フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2012年5月27日 - 2012年6月2日 | トップページ | 2012年7月1日 - 2012年7月7日 »

2012年6月17日 (日)

そして 父の日

NHKの「宇宙の渚」を見ている
古川宇宙飛行士のファンだ
同世代だし、なにより笑顔がらぶりぃ

宇宙から見た地球の夜景
上から見る流れ星
世界初の美しい貴重な映像
(ああ、マゼランやコロンブス、伊能忠敬や間宮林蔵に見せてやりたい)
現代の文明に感謝
あたしのようなどうでもいい一市民もこのような映像をお茶の間で見れる

(あの人にも見せてやりたい)
何か嬉しいことがある度に、ずっとそんな風に感じてきた
相方がこの世を去って半年
彼は娘が志望校に受かったり
息子が塾で褒められたりするのを見ることはなかった
あたしのような情けない女だけが彼らの親として残った
申し訳ない、そんな気持ちでいっぱいだった

夏至生まれのおにいちゃんはもうじき21才
彼は9年前に祖父を失い、今は父もいない
乗り越えるべき「オヤジ」を持たず
いきなり社会と対峙しなければならない
うちのこどもはみんな
泣くときは「お母ちゃん」ではなく「お父ちゃん」と泣いた
そんな優しい逃げ場も失った
これからは「父親」としてより厳しく育てなければと肩に力が入ったが
なんだか不憫で、こどもたちに優しい自分がいる

ああ、でも、あたしだって
父もいない - 「お父ちゃん」と呼んだ人も、いない

1969年の夏
幼いあたしは空を見上げてこんな未来を予想しただろうか
2012年の父の日
あたしはひとりで「宇宙の渚」の映像を凝視している

結局宇宙からの景色なんて本当に見てみなければ分からない
そしてあたしは一生そんなものは見られない
ただ、思うのだ
見ようが見まいが、そこに何も「見ない」人には結局何も見えないのだ
どんなに見たいと願っても、その時に生きていなければ見えないのと同じに
だから生きている者は、やはり生きている限りなにも見逃さないように見なければならないのだろう
たとえそれが見たくもないものであっても
ひとりで見るには寂しすぎる景色であっても
それが残された者の使命なのだろう

« 2012年5月27日 - 2012年6月2日 | トップページ | 2012年7月1日 - 2012年7月7日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ