フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2012年4月22日 - 2012年4月28日 | トップページ | 2012年5月13日 - 2012年5月19日 »

2012年5月 5日 (土)

こどもの日

http://cplus.e-commune.jp/5000586/
宮城MAXはあたしが関東に来てからずっと連覇してる。
なのに全然選手権に行けないあたし。
なんと今年の決勝は天覧試合だったそう。すごいね。
選手、スタッフ、関係者の皆さん、おめでとうございます。

フィギアスケートの国別対抗戦に感動し、サッカー見に行く気に少しなったんだけど、ハニーが平塚に来てくれなかったからな、グダグダに始まったあたしのゴールデン・ウィーク。
皆さんはいかがお過ごしですか?

今年はおひな様も鯉のぼりも飾らなかった。

相方は子煩悩だったけど、やはり娘を一番かわいがった。
毎年おひな祭りの日には、ひな人形の前に二人で並んだところをあたしが写真に納めてきた。
17枚、撮影したところで去年は相方が入院中だった。
「おとうちゃんが退院したら撮ろう。それまで今年はおひな様出しておこう。」
相方は何とか9日に退院できた。でも、その3日後に地震が来て、その後計画停電が始まって、いつの間にか写真のことは忘れて人形をかたづけてしまった。
それで最後だった。

あたしは5月が一番好きなので、こいのぼりを上げるのも好きなんだけどね。
でも、今年は上げられなかった。
いつまでもかわいい天使ではいてくれないのなら、せめてゆっくり大きくなってね。
いままではそう思っていた。
でも、相方が死んで、引越をした夜、ちょうど三ヶ月だった。
「おにいちゃんはもう20歳。おねえちゃんは18歳。二人はもう大人や。これからおかあちゃんはおとうちゃんになる。もう、母親の仕事はせえへんからな。」
末っ子には一番にいたくないことを言った。
「あんたにはめちゃくちゃ急いで大人になってもらわなあかん。申し訳ないけど、しっかりしてくれ。」
この数ヶ月で末っ子は急に背が伸びて、あっという間にあたしをぬいた。
まさか本当に願ったとおりにしてくれるなんて、こんなに聞き分けの良いこどもだったっけ?
声も低くなって、髭も生えてきて、わがままも言わなくなった。
ああ、ああ、望んだとおりなのに、なんでこんなに寂しいのか。
甘えてくれないのか、もう。

あたしに万が一のことがあれば、もうだれもこの子達を守ってくれる人はいないのだ。
へたれはめそめそしとれ
大人にならなければならないのは、あたしだ。

犬を洗ってやる
元気で長生きして欲しい、そう思って9年が過ぎた
いまでは病気をしないであたしに余裕があるうちに相方の元へ行ってほしいと願う自分がいる
そんな思いを抱えながらこの犬と暮らさなければならない自分が情けない
このこがこの9年間どれほどあたしを支えてくれたか、計り知れないというのに

さわやかな5月5日だった
ひさしぶりにこども達と出かけて、アイスクリームを食べた
去年の連休は、福島から来たこどもたちと一緒に過ごしていた
大切なものをたくさん失ったあの子達は、どんなこどもの日を過ごしただろう

やっと家を片付けた
ずっと走ってきた
引越?いや、転職?いや、家探し?いや、こどもの受験や進学?
いや、いや…相方の死からずっと…ああ、いや、その前の闘病期間か?
いや、いや…相方がリストラされてからか…いや、いや…
なんだか関東に来てからずっと、何かに追い立てられるように走ってきた
そんなあたしをずっと見守ってくれていた友人の一人が慰めてくれた
「いままでずっとたいへんだったから、もうこれ以上悪いことは起こらないから、良くなっていくばかりだからね」
そうだろうか
もう、ずっと、嫌なことばかりが続いていて、なんだかもう、自分は幸せになんかなれないような、そんなことを望んだらまた何か悪いことが降りかかってくるんじゃないか、そんなびくびくした心持ちだ

風が気持ちよい
ロンドン・オリンピックまで三ヶ月を切ったってね
元気なこども達、がんばる若者達
少子高齢化なんて、あたしには関係ない
後から来るもの達のために、必死で道を切り開いていかないとな
ビタミンでもとって、しっかり働こう

« 2012年4月22日 - 2012年4月28日 | トップページ | 2012年5月13日 - 2012年5月19日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ