フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« チームは誰のもの | トップページ | 日々雑感 »

2012年10月28日 (日)

Trick or Treat

ご褒美くれるか、裏切りか?

こどもが無邪気にバスケットを揺らす
なにもケルトの伝統をわれら大和民族が継承する必要もない
地蔵盆だってお月見泥棒だって
ローソク出せだってあるじゃないか
それでも今は黄昏の王国
オクトーバ-・カントリーは人の心を不安にさせる
もうすぐ万聖節だ
「ワルプルギスのよ~るぅ~」
禿山の頂で魔女達は踊る
かぼちゃ色のアイスクリームを買って家路を急ぐ

ある日突然理不尽はやってくる
なんの前触れもなく
心ない言葉が柔らかい純情を打ち抜き
あたしの大切な人たちは引き裂かれ
あたしの帰る場所はなくなってしまう
大切な決戦を前に
絆はあっという間にバラバラになる
大切なチームの取り合いだ
「これはおれのものだ」「いいえ、あたしのものよ」「お前の好きにはさせん」
社会人になったとき職場のおじさんが言ってた
「毎日毎日こつこつと、信頼を築くのにはほんま長い年月がかかる -
せやけどな、お嬢ちゃん、それを失うのは一瞬や。よう覚えとき。」
覚えとったで、おっちゃん
ほんまやな、あんたの言う通りや

みんなチームを愛してる
チームはみんなのアイドル、かわい子ちゃん、運命の女
みんなであの子を全国区にしてやるんだ!
愛し方は違っても、あの子がみんな大好きなはずなのに
(女の純情踏みにじりやがって!二度と応援なんかしてやるもんか!)
彼女が見せてくれた夢は甘い砂糖菓子
あたしは通りすがりの風来坊
みんなが仲間に入れてくれた
もう二度と住むこともないかもしれない美しい街
楽しい思い出がいっぱいの街
あんた達が仲良くあの子を応援しているからこそ又あたしが帰って行ける街
それなのに
あんなに美しい街のあんなに美しいチームが
涙にまみれている
Scan10087

あの子はご褒美なんかくれなかった
振り返ってさえくれなかった
またあたしの帰る場所が無くなる

« チームは誰のもの | トップページ | 日々雑感 »

社会人サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/55991984

この記事へのトラックバック一覧です: Trick or Treat:

« チームは誰のもの | トップページ | 日々雑感 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ