フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 地域決勝大会・予選ラウンド2日目 | トップページ | It used to be her town. »

2012年11月24日 (土)

夢幻の如くなり ~戦力外通告 Part 2~

大好きだったチームを離れる前に思いを残したくなかったから
5時間もバスに乗って最後の大会に行った。
ずっと仲間がそばにいてくれた。
「あたしなんかに付き合うことないよ。」
「俺もやめるから。」
「付き合うことないって。」
「俺も、戦力外通告くらったンッスよ。」

敗退が決まって、仲間で酒を飲んだ。
南国の魚は美味くて、美味すぎて泣きながらみんなで過ごした。
「クリスさん、辞めないでよ。」
「あたしだってやめたくてやめんじゃないよ。」
「俺だって…」
「だから付き合うことないって言ってるじゃん!」
「だってクリスさんはあんな目にあっても一人でここまで来てくれたじゃないですか。」
「ああ、そうだよ。」
「そんでもって明日は又一人で帰るんじゃないですか。」
「…」
「そんなの悔しいじゃないですか!昇格も出来ない、一勝も出来ない、クリスさんも止められない。」
「でも、付き合うことはないんだよ。このチームはあんたらのチームだ。」
「俺達のチームじゃない。」
「あんたには選択肢がないだろ?生まれ育ったあの街で、やっと見つけたチームじゃないか。あんたらが育てないで誰が育てるんだ?」
「もう無理だよ。」
「だから、あたしみたいな風来坊に付き合う必要はない。あたしよりあんたらの方が辛いのは分かってる。選手達にはあんたらが必要だ。」
「…」
「このままで終わっていいわけないだろ?だって、こんなに悔しいじゃないか!」

夜の街を一人でフラフラ歩きながら考えた。
チームは誰のものか。
泣いているのは誰か。
一人で去る方が辛いのか。
苦しくても残る方が辛いのか。

あんなに泣いても何も学ばない。
いとも簡単に再び恋に落ちる。
そしてまた同じ事の繰り返し。
大会に遠征し、勝っては負け、勝っては負け。
すれ違い、裏切られ、傷ついた仲間が去っていく。

「姐さんはどないするんです?」
「あたしは辞めへん。一度失敗してるから、今度こそ遠距離恋愛がんばるの。」
「そうですか…」
「いつでも帰っておいでぇな。」
「すみません。俺は…評論家みたいになりたくないんです。」
「評論家?」
「俺はサポーターやから、所属をはっきりさせたいんです。」

がっちり握手して、別れて歩き出す。
所属って…なんやろな?
あれからもうずっと考えている。
去った場所に帰るのと、去っていった仲間を待つのと、
どっちが切ないんやろな?
どこにどんな風に立っていることが、所属を表明することになるんやろう。

泣きながら浴びるように酒を飲み、
バス・ロータリ-で人目をはばからずおいおい泣きながら別れた仲間。
5年ぶりに全然違うスタジアムで再会した。
あたしはやっぱり一人でひょっこりとゴール裏。
あいつは何百人もの後輩を従えていた。
「よく、来てくれました。」
あたしの手を取り涙ぐむ昔の仲間達。
あたしのことなんか知らないかわいい後輩達と90分間はね回る。
でも、もう、あたしのチームじゃない。
やっぱり一人で帰る道々考えた。
(チームはきみたちのものだ、お返ししよう。
落とし前は付けさせてもらった。)

バンディオンセのゴール裏を今季をもって卒業することにしました。
もちろんこれからも応援しています。試合も見ます。
まあ、もう、年ですからね、「卒業」どころか「引退」かもしれません。
10年にわたる地域リーグでの経験から「絶対」はありません。
仲間が戻れば、あたしも姿を現すのかもしれません。

サポーターとはどうあるべきなのか、
所属とは何なのか、
チームは誰のものなのか、
サッカーの神様だけが知っています。

さて、次はどこのチームを見に行こうかな。

« 地域決勝大会・予選ラウンド2日目 | トップページ | It used to be her town. »

社会人サッカー」カテゴリの記事

コメント

全社で1,2回戦ご一緒させていただいた者です。確かに年齢的には引退かもしれないけれども、声は20代の声が出てましたよ!!
あのさわやかなよく通る声はきっと選手達の励みになったと思います。なので、どうかこれからも前にしゃしゃりでてくださいね。

>フォーチュンさん

コメントありがとうございます。

サポーターとしてはおろか人生で「さわやか」という形容詞をいただいたのは初めてのような気がするので(汗)リアクションに困るのですが…

まあ兵庫を離れてもう4年になりますから選手もバギーくらいしか知らず、応援されても選手達も(だれやねん?)ってなもんでしょうからねえ。

今後は遠くから生暖かく(笑)チームを見守ります。バンディにはあたしの心の故郷である加古川の街に「帰る理由」になってもらいたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/56178989

この記事へのトラックバック一覧です: 夢幻の如くなり ~戦力外通告 Part 2~:

« 地域決勝大会・予選ラウンド2日目 | トップページ | It used to be her town. »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ