フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2014年4月13日 - 2014年4月19日 | トップページ | 2014年9月14日 - 2014年9月20日 »

2014年5月11日 (日)

苺大福

今日は母の日。
母という存在はこの世にたった一人しかいないのだな。
去年母を失ってその現実に愕然としている。

正直あたしは母とは折り合いがよろしくなかった。...
母はあたしを受け入れることができず、あたしはそんな母を許すことができなかった。
母に認めてもらおうとするのをずいぶん前に諦めてしまったので、あまり喪失感はない。
ただ、葛藤の日々が終わったのだな、というのが実感だ。

母の誕生日も月命日も何となく過ぎていくが、今日のこの日は日本中で何かというと「お母さんに感謝しましょう。」とキャンペーン実施中なのでつい母を思う。
母の望むようになれなかった自分に嫌悪を感じる。
そんなあたしにこどもたちは贈り物をくれる。
(ああ、ああ、あたしはそんな上等なものではないんだ。)

母の認知症がかなり進んでお見舞いに行ってもあたしのことがよくわからなくなっていることがあった。
あたしは嬉々としてヘルパーさんを演じた。
長年の確執なんか、忘れてくれてる方がありがたい。
胃がんだった母は日に日に食欲が落ちる。
相方の回復を信じて疑わなかったあたしは感染症にでもかかったら大変とばかりに生ものを避け、彼が好きだったお寿司やとろとろのオムライスなどを食べさせなかった。
とても後悔している。
母がもう余命いくばくもないのは受け入れていたので、少しでもおいしいと思うものを食べてもらいたいと日に何度も食材を買いに出て料理に励んだ。
褒めてくれることがなかった母が「美味しい」「また作ってほしい」「食欲がなかったのに食べられる」とうれしそうに食べてくれた。
「おまえなど生むのじゃなかった」「おまえとは一緒に暮らせない」と言っていた母が「あなたお料理が上手ね。ずっといてほしいわ。ありがとう。」と言ってくれた。

「苺が食べたい。」
9月に行ったときの母が言った。
しかし苺の旬は今の日本では12月で店頭に並んではいなかった。
あたしはふと思い立って和菓子屋に行ってみた。
苺大福が置いてあったので買い求め、急いで帰宅。
「あら、苺大福ね。久しぶりね。」
母はおいしそうにあっという間に平らげた。
おそらく、これから苺大福を見るたびに、母を思い出すのだろうな、と思った。

愛してほしかったのではないのかもしれない。
愛したかったのだ。
ただ、ありがとうと、言ってもらいたかったのだ。
あたしは母を幸せにできるなにものかになりたかった。

« 2014年4月13日 - 2014年4月19日 | トップページ | 2014年9月14日 - 2014年9月20日 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ