フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2010年1月10日 - 2010年1月16日 | トップページ | 2010年1月24日 - 2010年1月30日 »

2010年1月22日 (金)

ブルブルされたり刺されたり

やっぱり腕の筋肉の張りがとれない。
鍼灸接骨院というのは相性が大事。
長野にいるときはエルザのトレーナーの先生がやっていたクリニック。加古川にいるときは国体ボランティアつながりの先生の病院でお世話になっていました。
こちらに来てからはそういうつてもなく、なんとなくずっと我慢していましたが…
今月いっぱいはマイ・プールは改修中で運動不足になりがちだし、自分でやるストレッチにも限りがあるし、なによりここしばらくは寒さもあったのか夜中に腕が痛くて目が覚めることもしばしばで、もう我慢も限界や!

で、昨日、ネットで検索して駅前のよさげなクリニックに行ってきました。
「腕の筋肉がパンパンですね。肘周りも少々炎症をおこしてるみたいです。これはちょっと我慢しすぎましたね。」
「ふえええ~」
ということでまずは肘周りに電気をかけました。
ピリピリ、ブルブル…ああ~、痛気持ちい~☆
続いて腕のマッサージ。これは痛かったな。マッサージ・サロンとは違うもんね。
「原因はなんでしょうね?クリスさん、スポーツは?」
「水泳」
「水泳でこういうのはあまり聞きませんね~。テニスとかしませんか?」
「しませんね。なにかやってて、って思い当たる節はないんですよ。」
「でもそうとう張ってます。家事はお好き?」
「料理くらいですね。他はさぼれる限りさぼりますから(笑)」
「ははは!じゃあ、料理の鍋ふりすぎとか?」
「まさかあ~」
「でも肘から先、辛いでしょう?まともに何も握れないでしょう?」
「そうっすね~。昨日シャンプー・ボトルつかめなかったです。う~ん…絵描くんですよ。」
「絵ですか?パソコン?」
「手描きです。」
「筆圧強いんですか?」
「ははは!そうかも~」
「とにかく蓄積疲労ってかんじですかね?」
「要は…老化ですか?」
「平たく言えば。」
「そうですよね~。今まではこんな事おこらなかったわけですから。」
「自身の治癒力というか快復力が弱くなっては来ますからね、年と共に」
ショボ~ン…
そしてとうとうクリス、人生初「ハリ」やりました!
で、もう!もっと細長いのをツンツンと患部にブッ立てるのかと思いこんでたけどすんごくちっちゃいのをポツポツ2本刺しておしまい!刺さったのもわからなかった。

まだちょっと痛いんだけどね~なんか持ち上げたときとかね。
でも昨夜はばっちり眠れた!朝まで起きなかったの久しぶり!!
もうどんなにブートキャンプがんばっても、MJの映画にコーフンしてもぐっすり眠れなかったからとっても辛かったの~♪
ハリってすごい!なんか来週行くのも楽しみだ!
ああ、でも、しばらく無理しちゃだめって、出来るだけ使うなって…はぁ…

神様。
あたしはなんかここしばらく「無理して描こう」としてたみたいです。
描くことが生きてることだって、どうしても自分が自分であって良いんだって証明して見せようとしてたかもしれません。結局なんの証も立てられませんでしたけど。
そんな絵誰も見てくれません。なによりあたし自身が楽しくない。
ちょっと安めって事ですかね?
心の底から描きたくなるまで、変な焦りや見栄がなくなるまで、描く楽しさを取り戻すまで…安めってことですか?

2010年1月20日 (水)

The way you make me feel♪

今日からベルマーレは宮崎キャンプ☆宮崎行きてぇ~、地鶏喰いてぇ~…
でも行けないクリスはせっかくの小春日和、近所のシネプレックスがハッピー・デーでオール1000円なので映画を見に行きました。

Michael Jackson's "This Is It"
もう無理かと思ってたら近所でロングランやってたの~(^o^)/
やっぱ大画面で見られて嬉しかったわ。素晴らしかったわ、マイケル。
リハーサルで力ぬいていてあれだったら本気出したらどうなっちゃうのよ?全然元気じゃないのよ!?なんでいなくなっちゃったのよ!?
ダンサー達美しかったわねえ。「彼らはマイケルの身体の一部だ」やあああ~ん!なんて美しい一部!なりきれるきみたちは偉大だ!オーディションに受かった子が泣いて喜んでたり若いギタリストの子を励ましたり、永遠の少年のマイケルもいつの間にか次世代を育てる側にまわってたのねえ。
でもどう冷静に見たって彼の音楽は全然古くない!…ってか、かっこいい!!全然妥協しないのに口調が丁寧だったり周りの人たちが凄く言葉を選んでマイケルを傷つけないように気を使ってるところはちょっと独特の雰囲気だったけど(「4年で地球を救う」とか、あたしだったら絶対「おい、おい、マイケル…」って余計なつっこみ入れると思う(汗)!!)ついつい盛り上がってガンガン踊っちゃったりリラックスしておちゃめな表情をしているマイケルを見ると(ステージに立ってるときが一番楽しかったんだろうなあ)ってしんみりしちゃいました。

Sandyもちろんマイケルの好きだった赤と黒でびしっと決めて見に行きました(アホ…)お客さん少ないのを良いことに、ノリノリで見ましたよ。
誰もいなかったら手拍子したり一緒に歌って踊りたかった。
マイケルのダンスを見ていると自然と笑顔でそうなっちゃう。
リハーサルの現場にいた人たちは幸せだなあ
マドンナもプリンスもライブに行ったことがあるけどマイケルだけないんだよなあ…残念だなあ
学校で踊りや独特のしゃべり方を友達と真似したりしたよなあ。

でもやっぱり最後泣いちゃったなあ。残念だなあ。
涙をぬぐいながら客席を立って振り返ると時間帯のせいもあるけど結構年配の人が入っていた。
お互い寂しくなりましたねえ。

映像でも十分非日常に連れて行ってもらいました。ちょっと元気出ました。

2010年1月18日 (月)

JFL今季開幕戦

出ました:
http://www.jfl-info.net/index.html
あれえ?6位に入ったから町田は開幕ホームをゲットしたのかと思っていたのにアウェーかぁ。滋賀かぁ~
ちなみに加盟申請についてはこんな事になってます:
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201001/2010011300983&rel=y&g=spo
怒濤の金沢が申請しなかったのは意外でしたが…来ましたね、山雅と相模原!山雅はJFL新入生とはいえある意味満を持してでしょうがSCSは県リーグでぶちかましました。まさに行け行けどんどん☆今年も楽しみです。
町田にとってははっきり言って昇格のチャンスとしては昨季上がれなかったのはクリス的には想定内だったとはいえ非常に残念でした。なにしろ今季はこの顔ぶれです。たぶん優勝より昇格争いの方が激しいです。Jの枠もそろそろいっぱいになりつつあるし、サバイバルですね、これは。

さて、昨日はお供えしておいたバウムクーヘンをいただきました。

100周年記念バージョンでございます。美味しかった~♪

毎年1月17日が来ると色々考えます。そして明日からまたしっかり歩いていこうと決意を新たにするのです。これからは毎年ユーハイムのバームクーヘン食べることにしようかなあ。
味噌の材料も手配しました。今年も仕込みます。
去年ちょうどこの日敬愛するアンドリュー・ワイエスが亡くなりました。
描きたい対象を何年も何年も見つめ続けた画家です。
(あたしはいい年こいて嬉しそうに男の裸ばっかり描いててええんか?)
そんなことを思い詰めてしまう情けない絵描きですが(泣)あたしはあたしなりに真摯な態度と畏怖の念を持って対象と向き合っていきたいと思います。
今年こそ、グダグダ言ってないでバリバリ描きまくりたいと思います。

2010年1月17日 (日)

明日も光が差すように

No3きみをさらうのは空か風か大地か
今日も明日も明後日も
あたしはきみと行くはずだった
きもとならどこまでも歩いていけるはずだったから

きみをさらうのは時か場所か距離か
きみはきみの夢に向かってまっすぐに脇目もふらずに走るのだろう?
あたしはそんなきみを地の果てまでも追いかけてあますところなく描きとめる
あの一瞬が永遠ならきみを永遠にするのがあたしの役目だ

明けない夜はないというのに 朝が来ない
時は移ろって止めようがないはずなのに きみがいない
ある日突然 あたしはどこへもいけなくなった

どうして
どうして

あの日から何もかもが変わったはずだ
忘れてはいけないのだ
今を生きようと 自分の人生は自分で生きようと 思ったはずだ
あの日から人生は思い通りになど行かないとわかったから
Loversだからこそ 悔いのない人生を生きようと思ったはずだ
だからこそ 明日も起きるのが楽しみなくらい人生を楽しもうと思ったはずだ

なんのために絵を描いてきたか
なんのために生きてきたか
こんな風に悩むこともまた 新たに描きたい何かに出会うためか
描きたい 描きたい この人を、描きたい
そう思える瞬間に再び出会いたいと 願い続ければまた出会えるか?
きみは美しい きみを描きたい
きみは哀しい きみを描けない

あの日から一本の道を迷うことなく歩いてきた
何かに出会いたいなどと無駄なことなど考えず、ただ、ただ、楽しかった
ああ あそこまで行くのだ 行ってみるのだ それだけでいいのだ
全てを見て全てを知って全てを描くことなどできない
わかっていても 楽しかった
だから闇雲に突っ走った
あたしの好奇心や表現力が人を傷つけることがあることなど知りもしないで

ただ ただ 愛しい人を心のままに愛でるように撫でるようにイメージのままに描く
愛しているよ とささやきながら
No11その後の結果などおかまいなし 
受け止めきれない反応と結果
それがなんだ?いままでだれもあたしなんか気にとめもしなかったじゃないか?
大暴れしてやる!振り向かせてやる!天下獲ってやるんだ
そんなあたしの感情の発露、激情の垂れ流し、愛情の無駄遣い
喜んでくれる人がいた 嬉しかった
でも同時に怖くなった
そんなつもりじゃなかったんだよ
あたしを 見ないで

あの日から全てが変わったはずだ
Coachあの日からいろんな人に出会ってきたはずだ
なんのために絵を描いてきたか?
絵を描くのが好きだ 楽しいんだよ 生きてる実感が持てるものがこれしかない
なんで描けない?なにが怖いんだよ?明日が来なくてもいいのかよ?
なんのために描いてんだ?
喜んでくれる人がいたんだよ
あたしの絵を見て あたしを見て あたしを、愛して

情けねぇな なんも成長してへんやんか
それでも15年たってそう思える自分がいることがありがたいとも思う
なんの役にも立たないけれど 少なくとも今のあたしは自分を無駄遣いしてはいない

きみをあたしからさらうのはなにか
あのとき柔らかいきみの手を握ってさらってしまえば良かった
もうきみに会えない あたしは振り返らなかった
永遠なんかない 楽園なんかない
ならばあたしはあたしのこの手できみを永遠にしたい
だから絵を描いているのだ
Maxi_2きみの輝いていいたあの一瞬 きみの生きた証
きみの輝きに出会ったあの一瞬 あたしの生きた証
あたしはきみを さらっていきたい 

« 2010年1月10日 - 2010年1月16日 | トップページ | 2010年1月24日 - 2010年1月30日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ