フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 茄子やら胡瓜やらに乗って | トップページ | 全社組み合わせ決定! »

2012年8月29日 (水)

Chose Me

売れた絵のお金が入り嬉しい
一枚物が売れたのはずいぶんと久しぶりだ
だからといってこどもたちに何かご馳走をしてやれる余裕もない
いつもと同じ食事を用意する

でも毎日と同じものが食べられるのはありがたいではないか
そう思いながら絵を買ってくれた人のことを考える
どんな人が買ってくれたのだろう
どんなところを気に入ってくれたのだろう
どんなところに飾ってくれているのだろう
あたしの絵が少しでもその人を幸せな気持ちに出来ますように

焦がれて焦がれて、想い焦がれて追いかける
あこがれの画家や尊敬する先生
唯その人達を追いかければ絵描きになれると思っていた
だけどある日描きたいものが見えなくなって
伝えたいものがないと絵が描けないことを知った
伝えたい相手がないと絵が描けないことも知った

伝えたいもの、それは美しい肉体、美しいジョカトーレ
伝えたい相手、それはあたしに描いて欲しいと思ってくれる全ての人たち

ハッ、ハッ、ずいぶんと小さい世界じゃないか
でもね、でっかい世界を手にいれようなんてもう思ってないんだ
逆にね、あたしはこの日本の元気な足で結構世界を広げてものだなと思うんだ

だけど絵を売って、その金でうまい食べ物と酒を手に入れて、楽しくサッカー見て暮らせたらな、とは思う
絵描きになりたい、絵でこの天下を獲ってやるんだ
そんな風に思ってアメリカで暮らしていた生意気盛り
久しぶりに絵が売れて、あの頃のことを思い出す
あたしはヌード・デッサンのクラスが大好きで
恥ずかしがってるクラスメイトを余所にいつも一番に教室に入って一番前にイーゼルを構え、いつも一番最後まで教室に残って鉛筆を走らせていた
あたしは石膏デッサンが大嫌い
今は仕方ないから写真見ながら描いてるけどさ
本当は素敵な動きをした選手はみんなその場に凍り漬けにしてスケッチしたいくらい

ある日一人のヌード・モデルがそのクラスに来た
彼女は脱ぐのがその日初めてということで緊張していたんだよ
(めんどくせぇ。)
あたしはプロフェッショナルな人が好き
彼女は緊張のあまり饒舌で、ポージングも決まらないし、微妙に良く動いた
「今日はカーラがきてくれるんじゃなかったっけ?」
「急に来られなくなったんだ。」
「だったらポールでも良かったのに。」
「男じゃん。」
「ゲイだけどね。彼の方がよっぽど上手い。」
彼女を落ち着かせようと教授が話しかけるが今度はリラックスしすぎて内容が下品だ
そういえば持ってきた衣装やアクセサリーもなんか品がない
(この仕事、なんか勘違いしてんじゃないか?)
それでもデッサンの練習は練習だ
あたしはひたすら彼女のボディにだけ集中して描くことに没頭した
Scan10102

「まあ、どうしましょう!」
授業の最後、講評中にあたしのデッサンを見た彼女が大声を出したんだ
「ああ、ごめんなさい。でも、こんなに綺麗に描いてもらって…」
彼女は泣いていた
羽織ったガウンの胸元からのぞく色白なおっぱいが揺れていた
「ありがとう、嬉しいわ!」
差し出された手をおずおずと握る
あたしは申し訳ない気持ちだった
仕事に不慣れな彼女に舌打ちしながら無感動に描いたスケッチだった
それを見て相手は泣きながらお礼を言っている
絵を描いてお礼を言われたのは初めてだった

あれ以来、あたしは描く対象には最大限敬意を払うようにしている
この人、この場所、このシーンがあったればこそ
あたしは描くことができる
スポーツで対戦相手に敬意を払うのと一緒だ

あ、でも、モデルは対戦相手かな?
う~ん、そうとも言えんな
チームメイトのような気もするし
実際に言葉を交わしたりするとサポーターのような気もする
Scan10092

今のあたしの興味の対象はしなやかな子猫ちゃんより厳ついアスリート
男の筋肉を世界遺産に登録したいくらい
だけれども、彼らはあたしの崇拝の対象であると同時に戦友でもあるのだ
一緒に並んで闘いたい
世界に向けてあたしの武器は脚力ではなく画力だけど
あたしをチームメイトに選んでおくれ
あたしをサポーターだと認めておくれ

絶対にお前を一人にしないから

« 茄子やら胡瓜やらに乗って | トップページ | 全社組み合わせ決定! »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/55536774

この記事へのトラックバック一覧です: Chose Me:

« 茄子やら胡瓜やらに乗って | トップページ | 全社組み合わせ決定! »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ