フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2014年2月23日 - 2014年3月1日 | トップページ | 2014年3月16日 - 2014年3月22日 »

2014年3月11日 (火)

いのち、を凝視する

東日本大震災から3年である。
2011年というのはあたしにとって相方とともにがんと闘い、そして相方を失った年である。
当日の揺れは湘南エリアは震度3-4、交通機関は混乱したものの家に帰れないわけではなかった。
その後一か月以上「輪番停電」というものを経験し、スーパーから商品が消え、ガスステーションは常に長蛇の列であった。
しかしあたしにとってはそれはさほど大騒ぎすることではなく、目下の関心は停電によって相方の入院生活や治療に支障をきたさないかどうかということのみであった。

あたしは結局、その年の暮れに相方を失った。

相方を失い、病院から葬儀センター経由で家に帰り、最初に何を食べたのか覚えていない。
こどもが3人いるので、常に彼らの食事をどうするのか考え続けていたとは思うのだが、何を作り、何を食べさせたのか、まったく思い出せない。
阪神の時も、東北の時も、あたしは食べ物を求めて人が作る長蛇の列の光景がとても衝撃的だった。
食べなければ人は生きていけない。
どんな時でもちゃんとこどもを食べさせられる人になりたい。

注射されて泣いているあたしにお医者さんがくれたビスケット。
移民したおじさんが外国から送ってくれたチョコレート。
おじちゃんが亡くなった時に法事でおばちゃんが出した胡麻豆腐。
LAに引っ越してひとりぼっちだったときに食べた人参ケーキ。
母が倒れた時におばちゃんが食べさせてくれた温かいラーメン。
父が倒れた時におじちゃんが作ってくれた卵焼きとおにぎりのお弁当。
あのおいしさは忘れない。

でも、相方を失って、食べ物がどうでもよくなってしまった。
この2年で6㎏も太ってしまった。
体型も変わり、血液検査もいつも結果を見るのが恐ろしい。
食べることは生きること。
相方を失ったあたしは生きるのを辞めてしまった。

阪神淡路大震災であたしは「生き直す」ことを決意した。
あたしはそれまで描きたいことを見失い、夢を見失い、自分を見失った。
自分の人生を生きていなかった。
阪神にショックを受け、このまま死んだように生きるのは無念の思いで死んでいった人たちに失礼ではないかと思ったのだ。
あたしは翌年から再び絵を描くことを自分に強制し、苦しみながら基礎から絵を勉強し直し、5年後サッカーに出合って「蘇生」した。

相方の死後、あたしは自ら望んで死んだように生きてきた。
いつ死んでもいい、早く相方のところに行きたい。
そう思いながらそうならなかったのはひとえにこどもたちの存在だった。
あたしがどんなにもういなくなってしまった相方と「一緒に死んだふり」をしようとしても、生き生きと日々成長しているこどもたちはお腹を空かせて学校から帰ってくるのだ。
もう世界は終わったはずなのに、あたしがどんなに死んだつもりになっても、世の中は回り、あたしは仕事に出かけ、疲れたりお腹を空かせたりしているのである。
そんな自分に腹が立ちもしたが、どうしようもなかった。
あたしは死んでいないのだから。

もうなにもかも壊れてしまえばいいのに。
恵まれてる連中の既得権をめちゃめちゃにしてやりたい。
あたしばっかりなんでいつもひとりぼっちなんだ。

でも世の中がちゃんとまわってるから子供たちは育っていけるのだ。
ひとはひとりで生きていけない。
なんだかんだと、ひとりで子供を育てられない。

気が付けば相方が亡くなって間もなく2年と3か月だ。
今日は仕事帰りに防災無線が黙とうを呼び掛けていた。
大型トラックが行き交う道だったのであたしは立ち止まらずにぐんぐん歩いた。
(今晩なに食べよう)などと考えながら。

何年たったから大丈夫とか、そういうのじゃない。
でもこどもは違う。
あたしがうだうだ悩んでいる間に神戸の赤ん坊はもう19歳だ。
津波の日に生まれた子だってもうしゃべったりしているのだ。
あたしたしだって生まれた時から未亡人だったわけでもないが、最近は躊躇なくアンケート欄の「シングルマザー」だの「独身」だのにチェックを入れていたりする。

阪神の後あたしが「生き直そう」と思った一番の理由は(このまま死んだように生きている母親を子供に見せたくない。もし明日あたしが死んでも、こどもが生き生きとしたお母ちゃんを覚えていてほしい。)と思ったからだ。
相方を失ってからあたしは常に死に寄り添って生きてきた。
相方を一人で逝かせてしまったことへの後悔。
闘病中の相方の苦しむさまや死の瞬間を何度も思い出しては自分を責めてきた。

(なんであたしが死ななかったのか)
そう繰り返し思うことで、死んだふりをしている言い訳にしていたのかもしれない。
(あたしが死ねばよかったのだ)
そう自分に言い募ることで、無力感に浸りきることにしていたのかもしれない。

そうこうしているうちにも世の中は動く。
アベノミクスで世間は好景気だそうだ。
スマホすら手に入れていないのに、LINEでもういじめやら事件が起きている。
もう今年はブラジルでW杯だし、6年後のオリンピックは東京だって。
おにいちゃんは社会人になるし、娘は大学生、末っ子は高校生だ。

いつまでも死んだ相方に甘えていてはいけない。
あたしは「生きなければ」ならない。
「死」ではなく、「命」を見つめて歩き出さねばならぬのだ。
つないだ手をどちらが先に離したのか、もう考えても答えは出ない。

10年以上も描けなかったあたしだったが、すっかりへたくそになって絶望的になりそうだったが、絵はあたしを待っていてくれた。
阪神の後もがきにもがいてサッカーに出合い、描ける喜びを思い出し、あたしは「あたし」に帰ってきた。
今度も死んだふりをしている間にJ3というカテゴリーができた。
これはあたしたちのリーグだ。
あたしらのような下部カテゴリーを一生懸命さぽーとしてきたようなサッカーばかのためのカテゴリーだ。
J3を生かすも殺すもあたしら次第。

夢は待ってくれる。

« 2014年2月23日 - 2014年3月1日 | トップページ | 2014年3月16日 - 2014年3月22日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ