フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 全社最終日&地決組み合わせ決定! | トップページ | チームは誰のもの »

2012年10月21日 (日)

秋深し

いやあ、一昨日の献血センターの看護師さんは刺すの上手かったなあ~
もう、跡形もないや。やっぱ、注射が上手な看護師さんってサイコー…あ、どうも、ようやくガラガラ声から脱しつつあるクリスです。
なんか水曜以降ふわふわしてますけど、そろそろしっかり現実に戻らなければ!

http://www.kansaisl.jp/

どうも地元で結果が出ないのですねえ、今年は。
あたしは数字だけ見てあれこれ言う趣味はないのであくまでも結果として受け止めておきます。
(先週の今頃は、全社は楽しかったなあ…)
あの感動を決して忘れず、地決に向けてしっかり準備してください。

あの二日目の鹿児島戦がキモだったねえ、今にして思えば。
チャンピオン・キラーなんて呼ばれてウキウキしちゃった。
なのに関東リーグ7位のチームに負けてから歯車が狂ってしまいました。
http://www.kanto-sl.jp/
関東でも2010年全社会場だった市原でKSLカップです。
ま、Koreaも敗れています。
そりゃあ、5連戦やったんですから。
みんなお疲れ様、です。

必勝祈願、あるいは無事大会が終わったことに感謝を込めて、
いつも献血をします。
あるいは家族が病院にお世話になったり、具合が悪いときも、
あたしは変わることが出来ないので、せめて感謝と祈りを込めて。
あたしは元気で健康だから。

今日は久しぶりに平塚競技場へベルマーレを見に行きました。
献血の帰りに藤沢駅前でボランティアがチラシ配りをしていたのを見たんです
以前は朝の通勤時間帯に時々お手伝いをしましたが、仕事が変わってからはさっぱりでしたから。
(BMWスタ、行ってみるかな。)
あたしはJリーグの時は着席して、飲食しながら、スタンドで見ます。
正直、何百人という応援団の中に入りたいとも思いません。
ただ、久しぶりに1万人以上も入ったスタジアムでサッカーを見て
(ああ、やっぱり応援はたくさんいた方が良いよなあ)と素直に感動しました。
多くの人が声を合わせて歌を歌う。さざ波のように動きが広がる。
打ち振られる大旗。鳴り響くドラム・セクション。
少人数では出せない迫力です。

あたしはたまたま4部のカテゴリに関わってきたので、10人以下のサポーター席が自分の居場所のように感じてきました。
試合、そして試合以外のサポート活動を通じて仲間が増えていくことにも喜びを感じてきました。
(最初からたくさんいるところになんかあたしは必要とされてないんだから。)
でも味スタで、たった一人で、バンディに声援を送っている自分はなんなんだと思いました。
(やっぱり一人でなんか何んの役にもたたないじゃないか。)
こんなに素晴らしい舞台で、こんなに素晴らしいがんばりを選手達がみせているのに、こんなにだれもいないじゃないか!

4部のカテゴリーを応援していると、だんだん責任感や自己満足が純粋な感動を上回ってしまうことがあります。
あたしは最初、ただただ生で見る選手達の美しさに感動し、圧倒されました。
そしてこんなに美しい人たちがいるのに、誰も見に来ないなんておかしいと思ったのです。
それだけでした。
それがだんだんと経験を重ね、10年も関わっていると、なんだか「偉そう」になってしまうのです。

あたしはサッカーが好きだから、どんなカテゴリーでもたくさんの観客が見に来てくれることが理想です。
プロだからとか、有名だからとか、関係なく、近所でやっていれば見に行く。
どんなメンバー、カテゴリーでもたくさんの人がワイワイサッカーを見て欲しい。
サッカーでみんなと一緒に幸せになりたい。

« 全社最終日&地決組み合わせ決定! | トップページ | チームは誰のもの »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/55942328

この記事へのトラックバック一覧です: 秋深し:

« 全社最終日&地決組み合わせ決定! | トップページ | チームは誰のもの »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ