フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 茅ヶ崎駅なう | トップページ | お楽しみはこれから »

2011年9月24日 (土)

カナブンの尊厳

昨夜NHKでサンデル教授が白熱していた。
「100人の一般客が登場している旅客機がテロリストにハイジャックされ1000人の住民がいる町に墜落する前に撃墜することは正しいか正しくないか?」
国防省の長官になったつもりで考えてみましょう。

裁判において判断されるのはテロリストの人間性ではなく、なされた行動の善悪。
既に悪と判明している行いに対してそれ以上被害が拡大する前に死を持って阻止する。
そのような判断は正当化されるのか?
それ以上に罪もない乗客を、町を守るためとはテロリストと共に葬り去って良いのか?
人間の命の尊厳において数は関係するのか?

討論に参加している参加国の若者は皆眉間にしわを寄せて悩んでいる
「この長官でなくて良かった」
何人かがそう言う
「もしこの乗客の中に私の家族がいれば、私に悩む余地はない」
ひとりの日本人青年が言う

でもだれも自分がその乗客のひとりだったらとは言わない
もちろんそれでは論点がずれてしまうからその観点は必要ない
でも、あたしが今後その長官の立場になるよりはその乗客のひとりになる方が確率は高い
あたしは町を守るために死ねるだろうか?

そうやって家族揃って「白熱教室」を見ていたら家の中にカナブンが飛び込んできた
架空の議論より圧倒的な現実だ
さて、どうする?

末っ子がまだ保育園に通う年頃だった頃、園で芋掘り大会があった
母親達が園児と一緒に園児が園庭で育てたサツマイモを掘るという行事だ
当然ミミズやらなんやらが芋と一緒にわんさか出てくる
そういうときにこどもらはきゃあきゃあ騒ぐのだが、それ以上にキャーキャー言うのが母親だ
正直我々の世代はそういう状況で平常心が保てる人の方が少ないのじゃないか
何人かの母親は芋を掘ったシャベルでミミズをベシベシ叩いていた
こどもたちの目の前で
たいした情操教育だ
彼女たちの名誉のために言っておくが、無理もないことではある
教育機関というものは時代が変わっても何十年と変わらぬ行事を繰り返している
母親達にまず教育が必要だということ認識せずにステレオタイプのあるべき親像をおしつけてくるのだ

そして言っておくがあたしも虫は嫌いだ
チョウチョもテントウムシも、ゴキブリやムカデと同じくらい平等に嫌いだ
けれど恐怖に囚われてあたしの何十倍も小さな生き物をたたきつぶすような情けないところをこどもに見られたくはない
だから園庭中のミミズをバケツに集めて隣の畑に放した
こどもたちの尊敬の眼差しと母親達の信頼を一心に受け、翌年役員に選ばれてしまった

なぜそのような考え方に至ったか?
こどものころ部屋に乱入してきたすずめに驚いた父が殺虫剤を吹きかけたことがある
親もたいしたことないと悟った瞬間だった

それ以来あたしは基本、家に入ってきた虫は無視することにしている
だが人の親になってからはこどもが騒ぐので傍観するわけにはいかない
だが「蜘蛛の糸」の影響もあり、やはり殺す気にはなれない
で、捕まえて外へ出すことにしているのだ
蜂を素手で捕まえて指を刺されたこともある
それでもあたしは、こどもの面前で殺生はしたくない

そこで先ほどのカナブンである
あたしはもう末っ子が使わなくなった虫取り網を持ち出して捕獲に成功した
夜の空へとカナブンを放す

「撃墜すべきか否か」
それ以外に方法はないのか?

人は誰も当事者にならなければ人のことは分からない
もちろん何もかも経験したり、受け入れたりは出来ないから、人間には想像力というものがそなわっている
でもやはりたまに台風で仕事場から家に帰れなくなって、樹木や看板が飛び交い、信号が止まって混乱する車の間を縫うようにして、暴風雨の中家路を急いだりして初めて、(ああ、これでたどり着いたら家が流されていたらどうだろう)などと思うのだ
乾いた家に帰り着いて、家族の笑顔を見て、温かい食事を取りながら、辛かったことを忘れていく
でも忘れないで次に活かしていかなければならないこともあるだろう

被災者は生まれたときから被災者ではない
テロリストだって生まれたときからテロリストではない
一生何も変わらない安定した人生なんてないし、
人は生まれたからにはいつか死ぬ
でも、それを自分ではどうしようもないものによって勝手に押し曲げられたり途切れさせられたり
そんなことが決してないように、なんとか守らなければならないものこそが命の尊厳なのだ

「かあちゃん、カナブン飛んでいったね」
「せやな」
「かあちゃん、足に蚊が止まってるよ!」
あたしは無言で蚊を叩きつぶし、その夜自分の言動不一致と足のかゆみに悶々としなければならないのである

« 茅ヶ崎駅なう | トップページ | お楽しみはこれから »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/52816020

この記事へのトラックバック一覧です: カナブンの尊厳:

« 茅ヶ崎駅なう | トップページ | お楽しみはこれから »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ