フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2010年8月29日 - 2010年9月4日 | トップページ | 2010年9月19日 - 2010年9月25日 »

2010年9月 9日 (木)

なにがなにやら

http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20100909086.html
http://www.sc-sagamihara.com/wp/
町田の後にこのニュースです。

今日は久々に涼しかったですね。
絶望なのか、希望があるのか、訳の分からないこの頃です。

2010年9月 8日 (水)

久方ぶりの雨

http://zelvia.jp/cgi-bin/info/info.cgi?month=201009&num=1273

http://www.youtube.com/watch?v=vZP_7S3vRWw

まあ、腑に落ちないことだらけです。

Jリーグはもう少し柔軟に対応しても良いのじゃないかと思いますね。これから一緒に日本のサッカーを盛り上げていこうと手を挙げている町田に対して新しい仲間として歓迎しますよ、という様子は皆無です。こんなことじゃ国内サッカー衰退しますよ、Jリーグさん。地域密着、と言うことでは地元自治体との連携は欠かせないのに予算が固まって新年度がスタートした4月に他のクラブがどこも満たしていないような新基準を出してきたって対応できるわけがない。納税者はサッカー好きな人ばかりじゃないのにチームの努力だけではどうしようもないことを理由に突っぱねるのはフェアじゃない。フェア・プレー大好きなんでしょ、Jリーグさん?

一方の町田ゼルビア、気の毒なことではありますが、フロントの詰めが甘いと言わざるを得ない。年々クラブのの経営が逼迫するチームが増える中、そりゃあ基準も厳しくなりますからそれを余裕で越えられなきゃ入ってからも大変なのに、半年も前に基準に達してないことが分かっていながらある意味「なんとかなる」でここまで来てしまった。もっとJリーグに何度も確認して、他の入会を目指すチームあるいは最近入会した先輩から情報を収集して、どうしたら昇格できるのかを思いこみを排除して明確にするべきでした。何度も言いますけど半年あったんです。そしてシーズン終了までこれから3ヶ月もあるんです。選手は3日で立て直して結果を出したわけですから。

サッカーは失敗の競技とはよく言われますし、チャレンジしての失敗なら許されるスポーツではありますが、ことクラブ運営に関しては失敗は許されません。背負っている夢、付いてきている人たちが多すぎます。今回の事態はひとえにコミュニケーションの問題じゃないかと思っています。Jリーグも町田も、本当に日本のサッカーを盛り上げたいのならもっとよくコミュニケーションを取るべきだった。変なプライドや遠慮を取り払ってしつこいくらい話し合うべきだった。それこそゴールのためならどんな泥臭いプレーも厭わないで動くべきだったんです。お互いアイ・コンタクトだけで分かり合えるほどこの人達が仲が良いようには思えません。「どうせこんなもんだろう、見なくても分かる」「きっとわかってくれるだろう、言わなくても」じゃあダメなんです。これだけの人を泣かせてからでは遅いのです。ここをきちんと修正していかなければ、何年たっても同じ事の繰り返しでサッカーは健全にまわっていきません。

こういう事が起こるといつも思うことがあります。

「チームは誰のものだ?」

Jリーグのものか?フロントのものか?自治体のものか?はたまた株主か?

選手のものじゃない。サポーターのものでもない。一般市民のものではない。

だれのものでもありはしない。

こんなだれのものでもありもしない、実態も分からない、どうなっていくのかも分からない、「チーム」というふわふわした大きな夢にこんなにも多くの人が関わってこんなにも重い人生を重ねている。

結局チームは「みんな」のものなのだ。

このチームという海に身を投げた以上、ここに漂って仲間と一緒に同じ大きな夢を見たいのなら、コミュニケーションは欠かせないのだ。それ以外にチームを育てる方法はない。

けれどやはり、選手の気持ちを思うと気の毒で仕方がありません。かれらは1年1年、その日その日が勝負です。彼らに来年はありません。それどころが持て余した情熱と猛り狂う激情をどうなだめすかして残りのリーグを戦えばいいのか…あたしが「今年20枚絵を描いたら来年レギュラーの仕事をあげるよ」って言われたのに、どんなに描いても今年一年は絶対1枚も売れないことになったり「この規格で描かないとコンテストに応募できない」って言われてほぼ完成の所に「いやもっと別の規格だったんだ、しかもこの高級画材セットも購入しなければ入賞もない」と通告されたようなものです。もちろんそれだけのために描いているわけじゃないですから描きますけど…

ジョカトーレ、明日はどっちだ?

2010年9月 5日 (日)

サッカーなウィーケンド

いやあ、なかなか楽しいですね。見る方はね。
でもこの暑さですよ?今年の天皇杯の日程には問題有りですね。
それにしても土曜の香川選手のゴールは美しかったですね!セレッソにいる間に生のプレーを見ておかなかったのが悔やまれます。

長崎の試合がTV中継されたので現地に行かずにお家で宴会にしてしまいました。
御免なさい、そしてお疲れ様でした、Eさん!!
他にどんな動きがあったのか、公式はまだアップされていません。http://www.jfl.or.jp/jfl-pc/view/s.php?a=1
まあこちらを参考にしてください。
NHKのスポーツニュースはトップが天皇杯だろうと思ったのに石川遼くんで今は野球やってます。プンプン!!
でもねえ、これですよ↓
http://zelvia.jp/cgi-bin/info/info.cgi?month=201009&num=1267
まあ詳しいことは火曜を待ちましょう。納得いく説明が聞けるのかどうか…

« 2010年8月29日 - 2010年9月4日 | トップページ | 2010年9月19日 - 2010年9月25日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ