フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 振り上げたその手の行方 | トップページ | 父なし子 »

2013年4月24日 (水)

愛した相手が地域リーグだった

J3が設立されるそうで。

発表されたときはたいした感慨もなかったんだけれど、
日がたつにつれて(これはえらいことだな)…と。

あたしさ、ちょうど10年なんだよね、地域リーグに関わるようになって。
毎年毎年、地域決勝出場を目指してリーグあるいは全社を闘ってきた。
そうしてやっとこさたどり着いた地決に何度も跳ね返されてきたわけなんだけど。

J3は承認制だ。
クラブが加盟申請を出して、理事会が承認すれば入会。
全てはフロントの仕事だ。
あれ、それって、もう地決って「Jが付く場所」に行くための地獄の登竜門じゃないの?
はなから上ねらいのチームはもうJFL昇格のための地決など目指さない。
いや、そもそも今後はチーム発足とともに加盟申請してJ3から、ってのもあるだろう。

サポーターの出来ることは、もう、なにもないのか。

あたしの10年は何だったんだろう

あこがれの場所、約束の地であったJFLは今後どうなるのだろう

「あたしの愛の力でチームをJFLに昇格させるぞ!」

ああ、自己満足だ、勝手な責任感だよ。
でも地決に賭けるこのカテゴリーのサポーターの意気込みはみんなそんなもん。
この極小な人数しかいないサポーター・グループの中にあっては、一人一人ががんばってこそ、チームの後押しになっていると確信しているんだ。

「一騎当千!」
そう思いながら客の入らないリーグ戦をサポートし、
サッカーじゃありえない5連戦の全社バトルロワイヤルを戦い抜いたんだ。
訳の分からない会場で毎年開催される地決・決勝に向けて旅費を積み立てたんだ。
それも、もう、おしまい。

まあ、加盟申請の内容に地決の成績などが加味されるのかもしれないな。
いずれにせよ、Jリーグはもう少し加盟条件の詳細を明らかにして欲しいね。
J3そのものは、ある程度「はじめてみなければわからない」事が多いのかもしれないけど、それぞれのクラブ・フロントだけではなく、広く一般のサポーターにも条件を開示して欲しい。
それが無理ならクラブのフロントは申請の進捗状況を明らかにして欲しいものだ。
どのような状況で、今季はどういう具体的な目標で運営を進めるのか、といったことをだ。
逆に無理なら無理で、非現実的な目標はブチ揚げずに正直に話してくれればよい。
そうでなければ今後J3を目指すチームのサポはまるで留守番の子供のように、ただお預けを食らって待つことしかできない。

ただやみくもに「J3を、もっと上をめざす」と叫び、困ったときだけ「もっとサポーターを増やしてくれ」「スタジアムを建設してくれ」と言われてもね。
こっちが説明を求めても「黙ってついてきて欲しい」「今は信じて任せて欲しい」ではだれもついては行かないよ。
サポーターはたしかに好きでチームを勝手に応援している。
でも、マスコミの方が先に情報を得ているようなそんな状況では心が折れるし、経済的、体力的にももたないんだからさ。
自治体だってそんなチームには税金も協力も投入してはくれないと思うし。

なんだか夫とのコミュニケーション不全に文句を言う古女房みたいで申し訳ないが、結局はそうなのだ。
何も言わなくても分かる、というのはないと思っている。
そんな「以心伝心」をお互い求めすぎて、壊れてしまったチームとサポーターをたくさん見てきた。

あたしは個人的に何が何でもJリーグ、とは思っていない。

上を目指しているから好きになるんじゃない。
強いから好きになるんでもない。

まあ、たしかにそれは大きな理由の一つかもしれないけど、でも、それなら最初からプロのチームを応援すればいいのだ。
好きになったチームが本気で上を目指しているから自分も一肌脱ごう、そう思うだけなのだ。
あたし達は幸せになるためにサッカーをしている。
上を目指さない方がチームにとって幸せなら、上がることでチームが分裂するくらいなら、上がらなくてよろしい。
まあ最近じゃあ、昔応援していたチームがすっかり大きくなったことを遠くの居酒屋なんかで知らない人に「あたし以前あのチームを応援していてさあ、こうなるって最初からわかってたんだあ~」なんて自慢するのもちょっと幸せって思うようにはなったけどさ。

だから勘違いしてもらっては困る。
(上を目指すためにこれは必要なことなんだ)(いちいち説明しなくても分かるだろう)
いや、いや、もうバカだと思って子供でも分かるように説明してください。
そして、こっちの言い分も聞いてください。
我々はあなたたちが大好きだけど、別に「あなたに盲目」ってわけじゃないのよ。

そして上がったら上がったで、うまくいかないことはいっぱいあるよ、わかってる。
そんときもやっぱり、落ち込まないで欲しいんだな。
(下のカテゴリーでは勝つのが当たり前だったのに)(これでは集客もおぼつかない)
なんども言うけど、強いから好きになったんじゃない。
だれも見に来なくても、あたしらは見に来ていたことを思い出して。
誰も知らない会場で、誰も来ない試合を闘うきみらと時間を共有したのはだれだ?

同じ景色を見ていたんだ

上を目指すということはチームが変わっていくということだ。
変わりたくなかったら、それこそ草サッカーでもやっているしかない。
選手も戦力外通告され、サポーターも去っていくかもしれない。
そういうことを何度も見ながら、相も変わらずあたしはこのカテゴリーを見ている。
しょせん「地域止まりの女」なのかもしれない。
それでもあたしはこのカテゴリーで抗っている人たちが好きなのだ。

J3には東南アジア進出を目指すという大きな方向性もある - みんなが幸せになれる発展を願っている。

Enjoy Football - まさに「ええじゃないか、フッボー」ですな、総統。
みんなでサッカーで幸せになろう

« 振り上げたその手の行方 | トップページ | 父なし子 »

社会人サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/57237725

この記事へのトラックバック一覧です: 愛した相手が地域リーグだった:

« 振り上げたその手の行方 | トップページ | 父なし子 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ