フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 埼玉ハンパない | トップページ | 不戦勝 »

2012年7月20日 (金)

Gravity and Visionary

いよいよオリンピック開幕まであと少しですね!
選手の皆さんも続々と現地入りしている模様です。
過程、結果共に納得の競技をして、笑顔で帰ってきて欲しいものです。

http://www.jiji.com/jc/olympic?d=d4_beauty&p=gym100-jlp12557380-2&s=photolist
あ、どうも、前朝ドラ「カーネーション」が大好きだったクリスです。
体操日本代表も現地入り。
田中三兄弟の活躍にも期待が高まりますが、やはりなんと言っても内村くんです。
個人的に体操選手の体型はちょっと「お腹いっぱい」な感じでクリスの好みではなかったのですが、現在は全日本コーチである富田洋之さんが出てきたあたりから富田さんのストイックな美しさに魅せられてしまいましたね!
しかも今大会の日本代表、ルックス的にもレベル高いです。

そこで、ですよ、この三連休のNHK「ミラクル・ボディ」ご覧になりまして、奥さん!?
最終日だけは東日本大会で疲れちゃって見なかったんだけど、第1夜「ウサイン・ボルト」と第2夜「内村航平」はバッチリ見ました。
http://www.nhk.or.jp/special/miraclebody/index.html

この番組、夏季、冬季五輪直前にいつも期待の選手を取り上げてNHKが最新鋭カメラ技術を駆使してアスリートの肉体的、精神的強さを科学的に分析してるんだけど、とっても面白くていつも楽しみにしてるシリーズなの。

まずはボルト。
なんかゴールの時「欽ちゃん走り」だし、受け答えもヘラヘラしててあんまり好きな選手じゃなかったんだけど、体型は短距離選手にしてはクリス好みだったので見ました。
でね、あたし知らなかったんだけど脊椎側湾症なんだってね、彼。
背骨曲がってるのに世界一早いってどういう事!?
まあ、そこら辺の科学的分析はアーカイブかなんかで番組見ていただくとしてね、やはりデメリットを克服するには血のにじむような肉体改造とトレーニングがあったって事よ!
インタビューでは饒舌な彼もトラックでは自ら口に指つっこんでゲロゲロ吐きながら走り込んでました。
そこまでして彼が目指すものは「伝説のランナー」。
それを語る彼の姿にはヘラヘラした所など微塵もなく、神の高みへと挑みながらかえってその目にはとても人間くさい「業」みたいなものすら感じられました。
けれどもいっさいがっさい包み込んで、彼の肉体は美しい。
少し左右にゆらゆらしながら駆け抜ける稲妻 - ThunderBolt

そして驚異の「空中感覚」の持ち主、内村航平選手。
まあ、ある意味体操する上での絶対音感みたいなものがあるんだね。
楽しんで鍛え上げる内村くんには「天才」の称号がふさわしい。
そんな彼の瞳の中にあたしはいつも何も見えません。
(怖い人だな)と思っていました。
その印象は今も変わらないのですが、番組を見て彼のまわりにいる他の選手はどう感じているのだろうと思いました。
あれだけの才能と技量を持った人がすぐそばにいる。
そしてその人が「自分の個人成績より、団体で金が欲しい」と言いつのっているのです。
どんな方向から受けるプレッシャーよりこんな厳しいものはないんじゃないでしょうか?

ただね、彼らは幸せだと思います。
そんな経験は誰にも出来るものではない。
こんなどうでもいい筋肉通のおばさんでも(内村航平を見られて、彼と同じ時代に生きていて良かった)と思うのですから。

わかる、感じられる、見える、というのは大事なことです。
番組でも内村くんは何度も自分の感覚を言葉に置き換えられずにつまってしまう場面が何度もありました。
それをNHKはがんばって科学的に提示していて、良くやったと思います。
シロウトにも(ああ、そういうことなんだな)位には話しについて行ける。
だけれども最終的には「他の人には分からないだろうけど」「ぼくにしか分からないんだろうけど」ってことなんです。
そこへいくと同じ競技に身を置いている人には切実です。
ライバル達も内村くんの感覚は分からない、と言っていました。
そんななか、身近に彼を見ているチームメイトたちは幸せだと思うんです。
たとえその感覚そのものは持っていなくても、高いレベルでやっているアスリートなら感覚に対する共感や、そのイメージを実践につなげることは出来るはず。
逆に、どんな競技でもイメージが持てないものを実践することは出来ません。
ならば最高のイメージを提示してくれる人がそばにいる、というのは偶然とか幸運では片づけられないものであると思います。

高みへと連れて行ってくれる人
それはその場所が明確に見えている人
行けるかどうか、そんなことは考えたこともない
見えてしまっているのだから、行くしかない - そんな感覚
イメージ・トレーニングとか言っている間はまだまだ
もっと上手くなりたいから、出来なかったことを出来るようになりたいから
そして、楽しいからやらずにはいられない - それが情熱

五輪代表選手の皆さん、怪我のないようがんばってください
日本から応援しています

« 埼玉ハンパない | トップページ | 不戦勝 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/55236435

この記事へのトラックバック一覧です: Gravity and Visionary:

« 埼玉ハンパない | トップページ | 不戦勝 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ