フォト

athletic portrait

  • 風景
    写真とはちょっと違う、似顔絵でもない、あなたの雄姿を、SNSのプロフィールにアップしてみませんか?

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月19日 (水)

伯母ちゃんの胡麻豆腐

広いお堂の中に若い住職の良く通る声が響く。
外では雨がしとしとと降っている。
あたしはやっぱり、自分が何をしているのか分からない。

土曜日は相方が56歳になるはずの日だった。
その日に一周忌の法要を執り行うことになったのは単なる偶然か。
あたしとこどもたちの4人。
母から届いた蜜柑と姉から届いた白い花籠を携え寺へ参る。

あたしは仏教徒ではない。
神の存在を否定するものではないが、特定宗教に入信していない。
首も据わらない頃から各地を転々とした。
いつも何時間もかけなければたどり着けないご先祖様のお墓。
そんな「さすらいの核家族」に育ったあたしには故郷もなく、特定地域の慣習にも無縁。
両親も特に信心深くもなかった。
おばあちゃんがピカピカに磨いていた仏壇は今では実家でほこりをかぶっている。

末っ子が悲しむので今我が家には遺影も位牌もない。
相方は実家の神棚の横で微笑んでいる。
そんなわけで我が家ではお線香をあげる小さなスペースをしつらえてはあるが、どうしていいかわからない。
「お父ちゃんは死んだんだって念押しされているみたいで嫌なの。」
末っ子が悲しむのなら金輪際仏壇なんか用意するものかとさえ思う。

何が魂を救うのか?
大切なひとを弔うとはどういう事か?

あたしには「食の師匠」と仰いでいる伯母がいた。
何の因果か9年前実父と同じ日に亡くなってしまった。
その伯母も早くに夫を癌で亡くした。
伯父が残した店を一人で切り盛りしながら3人の子供を育てた。
その伯母は何でも作れる料理上手だった。
自営業で忙しかっただろうに、お菓子や保存食、調味料まで手作りしていた。

「クリスちゃん、お腹すいとらんね?」

伯母はいつもあたしの顔を見るとそう聞いてくれ、いつも美味しいものを食べさせてくれた。
その伯母が伯父の一周忌で出した精進料理が圧巻だった。
なかでもあたしの脳裏に今でも鮮明に残っているのが胡麻豆腐。
香ばしく炒った白ごまを丁寧に裏ごしして葛で固めてあった。
(ああ、人をおくるというのはこういうことか。)
幼いながら、あたしの心にすとんと落ちるものがあった。

土曜の夜は広島出身の相方が好きだった近所の広島風お好み焼き屋にこどもたちを連れて行った。
サッカー好きの大将が見事なヘラさばきを見せながらベルマーレの昇格を喜んでいた。
こどもたちは旺盛な食欲で次々とたいらげていく。
あたしは久しぶりにホンモノのビールをジョッキ2杯飲る。

祥月命日である昨日は仕事があったので時間がないなあと自分に言い訳をしていた。
朝からガッツリこどもたちのために焼肉弁当をこしらえる。
仕事に出かける前にぽっかり時間が空いた。

(胡麻豆腐、作ってみようかな。)

作っている途中で友人から蟹が届いた。
結局精進も何もない豪勢な晩ご飯と相成った。
まあ、それでも、相方は喜んでくれているのではないかと勝手に思う。

なにが魂を救うのか?
人によってそれぞれだと思う。
宗教によって救われるのならばそれもよいだろう。
だがあたしは、形ばかりの宗教では救われない。
あたしを助けてくれたのはおばちゃんの存在だったのだと思う。
台所に立って料理をすることで、あたしは相方を弔っている実感を得ることができた。
こんな風になりたいと、思える人がいるありがたさ。

あなたのためにご飯を作るわ。
あたしの料理であなたは生きる。
あたしの作ったものがあなたの血となり、肉となる。

もう、あたしの料理をニコニコしながらいっぱい食べてくれるあなたはいない。
でも、あなたが3人の子供を残してくれたから、やっぱり今日もあたしはご飯を作る。
あたしの料理を22年間、文句も言わずに食べてくれてありがとう。

2012年12月 1日 (土)

It used to be her town.

ガンバが降格した。

だからなんなんだ。

たかが球蹴り - 別にチームが無くなったわけでもなし。

いままでだってその下の、そのさらに下の、その又下のカテゴリーのチームを応援してきた。

なのになんでこんなに落ち込むんだろう?

それはやはり、ガンバこそがあたしの「ホーム・チーム」だからなんだろう。
あたしは北摂の街で育った。
引越と転校を繰り返していたあたしが、唯一連続して落ち着いて過ごせた街。
生まれた場所ではなかったけれど、一番楽しい時間を持てた街。

Jリーグが開幕したとき、万博競技場をホーム・スタジアムに構えたガンバ大阪のファンになった。
理由は簡単、「あたしの地元」だったからだ。
当時は既に大阪を離れて5年近くが立っていて、戻る予定もなかった。
でもあたしのホーム・タウンに出来たチームなんだから、TVで見るならガンバだな、ってかんじで。
その頃は唯TVで中継やっていたら見る程度。
結果に一喜一憂すらしないゆるい観戦。
以前稲本選手だったかな、下部組織の頃地元の堺から通うのが大変だったとかそういう話をインタビューでしていて、その中で万博公園の遊園地の向こうに沈む夕焼けの話とか、当時ガラガラだった万博スタジアムをいつか満杯にしたいとか、そんな話をしていた。
共感した。
あたしも中学生の頃は良く万博公園に行っていた。
あたしと同じ景色を、あたしと同じ年頃に見て、夢を抱いてあの街で育っている選手達がいるチーム。

相方の転勤で関西に15年ぶりくらいに戻った。
もちろん大喜びで万博にガンバのホーム・ゲームを見に行った。
嬉しかった。
それはあこがれの人にやっと会いに行く、というよりは幼なじみとの約束をやっと果たす、というような感じ。
その年はリーグ優勝もして、本当に楽しかった。
でん高砂店の優勝感謝セールに行って、焼肉山盛り食べて、福引きが当たってさらに高級和牛すき焼き肉をもらって、こどもたちに「お母ちゃんがガンバのサポーターで良かった」と初めて言ってもらった。

所属、と問われるといつも答えに困る。
あたしはどこに属しているのか。
生まれたときからバガボンド。人生、常にアウェー。
49年生きてきて、もう22回も引越をした。
ずっと、いつまでもいつまでも応援していたい。
そう思えるチームや選手と出会っても、なぜか別れなければならない - そんな運命。
だからこそ、ガンバはあたしのオアシスみたいな存在だったのかもしれない。

あたしがどんなに流転の人生を送っても、ホームであるガンバはつねにあの懐かしい万博公園で、強くても弱くてもJ1の舞台にいる。
常にマスコミがいっぱい情報を流してくれて、あたしは何も心配する必要がない。
そんな存在であり続けてくれるものだと、勝手に思いこんでいた。

諸行無常。
結局Jリーグのチームである限り、そんな絶対的安定はあり得ない。
わかってるんだけど、やっぱり動揺する。

いろんな街のいろんなチームを見てきた。
なかにはかなり内部に入り込んで一緒にサポートしたチームもある。
でもやっぱり、なにかにつけて(仲間に入れもらおう)(認めてもらおう)と気を張っている自分がいる。
ローカルなチームになればなるほど、地元出身でない自分には居心地が悪くなるシチュエーションになることもある。

ガンバなら、がんばらなくてもいい。

関東の人は知らないかもしれないけど、日本は縦に長い国ですからね、西へ行くほど夕焼けがもの凄くオレンジに輝いて美しくなるんですよ。
あたし北海道に4年住んでいて本当に好きだったけど、あそこ冬なんか3時過ぎには真っ暗なの。
大相撲の中継見てもらうと分かると思うんだけど、6時に取り組みが終わって会場の外が映し出されるでしょ?
両国だと秋場所なんかでももう暗いけど、九州場所はまだ夕焼けだったりするのよね。
日が短いと西の人間は落ち込むのよ。
(ああ、大阪の綺麗な夕焼けが見たいなあ)

ガンバの選手達は、下部組織のこどもたちは、いつもあの美しい夕焼けを、あたしの知っている夕焼けを見て練習から引き上げたりしている。
それだけで、あたしはガンバを自分のチームだと思えるのだ。
張り切ってサポートしているというアピールをしなくても、自分のチームだと、安心していられる。
のんびりスタンド席に着席してうだうだ観戦する。
まわりからは慣れ親しんだ関西弁のヤジやら何やら。
たこ焼きソースの甘ったるい臭い。
(ああ、えぇなあ)

リーグ優勝したとき、
ACLを制したとき、
天皇杯を連覇したとき。
ガンバのニット帽をかぶって歩くのが誇らしかった。
今日だってあたしはお気に入りのその帽子をかぶって街を歩いた。
知らない人だらけの街々を、あたしと一緒に歩いてきてくれたこの帽子。
これからだってかぶるよ。
胸を張って、前を向いて。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ