フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2012年2月19日 - 2012年2月25日 | トップページ | 2012年4月15日 - 2012年4月21日 »

2012年3月11日 (日)

愛と知っていたのに

あたしだけが生き延びてしまった
一緒に闘おうと言ったのに、結局死んだのは相方一人で
あたしはこどもたちに情けない姿ばかりをさらすことになった

戦争だったんだ
そんな風に思わないようにしてたけど
相方の葬儀で、大の男が何人も、動揺して嘆き悲しむ姿を久しぶりに見た
相方は25年間、企業戦士として闘ってきたのだ
仲間である彼らは相方に自分の姿を重ね合わせていたのだろう
あたしはこどもたちを連れて相方と戦地を転々とした
でも、戦争は終わった
相方一人を奪い取って、闘いの日々は突然あっけなく終わってしまった

なにもかもが終わったはずなのに
あたしは生き残っている
生き残って、ご飯を作ってこどもたちに食べさせている
生活のために働き、ぺこぺこ頭を下げ、人様の情けにすがって
生きている

朝のドラマが同時進行だった
怒られたり、励まされたり、慰められたり
「へたれはへたれで泣いとれ。うちは宝抱えて生きていく。」

そうやな
しんどいのも、歯をくしばるのも、守らなあかんもんがあるからや
(何であたしばっかりがこんな目に
早く人生ゴールしたい
ひとりやったらもうなんもかんもほうったらかして…)
なに言うてんねん
あんた一人やったら、こんなに出来ひんで
所詮あんたは一人では生きてへん
だれの世話にもならんで生きてる思うたら大間違いや
そないにカリカリせんとき
こどもが独立するまで、なにがなんでも倒れるわけにはいかへんねんで
そんなことになったら益々もって人迷惑やねんで
そやったら、どうせ、もう、余生や思うてのんびりやったらええねん
死ぬ気で生きなアカン
死ぬまで生きなアカン

来週引越です
末っ子の学校もあるので市内で動くだけですけど、車もないし、ろくな収入もないのに犬だけはおるという、物件探しにえらい苦労しましたけど、なんとか貸してもらえました
娘は来年から大学生です
おにいちゃんは来年から就活です
そしてあたしはパートの事務を辞めて英会話教室の先生になります
相方の後始末や相続の手続きは終わりましたが、また一通り住所変更せなあかんのがめんどうですわ
めんどうといえばこのネットも今後はどうなります事やら
あたしパソコンもネットもおたくな相方に付き合う形でやり始めて、ハードもソフトも全部相方任せやったんで、契約内容もろくに理解しない中での登録変更とか大変でした
今後も今までと同じようにやれるかどうかは自信ないです

しばらく引越でバタバタします
ブログもまだまだしばらくは更新しないでしょう
新生活がいつ落ち着くのか、さっぱり予想が出来ません
サッカーもいつ見に行くようになるのか
絵もいつまた描くようになるのか
わかりません
あたしを突き動かすものがいまはありません
あたしの情熱に火を付ける人かチームが現れたら
また戻ってきます

« 2012年2月19日 - 2012年2月25日 | トップページ | 2012年4月15日 - 2012年4月21日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ