年毎年、あたし、あの二人が亡くなったあの日、あの時は、気持ちがおかしくなっちゃうのよね。
とてもじゃないけど、黙祷なんてできる精神状態じゃない。
どっちも夜だから、酒飲んで寝ることにしてる。
(どうか目が覚めたりしませんように)って祈りながら。

でも、そんなもんだと思ってる。
誰かのことを、何もかもわかるなんてできない。
でもだからって、何もかも経験しなければ何も言えないなんて思わない。
あたしは22回引越を経験したけど、23回引っ越した人にはかなわない。
一度も生まれた町から出たことがない人から面白い話を聞くことだってできる。

母があるがままのあたしを愛せなかったように、あたしもははのあるがままを受け入れられなかった。
お互いさまじゃないか、親子にも相性があるんだよ。
母のロールキャベツがしょっぱいとか、たまには醤油味じゃなくてケチャップのが食べたいとか、そういう些細なことだって、つもりつもればいろんな解釈ができる。
あたしが18で家を出るまで、母は毎日いろんなものをこさえてあたしに食べさせてくれた。
そのどの一つもあたしが受け継いでいなくとも、あたしの舌の記憶は母の「作品」であるのだ。

相方にも22年間の結婚生活の中でいろんな料理を食べてもらった。
美味しいと言ってもらいたいと、願いながら作るのだけど、それ以上にいまは、食べてくれる人のいるありがたさを実感している。
最後に食べてもらったのは何だったろう?
病院に戻る前の日にヨーグルトにすりおろしたリンゴを混ぜたものを食べた。
でも、あんなものは料理じゃないし、すぐに吐いてしまったし。
彼はオムライスが好きだったのにコレステロール値を気にしていつも卵一個だけで薄焼き卵のようなのでチキンライスをくるんだものを出していた。
こんなことなら卵半ダースくらい使ったとろっとろのオムレツを乗せたのをおなかいっぱい食べさせてやればよかったと今でも後悔している。

人生を何度もやり直せる、そう思って生きてきた。
(どうしようもないあたしだけれど、もう一度チャンスをください。)
だからなおのこと、取り返しのつかないこと、というのが一番つらい。

ロールキャベツを作ろう。(雪だるまじゃないよ)
見た目は草食だけど中身は肉食の人間?
違うなあ。
醤油にケチャップ、たまにはホワイトソースや味噌なんかどう?
味付けはなんだっていいんだ、そんなのはうわべだけの問題。
大事なのはキャベツがくたくたになるまでじっくり煮ること。
焦っちゃダメ。人生と一緒。

« 2015年3月1日 - 2015年3月7日 | トップページ | 2015年5月10日 - 2015年5月16日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ