フォト

athletic portrait

  • 風景
    写真とはちょっと違う、似顔絵でもない、あなたの雄姿を、SNSのプロフィールにアップしてみませんか?

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年8月30日 (日)

Be my Boy!

先日フィギアスケートの羽生結弦選手がTV出演していてあたしと同年代くらいの女性から「こんな息子がいたら」とか「どうしたらあなたのような息子が育つのか」といった質問が届いていた。
「こんなの羽生君じゃなくて羽生君の親に聞くことだよね。」
一緒に見ていた娘に呟いた。
「ファンだからきゃあきゃあ言ってるだけでしょ。」
「ファンなの?男として好きってことよね?じゃあ、どうして息子ってキーワードが出てくんのよ?」
「ほかに共通の話題がないとか?」
「あたしはスポーツ観戦が好きけど、アスリートを見て息子になってほしいとか思わんな。」
「白井健三君かわいい、くぁわいいって言ってたじゃん。」
たしかに白井くんはかわいらしい。
彼の発展途上の肉体も美しいと思う。
だけれども、彼に息子になってほしいとは思わない。
第一あたしからあんな立派なアスリートが生まれるとも思わない。
そもそもな羽生君や白井くんが家にいたら落ち着いて屁をひることもできない。
あたしはあたしのこどもが良い。
あたしが産んで、一生懸命育てた息子と娘の方が良い。
でも世界陸上の合間に挟まれるTVCMに出てくる白井君は愛らしい。
なにがそんなにかわいいのか。
着地が決まった直後に見せる笑顔だ。
そしてそんな彼を見て、彼に息子になってほしいとは思わないが、(ああ、あたしの息子にもこんなふうな笑顔を見せてほしい)とは切に思うのだ。
人生を賭けるほど打ち込めるものを見つけ、それに向けて懸命に努力し、目標を達成して歓喜しているところを見せてほしいのだ。
あたしはずっと絵に打ち込んできた。
たいして出来も良くなく、期待もされなかったあたしだが、絵を描くことだけは父はずっと応援してくれた。
父も絵を描きたかったのだ。
でも親に反対され、諦めた。
彼は後にやりたい仕事を見つけ、それで成功し、彼なりに楽しい人生だったのではないかと思う。
あたしが描きたいものがわからなくなって自分を見失い、描けなくなった時には「絵がすべてではない」と言った。
一方であたしがサッカーに出会いスポーツを描いて行こうと決めたことを伝えた時はとても喜んでくれた。
父はあたしが絵で成功すればよいとは思ってくれていたが、それ以上にとにかく娘が幸せであればと願っていたのであろう。
あと5年で東京五輪だ。
あたしはスポーツを描いているので楽しみにしている。
だがこのところのエンブレムパクリ騒動は非常に不愉快だ。
あたしが絵を選んだのは好きだというのが一番だが競争しなくてよい世界だからと思っていたことが大きい。
その後なんどもコンテストやオーディションで落とされ、アートの世界も競争があることを知ったけれども。
それでもあたしはこの年になるまでそれもまた実力の世界だからと、信じていたのだ。
絵がうまいだけじゃプロにはなれない。
わかってる。
だけどこのコピーペーストの感覚バーチャル世界ではうまくなくてもプロにはなれる。
上手く何かを組み合わせて上手く媒体にのせることができればそれで良いのだ。
一連の騒動はあたしにそんな諦めを抱かせる。
そこには対象に対する愛情もリスペクトもない。
実力があるから、選ばれたのではないのか?
我々アートを志す者の代表ではないのか?
スポーツを描いている者として、アスリートを愛しているものとして、悔しくてしかたない。

2015年8月12日 (水)

18612

10年ぶりに長野に行った。
もうエルザはない。あのころの南長野には帰れない。
そう思って、10年間サッカーの旅を続けてきた。
5年前、JFL昇格をかけた地域決勝を見に行った。
長野サポーターの後輩たちと合流してともに応援し、昇格を果たした時の気持ちには今も変わりはない。
ただ5年前は自分自身の落とし前を付け、チームから卒業し、後輩サポーターたちの前途を祝しにいったのだ。
でも、今回改めてあの町に戻り、新しいスタジアムを訪れ、たくさんのお客さんを見た。
そして思い知ったのだ。
ああ、あたしはなんてひとりよがりだったろう。
あたしのように気が付けば移動ばかりしている人間はいかに自分がとるに足らない人間で、あたし一人がいなくなっても世の中来れっぽっちも困らないことを骨身に染みて理解している。
だからこそ、後にしてきた土地の思い出になど浸らず、新しい場所で自分の存在意義を見出すためにいつも必死だった。
今回の長野への道の間中、へんな心持だった。
車がなにかタイムマシンのようで、ずっと変な笑い声を上げていた気がする。
あたしはナーバスになっていた。
過去に対峙しなければならない。
過去に責任をとらなければならない。
過去を清算しなければならない。
ところが ちっぽけなあたしのくだらない緊張をあの素晴らしいスタジアムが吹き飛ばした。
ああ、そうだよ。
サッカーはみんなのものだ。
だからエルザは、パルセイロは最初から長野の街の皆さんのものだったんだ。
あたしはただ、他所からやってきてこの美しいチームの苗木を見つけ、少し育てる手伝いをしたにすぎない。
それをいつのまにか「あたしのチーム」だと勘違いしただけなのだ。
招待してもらったんで、あたしの目の前には美しい芝生。
ピッチだけは10年前と変わらない。
そして10年前、こんなにも立派ではなかった球技場であたしはいつも客席と芝生を自由に行き来していた。
いまもあたしとピッチの距離は変わらない。
でも、今のあたしは目の前のピッチと客席を隔てるバーを審判のジャッジに抗議するふりして蹴り飛ばすことしかできない。
昔応援した選手が今もプレーする選手を追いかけてあたしと一緒に不安そうに出待ちをしている。
昔はすぐ目の前の公園事務所がクラブハウスで、彼もあたしも自由に出入りできた。
シャワールームにだってめんどくさいから出入りしていた。
選手はやっぱり現役の内が花。
あたしたちサポーターは少しずつ下から上に上がって行く中でどんどんサポーターとしての知識もスキルも上がって行く。
選手がいきなりあたしたちサポーターの中に入ったって、同じようにはできない。
2
10年ぶりにいろんな人に会いに行った。
大人になってからの10年なんてあっという間。
でもこの10年、本当にいろんなことがあった。
実は相方を失ってからあたしの自己評価は地に落ちていた。
社会的にも、経済的にも、相方なしではまともに相手もしてもらえない。
こどもにも満足に教育を受けさせたり美味しいものを食べさせたりできないじゃないか。
旧知の人々と、別に特別なことを話すわけではない。
でも、思った。
ああ、あたしにはこんなにもあたしを心配してくれる人がいるではないか。
相方の仕事の関係で住むことになった地ではあったけど、この人たちはあたしが、あたしのご縁でつながった人たちだ。
あたしの話に耳を傾け、あたしの夢を応援し、あたしの困難を助けようとしてくれた人がこんなにもいたではないか。
5年前ですら、やはり自分は一人であるのは変わらないと思っていました。
ですが今回の旅で、自分は一人ではないと実感しました。
だからあたしがいなくなったくらいでその街は消滅したりしないし、だからこそきちんとその街に気持ちをかけ続けなければいけないとも思いました。
こんどからは責任感でも罪悪感でもなく、愛着の気持ちでもって。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年12月 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ