フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2014年9月14日 - 2014年9月20日 | トップページ | 2014年10月5日 - 2014年10月11日 »

2014年9月26日 (金)

銀婚式

25年前に相方と入籍した。
だから今年の記念日は銀婚式のはずだった。

先月末に相方の母が入院した。
ということで末っ子を連れてお見舞いに行く。
たまたま、25年前の入籍したその日だった。
義母はベッドの上ですっかり痩せて小さくなった体をこわばらせていた。
「おかあさん、お孫さんつれきましたよ。」...
弱っている高齢者と対峙するとつい「ヘルパーさん」のようにしゃべってしまう。
義母はうれしそうに笑って末っ子を見上げ、相方の名を呼んだような気がした。

(あんた、こんな親不孝ないで。)
日本一の孝行息子のはずだった相方。

相方の実家に行くと義父が迎えてくれた。
身体的にはいたって元気だが、しょんぼりして寂しそうだ。
義妹が何くれとなく世話を焼いている。
が、たとえ体が不自由であっても長年連れ添った妻がそばにいないと心細いのだろう。
「まだ○○(相方の名前)のところには行って欲しゅうないんじゃが。
はあ、お母ちゃんも年じゃけえのお。」

(あんた、ホンマに親不孝やよ。)
瀬戸内海を臨む相方のお墓に向かって独り言つ。

末っ子と二人で呉線の帰り道。
長旅につかれた息子はすぐ眠りに落ちてしまう。
左肩に軽く頭の重みを感じながら車窓越しにキラキラ輝く海を見る。
向かいには若い父親と母親。
母親のむっちりとした膝の上にはよくしゃべる小さな女の子。
(将来末っ子が結婚して赤ちゃんが生まれても、相方は会えへんのやな。
赤ちゃんはおじいちゃんに会えない、んやな...)

もう泣かないよ。
もういくら考えても答えは出ない。
もういくら慰めてもらっても納得できない。
だから、もう、自分を許してやることにした。
自分を許す努力をすることにした。
(老後の夢は死ぬこと)
なんて言わないことにした。

その夜、息子と原爆ドームを見に行く。
ライトアップされた世界遺産は圧倒的な迫力。
翌日は資料館も見学した。
資料によるとあたしの父と母が育った町は原爆が投下された爆心地から20㎞と離れていない。
でもあのころは避難なんかしない。
皆その地にとどまって、田畑を耕し、食物を育て、それを食べて暮らし続けた。
(被爆二世?)
あたしも相方も、そうかもしれない。
だれにもわからない。
この高齢化社会にあたしの親父は70を前に亡くなった。
相方はがんで55歳になった3日後に亡くなった。
あたしには、わからない。
あたしも長生きしないかもしれない。
別に一人だけ逃げ延びる気もないけどね。

いつか必ずかなう夢。
「死」
まあ、それなら、もう、いまのあたしは怖いものなしだ。

もう、うだうだと泣き言を垂れ流さないくらいにはなったと思うので、これからはまた、サッカーとか、ばかなこととか、絵とか、描こうかと思っています。
ホンモノの「怖いもの知らず」だった若いころのように、とはいかないかもしれんけど。
強かったあのころのように戻れるとも思えんけど。

でもさ、死ぬまで生きるしかしょうがないじゃないやんか。

« 2014年9月14日 - 2014年9月20日 | トップページ | 2014年10月5日 - 2014年10月11日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ