フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 背負うべきもの | トップページ | 愛した相手が地域リーグだった »

2013年3月16日 (土)

振り上げたその手の行方

3月は自殺防止月間だそうで。

http://www.asahi.com/national/update/0111/TKY201301110314.html

体罰、暴力、そして虐待。
それに対する理解は個人がどのように社会、学校、親に育てられてきたかによって別れると思います。
人間だって動物ですから、破壊衝動ってあると思います。
ただ、あたしは暴力は学習によって習得されると思っています。
殴られたことがない人はどう殴って良いか分からないから初めて誰かを殴ったときはおそらく自らの拳を痛めてしまうと思います。
またはただばあーっと感情を爆発させて体当たりをするくらいで、なかなか相手に攻撃をクリーンヒットというわけに行かない、そんな躊躇が入ると思います。

あたしは叩かれて育ちました。
対して特別なことではなく、戦後教育では当たり前のことだと思っていました。
叩かれる中で、どういう風に手の平を持って行けば自分の手を痛める事がないかを学ぶのです。
もちろん、どういうタイミングでここぞとばかりに殴るのかも。
暴力を受け、叱責を浴びている間、あたしはただ(あたしが悪い子だからこんな目に遭うのだ)と自分に言い聞かせるしかありません。
そこにはなんの成長もありません。
ただ暴力を学習している時間があるだけです。

だからあたしは当たり前のように自分の子供に手を上げました。
自分があんなにされていやだったことを自分の子供にしました。
だって、それ以外、子供に対する接し方を知らなかったのです。
あたしの親は自慢げに「中学になる頃にはもう叩かなかっただろう?」と言ったものです。
ですから、言葉で言って分からないものには手を上げて当然、と思っていました。
でも叩いたからといって子供の聞き分けが良くなったわけでもなく、あたしの気持ちも晴れませんでした。

あたしの亡くなった相方は親に叩かれたことがなかったそうです。
だから当然彼は一度も子供に手を上げたりしませんでした。
言葉を尽くして分からせようとしました。
そしてなにより、彼は人をどう殴っていいか知らなかったのです。

人は自分が学習したことは実践したくなるものです。
暴力の連鎖は断ち切らなければなりません。
なぜその振り上げた手の先に、あんなに柔らかな頬があると分かっていて振り下ろしてしまうのか?
なぜ手を上げてしまった後の方がその前より胸が痛むと分かっているのに、辞められないのか?
それは今も報われずに泣いている自分の中のこどものためです。
あたしはいやだった。痛かった。悲しかった。
あの頃のあたしは今でも誰にも慰められず、涙をぬぐってもらえず、抱きしめてももらえず、怯え続けている。
あのころのこどもが、目の前の子供を叩いている。
あたしがもっとも嫌いな「弱い自分」というものをあたしがもっとも憎んだ「恐ろしい親」の顔をしてなぐっている。
それだけなのです。

コミュニケーションの崩壊は大人としての敗北です。
強くなったつもりで、結局はあんな風にはなりたくないと思っていた通りの大人になっている。
いつまでも恨みがましい被害者意識を抱いていないで、本当の大人にならなければならない。
あたしはあたしはを親にしてくれた子供から、叩かずこどもに接する相方から、そんなことを学びました。

目の前の子供からまず、幸せにしなければならない。
そのためにはまず、あたしのなかのこどもを愛してやらねばならない。
殴る前に、抱いてくれ。
そう叫んでいるあたしのなかのこどもを。

http://www.lovecms.com/music-whitney-houston/music-greatest-love-of-all.html

« 背負うべきもの | トップページ | 愛した相手が地域リーグだった »

心と体」カテゴリの記事

コメント

私も叩き方を知らない。だから、それこそ叩き合ったり喧嘩するくらいの濃厚な関係にあこがれがあり、そういう家族関係を築きたいと思ったけど、結局できない。寂しい気もするけど、身についていないことってできないですよね。しても見破られるだろうしね。でも、そういうことが家族以外の関係にも影響することを一層ひしひしと感じるこの頃なんで、色々な意味で心に響いた。ありがとう。それにしても、素敵な相方さんだったんだろうな。お会いしたかったです…。

〉青パパイヤさん

コメントありがとうございます。お元気ですか?

正直暴力を学習してしまうと感覚も麻痺するのか「拳で分かり合おうぜ」と考えてしまう人を理解できてしまう自分がいます。


こどもの頃の自分にとってみれば大人は理不尽な神であり、成長した今となっては殴った後で泣いて謝る親なぞヤクザ以外の何者でもない。

相方に救われたあたしは自分のこどもになんとか穏やかに接する事が出来るようになりましたし、むしろ彼が亡くなってからはこどもらが不憫で、少々甘すぎるくらいになっています。


でも時々自分しか自分を抱き締めてくれない日々の中で(なんであたしばっかり…)と卑しい被害者根性が蘇りそうになることもあるんですよ、いまだにね。

自分を本当に好きになる‐これしか暴力から抜ける方策はないと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/56965296

この記事へのトラックバック一覧です: 振り上げたその手の行方:

« 背負うべきもの | トップページ | 愛した相手が地域リーグだった »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ