フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« こどもたちにゴールデン・ウィークを! | トップページ | 勝ったよ! »

2011年5月14日 (土)

Kids Guard Shonan

http://www.banditonce-kakogawa.jp/news02/299.html
ううううう~っ!!痛い、痛い星を落としてしまった。せっかく前節奈良クラブと勝ち点で並んだのに…。とりあえず今日は必死にアインが負けてくれることを祈ろう。

http://www.31ice.co.jp/contents/topics/110401_01.html
昨日こどもと「久しぶりに31行きたいなあ」と近所のショップに出かけたら、「フリースクープ」やってました!ラッキー☆
ユニセフに募金させていただいたあと、親子3人アイスクリームをいただきました。
あ~、美味しかった♪バスキン・ロビンス、サイコー!!!

http://www.tohoku-sl.jp/
いよいよ東北リーグが開幕します。かつてないほど注目されるシーズンになることでしょう。
選手、スタッフの方々はもちろん、サポーターの皆様、がんばってください!
クリス的には一部はシミくん、片原くん、そして今季副将になったイシくんのいる福島ユナイテッドFC、そして二部は「あたしのかわいいたつくん」がいるFCガンジュ岩手を熱く応援していきたいと思います!!


ちょっと高いけど、これがめっさ美味いんだな~♪
さめてももちもち感が持続する、お弁当でも大人気の福島「ミルキークイーン」☆

ユナイテッドのこどもたちが湘南に来てくれてからもう一週間がたちました。
みんなとっても可愛かったし、こころなしか色白でらぶりぃ!
楽しかった思い出を忘れないように湘南ベルマーレ・福島ユナイテッド共同復興支援事業ボランティアKids Guard Shonan(略して「KGS48」!?)の活動内容をちょっと記録しておきます:

5月6日(金)
夜中の11時過ぎに福島よりバスで到着。アカデミーのジュニア・ユースとジュニアの選手、そしてスクール生のこどもたち合計100名とFUFCの育成スタッフ5名が招待されました。
遅い時間帯ということでお出迎えはベルマーレのスタッフのみで。小学生達は遅い到着にもかかわらず興奮してなかなか寝付けなかったそうです。

5月7日(土)
ボランティアは午前8時半に馬入練習場に集合。ここで子供達と初顔合わせです。
10余名ほどのグループごとに2-3人のボランティアが担当について練習場や施設のガイドをしてまわり、最後はベルマーレの選手と一緒に記念撮影。
クリスも三児の母であり過去にスイミング・スクールのコーチ経験もありますが、やはり10名以上の子供をいっぺんに見るのは意外と大変ですね。ですが、ジュニア・ユースのお兄ちゃん達が小さい子達をちゃんと見ていて助かりましたし感心しました。ありがとう、こういちろう!
それからバスで平塚駅南側のカソリック教会に移り、ご協力いただいた周辺レストランを巡ってスタンプ・ラリーをしたり昼食をいただいたりしました。
クリスは担当の子供達に付き添ってフランス料理「マリー・ルイーズ」さんへ!シェフ、美味しいお料理と優しいお心使いありがとうございます。スタッフの皆さん、お忙しい時間におじゃましました、ご親切忘れません。そして素晴らしいお店をくじで引き当ててくれたりくくん、ありがとう!そしていおり…がんがれ!その後はカソリック教会に戻ってスタンプ・ラリーの景品であるお菓子を配りました。ラリーを手伝ってくれた平塚商業高校PR部部員の「HTK48(笑)」のみんな、ありがとう!休日の静かなひとときをおじゃまして、教会の皆さんすみませんでした。お優しいシスター、お庭の芝生で子供と相撲を取ってごめんなさい。
その後こどもたちは中学生グループと小学生グループに分かれてそれぞれサッカーをしにグラウンドへ。我々ボランティアもサッカー補助グループと平塚漁港準備グループに分かれていったん解散。
クリスは漁港Gだったので2度目の集合時間まで湯の蔵ガーデンでまったり♪
で、3時半に漁港へ移動して、今度は平塚の地産地消グループ「サン・サン・マルシェ」さんたちと夜のご飯作りです。
クリスは「モト・ロッソ」の相山さん総指揮による「サバドッグ・チーム」にてひたすらサバをさばいておりました。もう気分は平塚漁港婦人部でございます。おろす、揚げる、おろす、揚げる、であっという間に2時間。こどもたちがサッカー場から帰ってきました。
それから2時間ほどは食べたり、商工会議所の方々が用意したゲームで遊んだり、ベルマーレの選手グッズを賭けたビンゴをやったりで漁港が揺れるほどの大盛り上がり!
クリスは「キック・ボーリング」係となってこどもたちの成績に一喜一憂。パーフェクトを出す子もいて、優勝決定戦までやり、盛り上がりまくりました。
ご協力いただいた団体の皆様、本当にありがとうございました。
宿舎へ戻る子供達を見送り、お片付けをして家路についたのは夜の8時半頃。
小雨のぱらつく中、準備の時間もあまりない中、不安だらけの活動でしたが、こどもたちの笑顔がいっぱい見られたあっという間の一日でした。

5月8日(日)
この日こどもたちは午前中箱根を観光し、昼過ぎに平塚競技場にやってきました。
クリスはスタジアム・アテンドの係ではなかったのでただぞろぞろと子供達の後をついていってはぐれる子がいないかを見たり、昨日仲良くなった子供に声をかけたりしていました。
子供達はキックオフ1時間前にベルマーレ・スタッフによるスタジアムガイドを受けたりサポーター達が陣取るゴール裏へ案内され、サポ達から直接エールを受けたり一緒にダンスを踊ったりした後グラウンドへ。ピッチすぐ横で選手達のアップを見学した後、競技場を一周してご挨拶。彼らの手にはユナサポより託されたという横断幕が。あたしはチビちゃん達が持っていた「みんな ありがとう」に泣かされました。オーロラ・ビジョンにはサポさん達からのメッセージが映し出されスタジアムDJによって朗読もされました。
その後キックオフ前に湘南乃風HAN-KUNによるスペシャル・パフォーマンスもあったけど、ちょっとクリス胸がいっぱいでそれどこじゃなかったです。ごめんなさい、HAN-KUNファンの皆さん。
試合は愛媛と1-1のドロー。こどもたちに勝利をプレゼントできませんでしたが、みんな楽しんでくれたようなので良かったです。
翌日学校を控えた子供達はすぐに帰路につかなければならず、試合終了後はスタジアム外で選手ではなくこどもたちを「出待ち」。
ここでユナサポの方々ともばったり遭遇。お互いエールの交換をし、地域決勝大会での再会を誓いました。
またFUFCのスタッフの皆さんとも色々お話でき、チームの現状について教えていただけて良かったです。いつもしんどいこのカテゴリーですが、今季はFUFCにとって真の正念場のシーズンですね。クリスも今度のご縁を大切に、出来ることはお手伝いしたいと思いますので一緒にがんばりましょう。

子供達を連れ去るバス(福島のバスといえば、メール観光です!)の横にボランティア一同ズラッと並んでお見送り。こどもたちはニコニコ手を振っていますがおじさん、おばさんたちはウルウル…
バスは出ていく、あたしは残る。

湘南の真壁社長は「この活動は続けていく。そうでなければ意味がない。」と繰り返し仰っています。クリスももちろん引き続きお手伝いしたいと思っています。
ベルサポの皆さん、通りすがりの風来坊なあたしを仲間に入れてくれてありがとうございました。これからもボランティア仲間としてよろしくお付き合いください。

福島の子供達、クリスのおみやげ気に入ってくれたかな?
またおいで。クリスもきみらに会いに行く。
おれたちは仲間なんだからな!!!

« こどもたちにゴールデン・ウィークを! | トップページ | 勝ったよ! »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/51668921

この記事へのトラックバック一覧です: Kids Guard Shonan:

« こどもたちにゴールデン・ウィークを! | トップページ | 勝ったよ! »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ