フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2012年10月28日 - 2012年11月3日 | トップページ | 2012年11月11日 - 2012年11月17日 »

2012年11月10日 (土)

Love and Affection

Jリーグは終盤戦。
あまりサッカーに入り込めなかった今年はあえてあまりここではJリーグのことは話題にしてきませんでした。
ガンバはクラブ創設以来の危機を迎えています。
そして我が地元、湘南は昇格に向けてギリギリの闘いを続けている。

あまり試合も見ていなければサポート活動に参加しているわけでもないからあれこれ言えないという事実はたしかにあります。
(ガンバがJ2なんてありえない)
でも一方で、「そんなところ」で湘南はずっとあたしを楽しませてくれていた。
一方で、「そんなところ」の地位すら守りきれないで、JFLへ還っていかなければならないクラブもある。
一方で、「そんなところ」を夢見て下のカテゴリーを闘っているチームもある。

J2は、そんなところだ。

来週はいよいよ地域決勝が始まる。
あたしは子供の行事で行けない。
今日も末っ子の学校説明会に行ってきた。
Jチームの大切な試合は見に行けなくても、残念だけれど、まだ我慢できるんだ。
けれどね、地決は参戦できないと本当に残念なんだよ。
あたしなんぞがいてもいなくても、勝つときは勝つし負けるときは負ける。
でも、現場を見守る人数があまりにも少ないので、自分の目で確かめなければならないような事柄があまりにも多すぎる。
どんなにやむを得ない理由があっても、どんなに自分を納得させようとしても、やっぱり現地に行きたくて、当日は仕事が手につかない。
仲間よ、どうかあたしの目になって。あたしの声を託すから。

11月8日に又一つ年を取りました。
同じ日に、天皇杯の4回戦組み合わせも発表になりました。
今年のジャイキリ注目株は東北リーグの福島ユナイテッド。
「そんなところ」より2カテゴリー下。
去年湘南の被災地支援事業にボランティア参加してから福島の試合も見るようになった。
全社の一回戦はジェンシャンとの対戦だったのでバンディが終わった後会場に行った。
もう試合は終わっていたのでサポさん達に挨拶だけでも、と思っていたら知っている選手が通りかかった。
「リーグ優勝と天皇杯3回戦突破おめでとう!」
「あ、クリスさん、どうもありがとうございます。」
「TVばっちり映ってたね!」
「あ、見てくれたんですか?」
「ニュース映像だけだけど、チョ~格好良かったよ!!」
「えへへ」
「4回戦進出だね~。」
「そうなんですよ!シーズンが伸びたんですよ!!」

Tn

あたしは純粋に感動した。
こちらのブログをご覧のほとんどの方は十分ご存じだと思う - 彼は決して恵まれた環境でサッカーをしているわけではない。
しかもこのチームはこの日の3日前に新潟で天皇杯を戦い、そのまた3日前にリーグ最終節を戦ったばかりの日本一ハードといっても過言ではないスケジュール。
それでもシーズンが長くなったことをこの若者は素直に喜んでいる。
チーム内の競争も激しく、毎回試合に出られる保証もない。
全社の後には日本一厳しい大会といってもやはり過言ではないであろう地決が待っている。
運命の地域決勝大会。
それによって来年の彼の生活、あるいはひょっとすると彼の今後の人生も変えられてしまうかもしれない大会。
そんな辛く厳しい大会の後に、さらに試合の予定があることを、彼はこんなにも爽やかな笑顔で喜んでいる。

(ああ、そんなにサッカーが好きなの。)

彼に、彼の仲間達に、1年365日、もう勘弁してくださいと言うまでサッカーをやらせてやりたい。
この無邪気な笑顔を見たら、あたしじゃなくても誰だってそう思うだろう。

4部というのは、そんなところだ。

2012年11月 4日 (日)

日々雑感

http://www.kansaisl.jp/

勝ったね。良かった。
あたし、今月は「ステージ・ママ」。
末っ子が高校受験で毎週末、学校見学やら説明会。
兵庫みたいに中学校が引率して連れてってくれないし、まだここへ来て4年半なのに2度も引っ越しちゃったから息子も一緒に行ってくれる友達もいないから。
4年前の娘の時もそうだったけど、だからね、決勝大会には行けません。
(予選が郡山ならもしかして…とも思わなくもなかったけど春野じゃあね。)
あたしはなんとか全社から地決への流れをつなげることができたかな、と思うので、あとは仲間にお任せです。

昨日の実業団駅伝、ゴールは熊谷陸上競技場。
(あ~、あの自販機でお茶買ったなあ~)
なんて思う。
地方のいろんな競技場に行ったことがあるあたし。
それなのにサッカー好きのくせにこないだ初めて味スタに行った。
なんか変なの。
4部応援してるとこういうことになる。

GP中国杯、真央ちゃん、よかったね。
この子は品があるから好きなのよ。
今年はSPもフリーも良いプログラムな気がする。
「最愛の母の死を乗り越えて」とかってマスコミは簡単に書くけど、そんなに単純なものじゃないと思う。
でも、勇気づけられた。ありがとう。
高橋くんは元気がなかったね。
4回転を積極的に取り入れてSP、フリーともに構成も合わせて彼らしいプログラムな気がするけど、まだ、こなれてない感じ。
ただね、トリノの頃は「ガラスの心臓」とかって言われていた選手がここまでチャレンジするのよ?
長いこと一人の選手を見ているとこういう技術以上の成長を目撃できて嬉しいです。
あと、スケート・アメリカで3位に躍り出て注目の町田くん!GPファイナル一番乗り、おめでとうございます!!
いやあ、さすが高橋選手を師匠と仰ぐだけあって、この子は「魅せる」よ!
日本人選手にしては珍しく表現を前面に押し出すタイプです。今後が楽しみです。

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2012/11/04/kiji/K20121104004483190.html

体操は全日本選手権。
あたしの富田洋之コーチ率いる順天堂大学が優勝し、今日も種目別で加藤、野々村の1年生コンビが大活躍しました!
このね、順天堂大学がルックス、レベル高いんだ。
アテネあたりから日本人選手も背が高くなって手足も長くなってバランス良くなってきたなあ、っておもってるンだけど、順天堂はなんか「細マッチョ系」をそろえてる感じ。
そしてお顔もまるで漫画みたいなイケメン各種取りそろえ、ってかんじで、まあ、もちろん、コーチが一番ハンサムなんだけどお~、やあああ~ん、なに言わせるのおおお~!!!
あと、高校生の「床王子」白井健三くんも将来有望で笑顔が可愛かったなあ。

でも、やっぱ、サッカー見に行きたいな。
あたしはドガみたいになりたかった。
画学生だった頃はドガみたいにダンサーを描きたかった。
でも今は「サッカーを描くロートレック」になりたいと思っている。

もうすぐ相方があたしの前からいなくなって1年になる。
先日お寺に法事の予約に行った。
命日はたぶん、あたし、普通でいられないんだろうな。
でもまあ、仕事を淡々とこなして過ごそうと思っている。
こないだ会話の合間にふと相方のことを話したら、何も知らなかったその人は泣いてしまった。
「ごめんなさい、私、何も知らなくて…お気の毒に…」
あたしの為に泣いてくれる人がいる。
その人は何にも関係なくて、相方のことも知らないのに、涙を流してくれている。
なんと優しい人がいるものかと、素直に感動してしまった。
あたしはいつも、もっと強い母親になりたいと思っている。
こどもになにかあってもいつもなにもできなくて、ただオロオロとまわりを回るだけ。
そんな自分が情けなくて、もっと強くてしっかりしててこどもをどんなものからも守れる母親になりたいと思っていた。
でも、その人が涙を流すのを見て、(ああ、ただそばにいて一緒に泣いてくれる人がいても良いかもしれないな。)と思った。
どうしていいかわからないのだけど、決して逃げずに向き合って、泣きながらそばにいる、そんな母親でも良いのかもしれない。

« 2012年10月28日 - 2012年11月3日 | トップページ | 2012年11月11日 - 2012年11月17日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ