フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 因果応報 | トップページ | きみの向こうに見えるもの »

2015年1月10日 (土)

独り立つきみへ

おにいちゃんにすき焼きを食べさせて駅まで送る。 どうか、どうか、体調を崩さずに元気でいてほしいと願う。 別れた後、一人で車を運転するのはいつも切ない思いになる。 あたしをこんな気分にさせるのは、どんな恋人にもできることではない。 あたしも25歳だったか、営業職になって最初の正月に過労で倒れた。 あのころはつらかった。 絵筆一本で世界を征服するはずだったのだ。 それが日本に帰ってきて、夢を見失い、自分を見失った。 やりたい仕事ができず、なりたい自分になれなかった。 12日は成人の日だ。 成人するとはどういうことか。 あたしは大人になりたくないなどと思ったことはない。 早く独立した社会人となって、自由を手に入れたかった。 社会で成功さえすれば、自由が手に入ると思っていた。 三浦知良選手がTVで発言している。 「向上に対する意欲、魂は10代のころから何ら変わらない。」 あたしは社会の物差しで自分を計るあまり、自分を見失ったのだ。 社会がどうあたしを評価しようと、あたしがあたしを見失っては自由など得られない。 あたしは、あたしを殺すことが大人になることだと勘違いしていた。 自分が望んだ未来でなければ、そんなものはいらないと頑なであった。 現実社会とどう折り合いをつけるか、納得できる落としどころを見つけられなかったのだ。 だから自分を殺し、社会が望む女を演じ、いつしか自分の人生を生きることを忘れてしまった。 成人する人たち、社会に出る人たち、新しい一歩を踏み出す人たち。 どうか、後悔することのない道を歩んでください。 あたしはこの国に、若者殺しのこの国に、殺されたと思っていました。 でも、選んだのはあたし自身なのです。 そしてあたしが投げ捨ててしまった「時間」は二度と戻らない。 人生はやり直せるけど、時間は取り戻せないのです。 どうか、自分を大切にしてください。 あたしはずっと何が描きたいのかさえわからない時期がありました。 でも、阪神大震災があって、これではだめだと思ったのです。 それから5年あがきました。 真っ白い紙を前にして、どんなに自分に絶望していても、無理やりにでもなにか描くことを自分に強いたのです。 ところがそんなあたしの「苦行」はあっけなくサッカーによって終わりました。 サッカーに出会ってあたしは描くことの楽しさを思い出したのです。 20代を棒に振ったあたしは40目前で自分を取り戻しました。 10代の頃と何ら変わらない、いや、それ以上の情熱を。 Love your body - Love your self. Enjoy football - Enjoy life.

« 因果応報 | トップページ | きみの向こうに見えるもの »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/60953522

この記事へのトラックバック一覧です: 独り立つきみへ:

« 因果応報 | トップページ | きみの向こうに見えるもの »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ