フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2012年7月15日 - 2012年7月21日 | トップページ | 2012年8月26日 - 2012年9月1日 »

2012年8月15日 (水)

茄子やら胡瓜やらに乗って

中古の軽のアクセルを踏む
ちっとも前に進まない
坂道を駆け上ることも、前の車を追い抜くことも
なんでこんなに力がいるんだ
ふと気がつくと
めちゃくちゃ遅くて渋滞を引き起こしている
まるで今のあたし

別に今更大きな車が欲しいわけじゃない
でも、我々といつも共にあったファミリー・ボックス・ワゴン
ちょっと踏み込めばスイスイ進んだ
こどもの友達や犬を乗せても余裕の広さだった
それが当たり前だと思っていた
それが自分のものだと思っていた

相方がいなくなると
当たり前は全て当たり前じゃなくなり
思い出のつまった大きな車でさえ
維持することが出来なくなった
今のあたしに手に入れられるのは
小さな中古の軽自動車くらい

今更大きな車が欲しいわけじゃない
ただ、何もかも当たり前だと思っていた自分が悔しい
何もかも、自分の力だと思っていた自分が情けない

あたしは所詮、小さな中古のポンコツ車
前に進むのも一苦労
かわいいこども達をひっぱっていくのにも
歯を食いしばってアクセル踏まなきゃ持ちこたえられない
所詮その程度の器だったのに
なにか偉くなったように勘違いしていた

それでもなんとか
相方を彼のふるさとに連れて帰った
瀬戸内海を望む小高い丘の上
少年の頃自転車をこいで海水浴に来たと言っていた
年老いた両親が撫でるように墓石を拭き清める
申し訳ない
あたしがそばにいながら、申し訳ない

仏教も土着の風習も
あたしにはわからない
そういうことを大切にしている人たちを傷つけたくないから
言われたことをたどたどしくこなす
(いい年して言われなきゃ何も出来ない)
相方が亡くなってから
いつもいつも(お前はダメだ)と言われているような気がする

来た道を帰る
長い、長い、帰還の道程
突然の集中豪雨で前が見えない
(このまま、みんなでお父ちゃんの所へ行こう)
心が折れそうになる

「おかあちゃん、お腹空いた」
「トイレまだ?」
「ペット・ホテルで良い子にしてるかな?」
ああ、ああ…生きねばならない
このオンボロのエンジンに鞭打って
アクセルを踏み続けなければならない

犬を迎えに行って帰ってくる
ニュースでは48年ぶりにボクシングで金メダルと報じている
東京オリンピックはあたしが0歳の時
そりゃあ、ずいぶんと久しぶりだよな
あたしのようなちんぴらが一人生まれて
22箇所も移動して
こどもを3人も産んで
相方が亡くなってしまう分だけの時間

なにやってんだ
なにをやってきたんだ
なにもかも、無かったことにされた気分

この先に何かあるんだろうか
この空の向こうには、何かあるんだろうか

« 2012年7月15日 - 2012年7月21日 | トップページ | 2012年8月26日 - 2012年9月1日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ