フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2013年4月21日 - 2013年4月27日 | トップページ | 2013年6月9日 - 2013年6月15日 »

2013年4月28日 (日)

父なし子

今日は父の、そして尊敬する伯母の命日だった。

伯母は母の姉だったから二人に血のつながりはなかったのだけれど、仲が良かった。
だからって何も同じ日に亡くならなくても良いのだが…
2003年、あたしは長野に住んでいた。
10年前の今日は善光寺の門前町でお祭りがあったので子供と出かけていた。
帰宅直後に電話があった。
伯母が亡くなったという知らせだった。
もう長いこと入院していて、前年の盆の帰省時にお見舞いしたときは元気がなくて心配だった。
夫に電話し、「明日は広島に行くことになった」と伝えた。
しかし、夫が帰る前にまた電話がかかってきた。
父が亡くなった。
2ヶ月前に脳梗塞で倒れ、ずっと意識不明で入院していた。
結局ゴールデンウィークは家族揃って広島に行くことになった。
その日の夕方、飼い始めた子犬の散歩をしながら見た夕日の薄暗さを覚えている。

今日はもう10歳の老犬となった彼女のシャンプーをした。
ゴールデンウィークといっても子供らはみんなそれぞれの予定がある。
(あんただけや、あたしのそばにおってくれるんわ。)
みどりの日もいつのまにやら昭和の日になってしまった。
あたしはいま、神奈川県にもどってきて、ひとりだ。

この高齢化社会において70歳の父親を失うのは早すぎると思っていた。
道行く元気で楽しそうな高齢者を見る度に(どうしてあたしのお父さんは…)と思っていた。
だが、あたしは受け入れてはいた。
18歳で家を出ていたので、もう、一緒に暮らさない時間の方が長かった。
ただ、ただ、もっと教えて欲しかった。
駆け引きだとか、金儲けだとか、人のけ落とし方だとか…親父でなきゃ聞けないことを教えて欲しかった。
そしてずっと心配ばかりかけていたから、もう少しは親孝行をさせて欲しかったのだ。

あたしは父を失ったが、夫も失った。
相方が死んだとき、あたしは一人で彼の病室に泊まり込んでいた。
二十歳の長男に電話をし、18歳の妹と14歳の弟を連れて病院に来るように言った。
あたしは駆けつけた三人に唯謝るしかなかった。
「ごめん。あんた達のお父ちゃんを守れなかった。」
受け入れることなど出来ない。
なぜ、あたしのこどもたちはこの年で父親を失わなければならなかったのか。
いまでも、受け入れることなどとうてい出来ない。

親は子供をおいていってはいけない。
少なくとも、子供が一人で育ったような顔をして自ら親元を離れていくまで。
親の方がすがる子供を振り切って出て行ってはいけない。
なんとか策を講じてでも、「子供が出て行った」形を作ってでも。

なくなったからといって父を神格化するつもりはない。
言いたいことは、今でも山ほどある。
それでも、あたしを追い出してくれたことには感謝している。
(だけど、ずるいよ、親父。
なんであたしの大好きな人たちを連れて行くんだ。
そっちでみんなで、楽しくやってんのか。
ずるいよ。)

今朝、相方が亡くなって初めて彼の夢を見た。
(こどもらは元気だよ。
あの子達が三人ともあたしをおいて出て行くまで、がんばるから。
心配しないで。覚悟は出来てる。)

« 2013年4月21日 - 2013年4月27日 | トップページ | 2013年6月9日 - 2013年6月15日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ