フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2012年3月11日 - 2012年3月17日 | トップページ | 2012年4月22日 - 2012年4月28日 »

2012年4月15日 (日)

焼いた魚も泳ぎ出す。

ガンバが何とか勝ちました。湘南は首位を快走中。なでしこが開幕しましたね。(スペランツア高槻、がんばれ!)

そして、全国の地域リーグも。

我がバンディは白星発進です。

今は人様の応援してる場合じゃない感じで、今季はとてもサポートできないのじゃないか、そんな気持ちでいたのですが、そうなるとますます、なにか心の支えが欲しいような、ちょっとした楽しみが欲しいような、そんな気持ちになったりします。

だから、応援してくれる友達もいて、一緒に応援する仲間もいるので、今年もサッカーは見るつもりです。ベルマーレとバンディのサポート会員の更新しました。

去年の決勝大会からずいぶんたったような気がします。

あたしは予選ラウンド会場の福井から直接相方の実家に行きました。思わしくない状況を説明に行ったのですが、年老いた相方の両親を見ると泣けて泣けて、ろくにしゃべれませんでした。

自分の親にも会いに行って、娘の受験費用と治療費を工面してもらえるよう頭を下げました。

11月22日は「良い夫婦」の日なんですか?

決勝大会から帰って、医師から呼び出しを食らいました。22日。余命宣告でした。そのちょうど一年前の同じ日に相方は「癌宣告」受けたんです。その日は雨の日で、二人で傘を差して家まで歩きました。(これからどうしよう)そんな気持ちを抱えたまま、無言で、相方の大きな背中を見ながら歩きました。

一年後の告知の時、あたしは一人でした。転院に向けて用意してもらった治療費は結局重症患者用個室への移動費用に消えました。良い夫婦の日なんてくそくらえだ。大嫌いだよ、11月22日。

三ヶ月だったはずの余命は一ヶ月ももたなかった。

あれから4ヶ月。忙しかったな。忙しさの中で、自分の気持ちに向き合わないですませてきたところもあった。葬儀や相続の手続き。車を手放したり、相方が契約していた諸々のものの見直し。

物件探しと職探し。転職と引越。娘の大学受験と合格。末っ子の越境通学手続きと高校受験対策。もうわけがわからないなか、(一個一個かたづけていくしかないんや)と自分に言い聞かせてきた。

色々ご心配おかけしました。まだまだ落ち着いてはいませんが、混乱状態からは抜けつつあります。新生活は始まってしまいました。好むと好まざるに関わらず、これからはこうやって生きていくしかないのです。

今もベルマーレのホームタウンのひとつに住んでいます。英会話教室も始まりました。こども達もそれぞれ新しい環境に適応しようとしています。

こどもたちは強かったです。落ち着いて現実を受け止め、出来の悪い母親を必死で支えてくれました。親ばかですけど、(なんて美しいこどもたちをあたしは授かったのだろう)と思いました。

何もかも失ってしまったけれど、相方はこの美しい3人をあたしに残してくれました。相方と同じ事はしてやれませんし、色々我慢してもらわなければならないことも多いと思います。でも家族4人、仲良く元気に暮らしていけたら、と思っています。

« 2012年3月11日 - 2012年3月17日 | トップページ | 2012年4月22日 - 2012年4月28日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ