フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2013年6月9日 - 2013年6月15日 | トップページ | 2014年1月12日 - 2014年1月18日 »

2013年12月19日 (木)

エンドロールは流れない

今日は母の四十九日だ。

80年という生涯を終えて、母は私の目の前であの世へと旅立った。

昨日はちょうど相方の三回忌でもあり、なんだか一つ終わったなあ、という感じがしている。

相方もあたしの目の前で亡くなった。

人の死というのは存外あっけないものだ。

母の場合、少しずつ呼吸が荒くなり、目を見開き、大きく一つ息をして、亡くなった。

こちらがどんなに叫んでも、はかなく生きるのを辞めてしまう。

映画ならここで一巻の終わり、となるはずだが、あたしの人生は無様に続いていく。

10年前、父が亡くなったとき、あたしはもう少し前向きだった。

ちょうど描く対象としてのサッカーに出会ったばかりで、父が倒れる直前にそのことについてじっくり話をする機会があって:

「これからはサッカーを描いていく。もう、まよわない。」と決意を話した。

父からは「目標が見つかって良かったな。応援しているぞ。」との言葉をもらった。

だからこれからはいつも父が見守ってくれるのだから、恥ずかしくないように精進しようと誓ったものだ。

だがいまは、父を失い、相方を失い、母を失い、あたしは…

人生ってこんなものかと思う。

出会いと別れの繰り返し - 昨日隣で微笑んでいた人が今日はどこにもいない。

50年生きて引越22回。

両親と共に暮らしたのは18年。

相方と共に暮らしたのは22年。

みんなあたしをおいていく。あたしのそばからいなくなる。

でもきっと、人生なんてそんなもんなんだ。

ストーリーなんて決まってない。起承転結なんてない。主人公も脇役もない。悲劇も喜劇もない。ハッピーエンドなんてない。エンドロールなんて流れない。

人は一人で生まれて一人で死ぬ - 死は皆に平等。

おぎゃあと生まれたその日から、死に向かって一直線。やりたいことやって、さんざん散らかして、あとは野となれ山となれ。

後片付けなんて出来るわけがない、もう、いないんだから。

残された者はなにに思い出を辿ればいいのか - 弔う、とはどういうことなのか。

あたしにはいまだによくわからない。

今日はPCショップへ行って相方のPC機器を引き取ってもらった。メモリーも全部、破壊してもらった。

あたしは相方が亡くなって3日後に行った葬儀の日から結婚指輪をはずしている。

(甘えちゃいけない) - そう思ったから。

宗教もパソコンも指輪もあたしを救ってはくれない。

ただただ、愛する人と過ごしたその記憶だけが、あたしの心の支えだ。

なにが魂を救うのか、あたしにはまだわからない。

死ぬまで生きる、いまはそれだけ。

« 2013年6月9日 - 2013年6月15日 | トップページ | 2014年1月12日 - 2014年1月18日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ