フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 箱根駅伝 | トップページ | 背負うべきもの »

2013年2月18日 (月)

family

あの空の向こうに何があるんだ
この崖を登ったからって何があるって言うんだ
ずっとそんなことを思いながら一人で歩いてきた

崖の上にはきみが笑顔で立っている
堤防の向こう側で仲間が笑顔で手を振っている
空の向こうには、約束の地が待っているのだろうか

もう10年も下部リーグに関わってきた
10年前の今頃、引っ越した街の社会人チームの練習見学に行った
あれからずっと、美しい駿馬の走る姿を追っている

この10年、2-3年もすれば引越を繰り返す生活だった
よくもまあ、そんななかでこんなローカルなカテゴリーを応援してきたもんだ
我ながらあきれる
でも、このカテゴリーこそがあたしのサッカーなのだ

昨日の河川敷での練習試合
なぜか終了直後から天気は絶好のサッカ-日和
その場を去りがたく、ゆっくりクールダウンする選手達を眺めながらのサポ仲間と雑談

このカテゴリーではたいてい生まれ育った町に強いチームが出来て嬉しいと一生懸命になって県リーグ、地域リーグの頃から応援するサポーターが多い
たったひとりで太鼓抱えて、っていう青年がいたりする
ゴール裏参加は応援団10名以下というしばりなあたし
(よお~し、助けるぞ!!)とつい思ってしまう
ただ故郷を持たないあたしの場合、どこへ行ってもよそ者
「おれたちの街のおれたちのチーム」と言われてもどこか疎外感を感じる

一方でそんなチームが強くなるに従って外部から有望な大卒や元Jリーガーが加入するに伴いついてくる選手個人のサポーターも増えてくる
どちらかというと女性が多く、「ミーハー」と言われてサポ内で異端視されることも多い
ただ一人の人を追いかけて、誰も知らない大会の誰も知らない会場までひとりで乗り込んでくる彼女たちの心意気には感服する
あたしは女としてミーハー・サポこそが日本のゴール裏の荒廃を防ぐ防御ネットだと思うから、そんな彼女たちも大いに応援している
ただしかしあたしは、あまり選手個人に入れ込む方ではない
もちろんお気に入りの選手というのはいるし、そういう存在がいた方が試合を見に行く楽しみもある
ただ、チームそのものやそのまわりで一生懸命支えている人々に魅力を感じないと頼まれもしないのにわざわざ出かけて声張り上げてまで応援はしない
サッカーは一人ですものじゃないので、たった一人の選手を見に行っても面白いとは思わないからだ
それだったら家で一人で写真やDVD見てハアハアいってる方が楽しい

ただ、一人一人の素晴らしい選手がいてこそ良いチームが出来上がるわけだから、気になった選手には躊躇なく声をかけることにしている
せっかく会いに来たのに恥ずかしがって声をかけない人を見るともったいないと思う
はるばる自分に会うために誰かが来てくれる、ってすごいことじゃない?選手も喜ぶと思うんだけど?
選手として敬意を払っているから気安く声をかけないという人もいる - まあ、それもひとつ、かとは思う。
唯あたしは個人的に一人一人の選手を大切にし、コミュニケーションを取ることが、チームを大切にし、みんなが楽しくサッカーやれる環境作りに繋がると信じている
敬意を払いすぎて唯まわりを取り囲んで見ているだけでは選手にしろフロントにしろ、中にいる人は孤独に陥ってしまうのじゃないかな

コミュニケーション
想いは出していかないと伝わらない
ここは良くないと思うことも
愛しているよ、という気持ちも

でまあ、河川敷に戻る
いつも疎外感いっぱいのあたしなんだが、昨日はたまたまチームのそばに暮らしていないサポばかりが集まっていた
なので普段の疑問をぶつけてみた
「地元にもいない、ミーハーでもない、皆さんがこのチームを応援する理由はなんですか?」
わりとみんな真面目に考えて答えてくれた
いろんな答えがある中で、一つすとんとあたしの心に落ちる答えがあった
「家族かな?疑似家族だと思ってるから?」
「サポ同士でですか?それとも選手と自分が、みたいな?」
「いや、そうじゃなくて、もう、全部ひっくるめて。」
「ああ、クラブを取り囲んでる関係者からスポンサーから地域から全部?」
「そう。もう大きなファミリー。親戚一同。で、自分はその一員。」
「はあ、なるほど。」
「スタジアムは家で、帰るとみんながいる。」
「わかる、俺も(ただいま)って気持ちになる。」

ああ、そういう考え方があるか、と思った
いままであたしはその集まりを「仲間」としてとらえようとしていた
同じ目標に向かって進む仲間
友達、とはちがう目的意識を共有した戦友
でもどうもそのくくりではしっくり来ないことも多い
目指しているものは同じのはずなのに、どうして分かり合えないのか、と悔しい思いをしたこともある

でも「家族」なら…ははあ~ん、なるほど、と思わなくもない
思い通りにならなくて、ついには骨肉の争いになったり
(もう、お前なんか応援してやんねえよ!)と別れたり
辛いことなんだけど、(家族だったらそういうこともあるよなあ)となんとなく理解できてしまった

「清濁併せ呑んで疾走するのがサッカー」ってだれかが言ってた
仲良しこよしのおともだちでも、正義正論の仲間でもなく
なんでもありな家族、なのかなあ

« 箱根駅伝 | トップページ | 背負うべきもの »

社会人サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/56790376

この記事へのトラックバック一覧です: family:

« 箱根駅伝 | トップページ | 背負うべきもの »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ