フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2012年6月17日 - 2012年6月23日 | トップページ | 2012年7月8日 - 2012年7月14日 »

2012年7月 7日 (土)

たなばた

恋人達の夜
あたしに会いたい人などいるか?

あたしは会いたい人がたくさんいた
やっと絵を取り戻し、自分を取り戻し
会いたい人に会いに行ける強さを取り戻した
だけれども
それは帰ってきたときに
「会えて良かったね」と笑って迎えてくれる人がいたから
だからあたしは安心して飛び回れたのだ

会いたいのではない
そばにいて欲しいのだ
いつもそばにいるのが当たり前だったから
一年に一度では嫌だ
だけれども
今では一目会うことも叶わない

ひっぐすりゅうし
物事の本質 - 宇宙の成り立ち
物理学が専門だった相方なら
このニュースに興奮して大騒ぎだったのだろうか
あたしはこどもに説明することも出来ない
ただまだ幼い弟に一生懸命説明しようとする理系の娘に
少し父親の面影を見る

今夜は雨だから天の川は見られない
まあこの時期は割と雨天な事が多い
日本の都会の夜空には銀河を見つける術もない
ただほんの6年前
あたし達親子はオーストラリアにいて満天の星空を見上げていた
リストラされた相方の退職金をつぎ込んでの家族旅行
あれが最後の家族旅行
海外などに興味がない相方がどうしても行きたいと言った
なにかわかっていたのだろうか

買った車でどこへ行こう
(貧乏人が車を持つなんて贅沢だ)
相方が亡くなった直後に自損事故を起こしてしまった
修理の費用もないのでそのまま廃車にした
こんなに早く買うつもりはなかったんだよ
だけどおにいちゃんがうるさくてさ
来月の納骨に車で行くことを条件に中古車を買った
でもね、不思議だね
この半年どこへ行くにも徒歩
おかげで1時間くらいなら軽く歩き続けられるようになった
ひたすら職場と近所の激安○○スーパーと家の往復
TVなんかで行楽のニュースを見ても(あたしには関係ない)
雑誌なんかでファンション欄を見る気もしない
チラシすら遠くの店までバスで買いに行く来はないので見もしない
そんな日が続くのだと思っていた
それでいい、と
余裕がないのだからそれで良いんだと
でも四角く小さな車が我が家にやってきただけで
(良い天気だな。どこか行こうかな。)
そんな気持ちになる
保険もガソリン代も負担しなければならないのに
嬉々として毎日乗り回すおにいちゃんを見ていると
痛い出費ではあったけれど
悪い買い物ではなかったのかな、と思う
(すぐに欲しいから今日即決するし、支払いもニコニコ現金払いする
だから勉強してぇや)
ああ、大阪のおばちゃんで良かった
引っ込み思案だったこどもの自分がよくぞここまで成長した
こどもの願いを金で解決
でも今のあたしにはそれぐらいしかできない

銀河の果てまで行っても相方には会えない
あの道の向こうから自転車をこいてくるのはあの人ではない
わかっているけれど
あたしの願いを、こどもの願いを
星に祈ってみる

2012年7月 3日 (火)

合同展示会

昨年末よりアートで被災地支援、を合い言葉に集まった同志によるボランティア活動をしております。
団体、「湘南一歩会」については公式サイトをご参照ください:https://sites.google.com/site/shonanippokai/home
でまあ、この度、参加メンバーによる合同展示会に参加することになりました。

第6回「大工・斎藤登展」~私だけの もの。~
と題された家具やインテリア小物の展覧会を一歩会代表を務める西脇さんのギャラリーで開催中です。
我々一歩会メンバーはその会場壁面を作品で彩ることになりました。

会期・   2012年6月30日(土)-8月5日(日){木曜定休}
時間・   10:00am~17:30pm
会場・   湘南西脇画廊  nishiwaki-gallery@jcom.home.ne.jp 0466-22-5792
アクセス・ 〒251-0038
       神奈川県藤沢市鵠沼松が岡四丁目17-15ウエストサイド松が岡1F
       小田急江ノ島線 「鵠沼海岸駅」下車 徒歩1分

会場や展示会そのものについてのお問い合わせは上記画廊に
作品や作家についての音岩汗はクリスまでメールをお願いします。

こちらをご覧の皆さんはよくご存じの通りクリスは最近絵を描いておりません。
ですから展示作品は過去の描きためたものばかりです。
皆さんが既にこのサイトでご覧になったA4,B4サイズの10作品あまり。
オリンピック・イヤーですのでスポーツものを中心としたラインアップです。
今回は売り上げの一部が我々一歩会の被災地支援活動費に充てられます。
そこで今までは個展でも非売品としたものも放出します。
他のメンバーも渾身の力作やグッズを展示しています。
お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りいただき、お知り合いにも声をかけていただき、被災地支援のためにもぜひ作品お買い求めをお願いいたします。

2012年7月 1日 (日)

夏に至る

バンディ、苦しいです。
今年は全社が東京都はいえ、大丈夫なのか、という、感じです。
ガンバも、苦しいです。
ガンバがJ2は、ありえないです。

ユーロ、もう、決勝です。
衛星放送の契約をしていないので全然見れていません。
ポルトガル、残念でした。
空港で置いてけぼりを食らったクリスチャーノ、残念でした。

まあ、とにかく、夏がやってきました。
ようやく相方の後始末の書類手続き関係が全て終わりました。
クリスは中古の軽自動車を買いました。
この車で新盆には相方のふるさとに出向いて納骨をします。

今年の夏は暑くなるのだろうか
相方と結婚して湘南に来て最初の夏、「稲村ジェーン」が公開された
映画はともかく、「真夏の果実」は良い歌だ
オリンピックの夏が来る

「せっかく五輪なんだからクリスさんのアスリートの絵がいいんじゃないか」
と、誘っていただいたんで展示会に参加しようかと思っています
もう全然新しいのは描いてへんのやけどね
描きためたものでいいから見せてみろ、って言ってもらったんで
こどもたちはそれぞれ、新しい道に進もうとしているんです
相方と同じようには出来へん
どんなにがんばっても、お父ちゃんにはなれへん
どうせあかんのやったら、あせってもしゃあない
あたしがあたしでなくなってしもうたら、こどもらも相方も悲しむ
せやからもう一度、生きてみようかと
あたしが生きることは描くことやから
まだ描きたいと思える気分やないけれど
うだうだやってても腹の足しにはならへんからね

« 2012年6月17日 - 2012年6月23日 | トップページ | 2012年7月8日 - 2012年7月14日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ