フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2011年8月21日 - 2011年8月27日 | トップページ | 2011年9月4日 - 2011年9月10日 »

2011年9月 3日 (土)

天皇杯1回戦

もの凄い湿気を含んだ残暑に、失った体重を筋肉で戻す計画がただの水太りへと進行中…あ、血管はドロドロ胆石はごろごろ、でも骨密度と胃カメラ検査結果は「二十歳代」とお墨付きをもらったクリスです。

http://www.jfa.or.jp/match/matches/2012/0101tennouhai/
ってなわけで始まりました、天皇杯。
福島ユナイテッドは八戸大学を破って二回戦進出。
遠く厚別まで遠征して雨の中声を振り絞ったユナサポの皆様、お疲れ様でした。
クリスもネット中継見ながら応援しました。
で、次の相手はジュビロ磐田ってことで…
http://www.jfa.or.jp/match/matches/2012/0101tennouhai/info.html
14日のナビスコの結果によっては8日(土)予定の試合が12日(水)になっちゃうかも~
これは困るなあ。12日仕事休めるかなあ。
こうなりゃ8日試合実施のために、ナビスコは仙台応援するぞ!

男子も女子も日本代表の試合が続いて見られるのは楽しいですね。
今夜はなでしこです。

2011年8月29日 (月)

Furious Fukushima

8月26日(金)

クリス、人生初、東北の地に降り立つ
とはいえ、東京駅から新幹線で2時間もかからず
福島は近い

迎えに来てくれた福島ユナイテッド育成部スタッフの車で福島市内を走る
16年前、大地震から一年足らずの神戸の街を歩いた
あちらこちらにブルーシートをかけられた屋根や崩れ落ちた壁
かと思えば見知らぬ真新しい建物や不自然な更地
生々しい震災の爪痕 - 幼稚園時代の思い出の街は様変わりしていた
一方福島市内は一見平穏だ
どこにでもありそうな地方都市 - 古そうな建物で飲み屋が営業していたりする
でもどこか透明な緊張感がある

吾妻中体育館にてJr.Yのこどもたちと特別プログラム
会場の中学校グラウンドの片隅には大きなブルーシート
表面を削り取り、うずたかく積まれ、でも行き場のない汚されてしまった土
神戸とは違う、現在進行形の不気味さをまとっている福島のブルーシート
滞在3日間、何度も見かけた光景

FUアカデミーの小さなジョカトーレ達とブートキャンプをしました
オープニングはFUアカデミーコーチにしてスウェーデン出身の「かずおくん」とコテコテの掛け合い漫才でスタート!
これでこどもたちのハートをがっちり掴んで一気にトレーニング突入!
あのね…クリスもうちょっとできるはずだったんだけど?
いやあ、45分間ずっと激しくエクササイズしながら大声で子供を叱咤激励してビリーの英語を通訳するっていうのは思った以上にハードだったよ。
ヘトヘトになりながら何とか最後までやり抜きましたがね。
アシスタントを務めてくれたかずお&N選手、ありがとう♪
にがつさんからご提供いただいたサッカー・グッズをプレゼントし、この日のために制作した1mX2mの応援旗を贈呈させていただきました。

Furious Fukushima
旗に大きくそう書いた
怒れる少年が叫んでいる絵を描いた
叫べ!怒鳴れ!!怒れ、少年達よ!!!
立て!下を向くな!!まだ、終わってないんだ!!!
外で自由に駆け回り、サッカーをする自由を奪われたジョカトーレたちよ
今日はあたしと、ヘトヘトになるまで闘おう

8月27日(土)
http://fukushimaunited.com/team/results/vs20110827.html 
あのね、西部サッカー場不便過ぎよ
まあ、球技専用でコートは素敵だったんだけどね
でさ、雨だったのよ
突然やってきた風来坊を迎え入れてくださったユナサポの皆様、ありがとうございます。
おかげさまで、久しぶりにシミくん、片原くん、イシくんと一緒に闘うことが出来ました。

試合後は福島市に戻ってトークショー&「クラシコ」上映会


トークショーが終わった後、ゲストの宇都宮徹壱さんが映画鑑賞のために偶然私の前の席に座ったのですかさず著書を取り出しサインをしてもらいました。
あたしが地域リーグであっちこっち関わっていることを話すとニッコリ笑って宇都宮さんの方から手をさしのべて握手してくれました!(意外と気さくな方なんだなあ~)

久しぶりに映画を見て号泣してしまった
(っていうか、あたしを号泣させることが出来るのは「火垂るの墓」だけのはずだったんだが…)
「クラシコ」が終わると、大急ぎで劇場を後にして夜の福島市の街を歩いた
歩きながら涙が止まらなかった
あたしがあとにしてきたたいせつなもの
映画の中には知った人や景色があふれていた

うらやましいのか?
何を泣いている?

あたしは知らない街をひとり泣きながら歩いている
スクリーンの中には共に熱く闘った仲間がたくさんいるのに、劇場ではあたしは知らない人に囲まれている
なんて逆転現象だ - こんな経験は初めてだ
ポケットに手を突っ込んで早足でホテルに向かう
泣くな、自分で選んだ孤独じゃないか

無防備に素肌をさらして若い娘が夜の街をたゆたう
ああ、ここは水中都市だ
まだここだけは、津波がひいていない
放射能という目に見えない恐怖におおわれている
人々は息を潜めているのか
それとも気がつかないふりをしているのか

大会中は酒は飲まない
無駄に交通費は使わない
おみやげなんか買わない

でも今回は違うよ
福島に金を落とすんだ - たいした額じゃないけどね
だいたい飲みたい気分なんだ - 飲ませてくれよ
福島の味は意外とあたしの舌に合うんだよ
何食べても美味かったな
福島弁のかわいいおねえちゃんがビールをテーブルにそっとおいてくれる
いいなあ、濁点パラダイス「惚れてまうやろ」

8月28日(日)
東北本線の上りも、福島交通のバスも、全然来ないじゃないか
ホテルから西部サッカー場まで3時間もかかっちまった
本当は早めに郡山に入って献血しようと思ってたのに

http://fukushimaunited.com/news/pr/1-1.html
準決勝とうって変わってのかんかん照り
でも、おれは脱ぐぜ!一肌脱ぐぜ!義によって助太刀いたす!
厚別行きてえなあ~、あいらぶ北海道
でも磐田で待つことにするよ

Jambalaya Fukushima
なんでなの?今度意味を聞いてみよう
タオマフくださったお姉様、ありがとうございます

選手に声をかけて返ろうと思って少し待っててバスを乗り過ごす
かんべんしてくれよ、1時間に1本しかないんだぜ
おまけにケータイを便所に落とす
かんべんしてくれよ、本当にかんべんしてくれよ
びしょ濡れのケータイでタクシーを呼ぶ

「郡山来るの怖くなかったですか?サッカー好きな人はみんなそうなんですか?」
新幹線に遅れないように急いでくれと頼むと運転手が真顔で聞いてきた
ああ、そう、怖くなかったと言ったらうそになる
関係ないさ、なんて簡単に言えない
「サッカーやってる人がみんなそうかはわかりませんが、あたしら行動が一番だと思ってる人種なんだと思うんですよ」
あたしは安全なところにいてあれこれキレーごとを言いたくない
いつも言ってるだろ?言いたいことは言いたい人に直接会って言うんだよ

あたしと入れ替わりに我が息子が岩手に旅立った
愛してるよ、おにいちゃん

« 2011年8月21日 - 2011年8月27日 | トップページ | 2011年9月4日 - 2011年9月10日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ