フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2012年4月15日 - 2012年4月21日 | トップページ | 2012年4月29日 - 2012年5月5日 »

2012年4月22日 (日)

持つべきものは友

ガンバもバンディも連勝!言うことなし!
なんかちょっとサッカー見に行きたいな…

http://www.mito-hollyhock.net/www/game/sokuhou/index.html
う、う…ハニー、あんたそんなに平塚来るのが嫌か?一発レッドなんて…
まあ、ええわ、金曜雨みたいやし、仕事もあるし、まだ無理すんなってサッカーの神様はおっしゃっとんのやろ。

Niku_2
「ええ肉入ったからこどもらに食べさせたり」と、大阪の幼なじみが山形牛を送ってくれました。
「お母ちゃん、これ肉?本当にTVでタレントが言うみたいに舌でとろけるよ!!」
すまん、息子よ、ここしばらく100g98円以下の肉しか食べさせてないもんな。こんな柔らかいの、肉ちゃうやんな…(泣)
この幼なじみは母子家庭の先輩で、ご両親も早くに亡くなって、女手一つで精肉店をきりもりしている。
彼女が大変だったとき、あたしはなんもせぇへんかったのに、美味しそうに焼肉をほおばるこども達を見ていると、ありがたいやら申し訳ないやらで涙が出た。

Inu_2
こちらは我が家のかわい子ちゃん。とはいえ今年の9月で10才のおばあちゃん犬。
犬もOKの貸家はなかなか無く、新居探しに困っていたとき、「もらってあげるよ」と言ってくれた友達が何人かいました。
やっぱりありがたくて涙が出ました。
あいにくみんな関西の人たちで、でもそう言ってもらえただけで(よし、もうちょっと交渉がんばろう。なんとしてでもこの子を手放さないで、最後まで責任もって飼うんだ。長野の愛護センターで譲渡してもらったとき、センター長さんにそう約束したじゃないか。)と思えました。
幸いいまこうして犬OKの家を借りることが出来、一緒に穏やかに暮らすことが出来ています。

今月から英会話教室の講師をしています。
でも、この不況でなかなか生徒が集まりません。あたしは雇われ講師なので生徒が何人だろうと、無料体験だろうと、お給料はいただけますが、やはりあまり生徒の数が少ないと教室経営の存続は難しくなります。
去年決勝大会の後、相方の余命を宣告されて、でも3ヶ月ある、と言われたあたしはバイトを辞めて相方の在宅介護に専念しようと決心しました。
でもそのころは余命を宣告されたことが信じられないくらい相方はまだしっかりしていました。今にしてみればのんきなものですが、あたしはこれからは家にいる時間が長いのだからとあるボランティア団体に入ったのです。
その会についてはまた後日お話しようと思うのですが、東北の被災地の皆さんが思い出の写真を流されたり汚されたりして悲しい思いをなさっているので、似顔絵を描いて差し上げようという画家の団体です。
その主催者の方がたまたま今の勤務地の近くに画廊をかまえてらっしゃるのです。
相方が亡くなり、ボランティア活動もままならなくなってずいぶん心配をおかけしたので金曜日にちょっと時間が空いて、画廊にご挨拶に伺いました。
お茶をいただきながら近況を報告し、ついでに新しい職場で生徒集めに苦労しているとボヤくと「だったらチラシをうちにおいていくといい。僕でよかったら体験会にでも行くよ。」とおっしゃってくださいました。
しかもご主人は続けて「クリスさんが帰ってくるのを待っていた。ご指名が入っているからぜひ描いてほしい人がいる。」とおっしゃってくださるのです。

もう本当にありがたいですね。ありがたいです。
一人でも、あたしに描いてほしいって人がいらっしゃるならあたしは描きます!描きますとも!!待っててください、期待は裏切りませんから。

« 2012年4月15日 - 2012年4月21日 | トップページ | 2012年4月29日 - 2012年5月5日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ