フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2011年3月6日 - 2011年3月12日 | トップページ | 2011年3月20日 - 2011年3月26日 »

2011年3月16日 (水)

再びの震度5

大丈夫なんだよ
なにもないよ、大丈夫じゃないか

袋を担いで街を歩く
もうやめてくれよ
なんでそんなに買いあさるんだ
ここはなんにも変わってないじゃないか
3時間電気が止まるだけじゃないか

ため込む余裕があるのなら、被災地に回そうぜ
そりゃあ余震が続けば不安も募るよ
こどもたちにきちんと食べさせることに命賭けてるおれにしたら
台所中カップヌードルで満杯にしたいくらいさ
でも、大丈夫だから
冷静な行動が復興への近道だ
もし必ず復興すると信じているのなら
元の生活に戻ったときに
「あの時お母さんは僕たちのために必死だったんだ。だからしょうがない。」
なんて思われたくない
こどもに浅ましいところを見せたくない
「仕方なかったんだ」なんて言葉を覚えて欲しくない

落ち着け、落ち着け、自分
心配してるヒマがあったら働こう
あたしには2本の元気な足と、料理好きの腕がある
だいじょうぶだから
きっと西日本のみんなが助けてくれる

2011年3月14日 (月)

輪番停電

関東全域で14日より輪番停電が実施されます
今後は節電にさらに勤めなければならず、経済・社会活動の停滞、物資の不足が予想されます。
ブログの更新やコメントへのお返事は出来なくなります。

日本中の皆さん、節電に努め、必要以上の買い占めはお控えください。
よろしくお願いします。

2011年3月13日 (日)

この空の下

まだなにも落ち着いていない
でも、心配されている方もいるので書きます
クリスは大丈夫です
クリスの家族も、犬も、怪我なく無事です
金曜は仕事場から家まで歩いて帰りました
携帯がつながらず、駅前の公衆電話でやっと家族全員の安全が確認できました
家に帰る途中、他にもたくさん歩いている人がいました
途中のコンビニでは非常食や水を求める人があふれていました
相模湾全域はその後24時間にわたって大津波警報が鳴り続け緊張が続きました
(警報はその後津波警報、津波注意報と緩和され、土曜夜に解除された)
土日にかけ、スーパーは品薄状態が見られたりしましたが、困るようなことはありません
クリスの近辺はライフラインは問題なく、東京電力が決定すれば輪番停電が明日から実施されるかもしれませんが。
今は節電節水に努めながら、子供達に不安感を与えないように努めて明るく、家族力を合わせていこうと話し合っています。

今年は東北にサッカー見に行こうと思っていました
とりあえず自分の知っている東北在住サッカーおよび車いすバスケ関係者全員の無事は確認しました
(長野にも強い地震がありました。関東地方でも大きな被害が合ったところもあります。心配です。)
ただ、まだ連絡が取れていない知人もいます。
こんなことになるなんて…という思いでいっぱいです

16年前、満月の空を見上げて(神様は不公平だ)と思った人がたくさんいました
いま、東北の地で外に放り出され、おまけに原発被害の恐怖にまでさらされ、被災者の方々はどんな思いでいらっしゃるでしょう
16年前、我々が学んだことを無駄にしてはなりません
少しでもあの経験を活かさなければなりません
何もかも元通り、とはいかなくても神戸は立ち上がりました
(困っているときはお互い様。知らんもんどうし、声掛け合って助け合おう。)
神戸で被災した方に教えてもらった言葉です
孤立して救助を待っていらっしゃる方、がんばってください
助けは必ず来ます、一人じゃありません
あたし達一人一人が出来ることを考えます

負けて、たまるか

« 2011年3月6日 - 2011年3月12日 | トップページ | 2011年3月20日 - 2011年3月26日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ