フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2010年11月28日 - 2010年12月4日 | トップページ | 2010年12月19日 - 2010年12月25日 »

2010年12月11日 (土)

うなぎ

http://www.jfl.or.jp/jfl-pc/view/s.php?a=1
さあ、厳しくなってきました、三洋。どうなる、来週!?

あ、どうも、ようやく声が元に戻ってきたクリスです。
いやあ、年々肉体の回復能力が衰えている気がします。以前なら三日でつぶしたノドならば三日以内で戻ってたんだけどなあ~

さて、先週すっかり幸せになっちゃった皆さん、楽しく飲んだくれてますかあ~!?
この一週間いろんな方からお祝いのメッセージやお便りをいただきました。まだご挨拶をしていない皆さんにもこの場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございます。

もう一週間もたっちゃったのね。街はクリスマス一色。そして年越しの準備もしなければならない時期です。
あのね、クリスね、ちっちゃい頃から鰻の蒲焼きが大の好物のひとつなんだけど、地決から帰ってきて、勤務を終えて、最初のお家での宴ではうなぎを奮発しました(>▽<)b
でもこれにはいわくもあってね、5年前の決勝大会では2日目には敗退が決まっちゃったの。で、会場が春野で、地元出身の友人が「この鰻丼弁当おいしいよ~」って勝ってきてくれたのね。で、本当に美味しかったんだけど、横でションボリして敗退したばかりの選手達が団体購入の冷たいお弁当食べているのが切なくて申し訳なくて泣きそうになったよ。
で、話は飛んで3年前。今度は熊谷の決勝大会で前日まで首位だったのに最終日唯一敗退したチームになってしまい、呆然としながら東海道新幹線に乗りこんだの。そしたら何だか無性にお腹が空いてきて、サンドイッチとおにぎりと、なぜだが二段重の鰻丼弁当を名古屋に到着する前に平らげてしまいました。
そして先週。もう高知の時のように美味しいもの食べちゃいけない。もう熊谷の時のように決勝ラウンドに来たことだけに興奮や満足しちゃいけない。そう決意したクリスは今回、試合が終わったら一目散に臨海からホテルに直行し、一人慎ましくコンビニ食を食べて早寝早起きしていたわけですが、2泊目の夜(鰻喰いてぇな)って思っちゃったの。
が、しっかあ~し!!ホテル近くのコンビニでお弁当を物色しながらクリスははたと思い当たったのです(ここで鰻食べたら負ける!)と。
いなり寿司とパスタを購入してとっとと宿舎に戻りました。そして翌日の結果は皆さんご存じの通りです。

ああ、鰻って美味いよ~
あたしの愛するチームの皆さん、これからも毎年美味しい鰻をクリスに食べさせてね☆
ちなみに、「うなぎイヌ」ってセクシーだと思う。

2010年12月 7日 (火)

市原の空は黄金色

「応援の基本は一にチームへの愛、二に仲間への信頼、三四がなくて五に腹式呼吸です!」
あ、どうも、地決閉幕翌日の職場で声がかすれまくり、風邪だと勘違いされて優しくしてもらいとっても恥ずかしかったクリスです。
(これって本ブログ記念すべき600本目の記事なのね)

クリスマスソングがこんなに楽しく心に響くのは何年ぶりでしょうか?
熱く濃密な3日間から現実に戻り、世界が問題なく回っていることに感謝の気持ちがあふれるのは何年ぶりでしょうか?
スキップしながら留守中に近所にオープンした商業ビルに行き、書店にダッシュしてサッカー雑誌チェックしたけど、やっぱ、Jリーグ最終節のあった週で劇的な残留・降格ドラマとか展開されてたから、地決報道はちっちゃかった…
宇都宮徹壱さん、もっとがんばってください!!!
ま、いいか、一ヶ月の断酒も昨日で解禁です。クリスに奢ってもらいたい人は今がねらい目よ~☆ごきげんちゃんでいくらでもご馳走してあげるわ~♪

ブログなんだから記録に残しておこう。

12月3日(金)
未明からの暴風雨により地面は冠水、道路は渋滞。子供達は自宅待機。
あたしはその時間を利用して子供達にこの3日間の家事の回し方と作り置きの料理のローテーションを伝授して、末っ子より先に家を出ました。
JRのダイヤも乱れまくり。車内もどの路線も大混雑。正直疲れました。
市原到着時にはすでに第一試合がスタートして20分が経過。
スタジアムに入る直前、アップのためにサブグラウンドに入ろうとする元バンディの佐藤選手に遭遇!
「あ、佐藤くん!おはよう!!」
「うわっ、お久しぶりです!」
「なんで『うわっ』やねん。久しぶり。がんばってね。」
「はい、ありがとうございます。」
…とはいえ、赤でもなく水色でもなくなぜかオレンジ色のシャツを着ているあたしにいぶかしげなトゥールくんでした。すまん…

スタンドを見回すと右側隅にオレンジ色の軍団。おそるおそる近づく。
知っている人なんかいないと思ってたのに…5年前の春野で一緒に泣いたみすずちゃんとゆうちゃん発見!!
はい、気がついたら爆心地のセンター2列目でバモッておりました。

カマタマーレ讃岐 0-0 長野パルセイロ(PK勝利により讃岐が勝ち点2、長野が1)

この日のために腹筋トレーニングを積んできましたが、何しろ今季は全然声出しやってませんでしたし、長野の応援スタイルもこの5年でずいぶん変わっています。
5年前の地域決勝はサポーターもせいぜい10-20名で、うち声出しは5名ほど。一人一人が可能な限り声をはって響かせるスタイルだったのが、今じゃ200人ほどのサポーター。リズムセクションを司るゆうちゃんのリードもあってかなりハード・ロックな縦ノリ体力勝負。
申し訳ありませんがクリス、PK戦では足がつってしまいました。(発声だけやなく、もっと足腰鍛えておくんやった…)
反省したあたしはその日30分ほどかけて五井駅まで歩いて帰りました。
以降徒歩参戦を続けたことにより、クリスのコンディションは絶好調を保ったのです!

12月4日(土)
この日はバスで長野からお越しの一行も合流しさらにサポーターが増殖。El-Voceオリジナル・メンバーのしょうじくんと5年ぶりの再会。おとこどうしの熱い抱擁。しょうじくんにもらったサポマフをきりりと締めて、今日もゆうちゃんのドラムで限界まで自分を追い込むぜ!!

長野パルセイロ 4-0 三洋電機洲本

これ、全部前半で入った得点です。そのたんびに最前列のサポでゴールを祝うライン・ダンス♪ハイタッチしまくり、ナイスなバデーにもそうでもないのにも抱きつきまくり!!!特に目の前のゆうちゃんには10回くらいは抱きついたね。だってゆうちゃんの太鼓が好きなんだも~ん☆
ハーフタイムに入る頃には酸欠寸前。楽しすぎて吐きそうでした。
いつも苦しいことばかりの地域決勝で、こんなに楽しくて良いんでしょうか?
でもそこはこの地獄の大会、そんなに簡単に昇格させてはくれません。

12月5日(日)
運命の一日。今日も快晴。お天気に恵まれた決勝ラウンドでした。
ここまでで①讃岐(勝ち点・5)②長野(4)③三洋洲本(3)④YSCC(0)
長野が敗退しないことは確定していましたが、入れ替え戦には行けないのでクリス絶対この日に決めたかったんです。

YSCC 0-0 長野パルセイロ(PK勝利によりYSCCは勝ち点合計2、長野は5)

昇格が決まった瞬間、クリス計算が苦手なもんでよく分かっていませんでした。
この日は第一試合だったのでまだ三洋がどうなるか分からなかったから、PKで負けてちゃダメだろうって思ったんだけど、この時点でたとえ三洋が90分で勝っても讃岐とは勝ち点で並び、得失点差で上回るから二位以上確定って他のサポさんに教えてもらってようやく納得しました。
(仲間と一緒に迎える昇格。いったいどんな景色が広がっているんだろう?)
でも現実はそんなにドラマチックでもなんでもなく、グダグダな感じで。

Image0011 ジョカトーレが走ってくる。光り輝く笑顔で走ってくる。両手を広げて迎えるサポーター。渦巻く歓喜。
選手の後ろからゆっくりこちらに近寄ってくるスタッフには知った顔が多い。みんな涙ぐんでいる。ジーンと来る。
それでもやっぱり思う。(おめでとう、この栄光は君たちのもの。)
この3日間、声を枯らして叫び続けた。気持ちを込めて闘った。心を込めて応援した。
でも、もう、あたしのチームじゃない。
名前もまだ覚えていないジョカトーレ。彼が走ってくるのはあたしの所じゃない。
その瞬間に、この5年間ずっと引っかかっていたものがすとんと落ちた。
これでやっと、卒業できる。

荷物をまとめて撤収。その先に、素晴らしいものが待っていた。

カマタマーレ讃岐のサポーターの皆さんが、あたしたちを拍手で迎えてくれたのだ。
次に優勝か、入れ替え戦かがかかった大事な試合が控えているというのに、昇格の喜びに沸くあたし達が下がってくるのを静かに待っていてくれただけでなく、皆さん笑顔で、暖かい拍手で、口々に「おめでとうございます」といいながらゲート脇で道をあけて迎えてくださったのだ。
思い出しても涙が出てくる。なんていい人達なんだ!!!
昇格の瞬間は泣かなかったあたしなのに、讃岐の皆さんの拍手を受けながら後から後から涙があふれてきた。
ありがとう、ありがとう、ありがとうございます。

疲労困憊の選手達はすぐにバスに乗って長野に帰るということなので、スタジアム外でサポ一同「出待ち」。
すると懐かしい2005年組エルザ戦士達に出会った。
太田くん、清水くん、兼子くん、小原くん、あ~んど佐藤くん♪
やあああ~ん、みんな相変わらず素敵いいい~☆
…って、開口一番「あ、クリスさんだ。写メ撮っていいですか?」おいっシュガー、おれは珍しい動物かっ!?
「みんな元気そうね?」
「5年ぶりかな?クリスさん変わらないね。」
「おばちゃんには褒め言葉やな。チームはずいぶん変わったね。」
「そうだね。サポーターもいっぱいだね。」
「5年前は20人が今じゃ200人だ。」
「ははは!」
「お前らどこにおってん?5年前はおれたち寂しかったんだぞ!春野からここまで2週間?あほう、5年と2週間じゃ!!」
「あははは!」
懐かしい人たちと肩組んで笑う。
あの時あの場所で、本当にあたしが抱きしめたかったのはあんたたちだ。
マスコミに取材を受け、サポーターに祝福を受け、栄光の中心にいる今日の試合を闘った選手達。
チームは誰のものだ?この栄光は、だれのものだ?
でも、思った。いつもと同じ事をここでも思った。
サッカーは、みんなのものなんだよ。
ここまでの道のりを、おれたちもまた歩いてきた。
いまさら先輩風を吹かせて今のチームを引っ張る人たちから手柄を横取りする趣味はない。
でもここまでの道を、その小さな一部であっても、確実におれたちも作ってきた。
今と昔、人と人。その一部であったことに誇りを感じる。
「よかったね。」
「うん、よかった。」
たとえ自分たちがなしえなかったとしても、この日が来て良かったと、心の底から思える。

さて、もうすでにこちらをご覧の皆さんはご存じのように大会はカマタマーレ讃岐が2勝1PK勝ちで優勝し、決勝ラウンド無失点のAC長野パルセイロとともにJFL昇格を確定しました。(8日の協会承認が待たれます。)
バンディ・サポとして、こちらの優勝もしっかり見届けさせていただきました。
決勝点はキャプテンマークを巻いたクダのパスから神崎くんが決めてのゴール。終了のホイッスルが鳴ったとき、一瞬動きが止まった讃岐イレブンの中にあって二人が最初に駆け寄って抱き合った姿が美しかったです。あの熊谷で、最後の最後に崩れ落ち、起き上がれなかった二人を見ていました。だからこそ、この場に立ち会えて本当に良かったです。
三回目の地域決勝で、表彰式も初めて「罰ゲーム」じゃないものでした。
セレモニー終了後、たまたまあたしの近くに讃岐関係者の人がいて、なんとクダがひらりとスタンドのフェンスを乗り越えてこっちに来たんです。(結構高低差あったと思うなあ)
バンティ・サポとしてここはきちんとお祝いを言わなければとクリス慌てて王子に駆け寄りました。こっちも2年ぶりかなあ?
「バンディで応援していたクリスです!」
「あ、お久しぶりです。」
「みんなを代表して言わせてもらいます。おめでとうございます!」
「ありがとうございます。」
もうね、サイコーにビューテホーな笑顔でこたえてくれました。
本当は他の元バンディ戦士のみんなにも挨拶して行きたかったけど、表彰式終了までいたのでもう時間がかなり遅かったし、最後も歩いて駅まで帰ることにしていたので讃岐サポのみなさんが口ずさむ「瀬戸の花嫁」を背にスタジアムを後にしました。
讃岐の皆さん、あなたたちはあたしを長野のサポとしても幸せにしてくれただけでなく、大事なバンディ戦士達も幸せにしてくれました。本当にありがとうございます。
もう、カマタマーレ大好きになっちゃいました!なにか機会があればこの恩は絶対にお返ししたいと思います。

美しい3日間でした。もちろん、昇格を果たしたから言えることです。
でも、やっぱりサッカーって楽しい。長いことがんばってきて良かった。
サッカー好きで良かった。サポーターやってて良かった。
この一つのスタジアムの中に、たくさんのあたしにとって大切な人たちがいて、その人達と笑顔で何度も握手や抱擁を交わせた。
サッカーってこんなにもたくさんの人をいっぺんに幸せにしてしまう力があるのだと、芯から実感した3日間でした。
みんないろいろ背負いながらサッカーをやっている。そんな想いを繋ぐのはサポーターだ。
選手だけじゃ、協会だけじゃ、マスコミだけじゃ、人々の想いを有機的につなげることは出来ない。
そこにチームの、選手個人の、あるいは地域のサポーターがいることで人々の気持ちが大きな繋がりとなっていくのだ。
我々は幸せになるためにサッカーをやっている。サッカーは、楽しい。

あたしはひとりだ。ひとりでこの戦場にやってきて、ひとりでここから去っていく。
でも、自分で始めたことをやり遂げた充溢感がある。長野の皆さんに、7年前に約束したことをやっと果たした気持ちになっている。
途中で放り投げそうになったけど、なんとか自分で落とし前を付けることが出来た。
サッカーの神様、ありがとうございます。
ただ夢を見るのではなく、夢を実現しようとするものにとって夢は終わらなければならないものなのだと常に自分に言い聞かせてきた。
あたしと長野の夢は終わりました。
もちろんチームにとってはこれからが大変なのです。でも、あたしのなかでは一区切りです。
この大会で、何が終わり何が始まるのか、見極めようと思ってやってきました。
今はまだこれからどうなるのか分かりませんが、とにかく幸せです。

あたしがスタジアムから出て最初に目にした光景は金色に輝く夕焼け空でした。
春野では空を見る余裕すらなかった。倒れ込み、泣き崩れ、もう何もかも終わりだと思いました。
熊谷の空は真っ白でした。なにもない、残酷な色でした。
市原の空は、黄金色でした。
あたしはひとりでその黄金色に向かって歩き始めました。
ひとりだけどひとりじゃない、そう思えました。

2010年12月 5日 (日)

昇格!

優勝カマタマーレ、準優勝長野、昇格決定!三洋が入れ替え戦、YSCC残念でした。

応援ありがとうございました!

« 2010年11月28日 - 2010年12月4日 | トップページ | 2010年12月19日 - 2010年12月25日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ