フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2010年6月13日 - 2010年6月19日 | トップページ | 2010年6月27日 - 2010年7月3日 »

2010年6月26日 (土)

Eyes on You

ウルグアイの移動用スーツがうちのお姉ちゃんの高校の制服みたいで笑える☆

Cheergirl はい、ということで決勝トーナメントが始まりました。
南米、強いです。全5チーム残りました。
高地慣れしているのか南半球慣れしているのか、とにかく南米好きなクリス的には嬉しい結果です。
もちろんアルヘンの優勝を激しく願っておりますが、他のチームも全部がんばって欲しい。でも、悲しいかな、南米同志の対戦があり、どちらかはさようなら。辛いな~
アルヘン以外で今大会クリス一押しは攻めの姿勢を貫くチリですね。
全員守って、全員走って、そしてなにより全員攻める!まさにトータル・フットボール!選手全員がイチローに見えます。時間稼ぎや守りきるなどと言う考えは彼らにはありません。ひたすら激しく、激しく、球に食らいつきます。
格好良すぎます。チリ、かっこいい!!!Windowjack
ホストである南アフリカを始め、アフリカ勢がガーナ以外全て敗退してしまったのは残念ですね。彼らのゴール・パフォーマンスが楽しかったので、あのダンスが見れないのは残念です。せめてセルビアでしたっけ?「なぞな阿波踊り」みたいの?あんな事やってくれるチームが残ってればいいのにな。
日本は余裕がないのは分かりますが、せめて次誰かゴール決めたら本物の阿波踊りを世界に見せてくれませんか?そうでなくてもなんか盆踊り系?みんな輪になって、こう、優雅にね。日本はいま夏だしね。

それから印象に残ったのは「アングロサクソンのど根性」ニュージーランドやオーストラリア、がんばりましたよね。最後の最後まで、本当に諦めずに闘いました。そんな中勝ち残ったのが「ミラクル・アメリカ」。クリス第2の故郷は結構今大会行くんじゃないかと思っています。ドノバン、がんばれ!!髪の毛薄くて背も低いけど、きみはかっこいいぞ!!!

あとねえ、個人的には選手の入れ墨がちょっと気になりますね。入れすぎなんじゃないの、と思うくらい上から肩にかけてびっちりな選手もいます。なんか汚らしい。あと、「なぞな漢字」。良く読んだらとんでもないほのぼの系内容だったりするものもあったりして、トホホ…
まあ、個人の好みの問題ですし、タトゥーそのものは嫌いではないんですが、クリスは大好きなスーパー銭湯に入れなくなったら嫌だから興味があっても入れません。
でもね、絵描きとしては彫ってみたいなと思う。大好きな選手の大好きな肉体に直接あたしの絵を彫りつける。もう一生消えない、あたしの情熱と技術を彼の身体に刻み込む。なんかセクシーよね?
次のあたしのハニーになる選手は気をつけた方がいいわよ~♪ふふふ…

Mayra と言うわけで、寝不足な日々がまだまだ続きますが、がんばっていきましょー
何しろこんなに楽しいサッカーが毎日見られるなんて、ワールドカップならでは!!お祭りを楽しみましょう!
というわけで、今日の挿絵は各国美人サポーターをイメージする絵をちりばめてみました。
個人的にはやっぱアルゼンチンの女子サポがチャンピオンッす!たまんないッす!!Vamos

決勝トーナメント

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20100626-00000038-jij-spo.html
ベスト16が出そろいました。
クリスはポルトガルが一位でグループを突破してくれると信じていましたが二位ということで結果、決勝トーナメントでいきなりスペインと当たることになってしまいました。(チリががんばって一位通過もありかと思いましたが、やっぱスペイン強し!)
この時点であたしのご近所居酒屋優勝予想レースの敗退が決定です。あ~ん、特上国産牛ステーキがあああ~(爆泣)
Cr 困るのは来週のバイトのシフトです。クリスがもっとも見たいアルヘン対メヒコ、ポルトガル対スペインは共に3:30キックオフ。月曜も水曜も出勤なんだよなあ~。オフにしといたんだけど、仕事が入っちゃったんだ。
リオネル、クリスチャーノ、クリスがいなくてもがんばって勝つのよ!準々決勝は週末だから、絶対見れるから!!

ちなみに、日本の決勝トーナメント進出の立役者となった本田くんは近頃一部で「金狼」と呼ばれだしてます。そういうことなんですか、師匠!?

2010年6月25日 (金)

サッカーを巡る4年間

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20100625-00000042-jij-spo.html
関西勢大活躍!
なにしろゴンちゃんから始まった日本代表のW杯ゴールにおいてこれで大阪府出身者のゴールは日韓大会のイナ2ゴール、今大会の本田くん2ゴールで4ゴール。今日の岡崎くん(兵庫県出身)のも入れるとW杯において関西は得点王です!どおよっ!?

Et まあね、「日本代表どうでも良い」なんて言ってきましたからここで手の平返したら女が廃ります。
この勝利を横取りする気はありません。この2年半の間、岡田さんと選手を信じて応援し続てきた人たちだけが心から今「岡田ジャパン、最高!」「ベスト4行くぜ!」などと叫べるのであって、あたしが今言えることは「まずはベスト8を目指しましょう」ということです。

次はパラグアイ!クリスが生まれて初めてお金を払って見た試合が8年前日韓大会時に松本でキャンプしていたパラグアイ代表と浦和レッズの親善試合でした。
そしてその場で応援していたパラグアイ・サポーターの皆さんがあまりにも楽しそうで、その時初めて「観戦」から「応援」へと気持ちがシフトしたのです。
つまり29日はクリスにとっては「恩返しの試合」になるわけです。
ちなみに予選ラウンドではカメルーンやデンマークを応援している日韓大会時のキャンプ地の皆さんがやたら取材を受けていたけど、松本にも今取材班が急行しているのかしら?それとも今は松本は山雅一色でパラグアイを応援している人なんかいないのかしら?
ロケ・サンタクルス選手は当時まだ20歳でかわいかったわよお~☆今じゃすっかりいい男さんでチームの中心になっちゃったけど、今でもお砂糖山盛りの甘あ~いコーヒーがお好みだったりするのかしらあ?やあああ~ん、ロケったららぶりぃ♪

朝の3時起きして試合を見ました。

みんな良く攻めていました。良く守っていました。そして良く、走っていました。

オシムさんのイメージしていたものとは若干スタイルが違うのかも知れないけれど、日本の「走るサッカー」というものを体現していたと思います。
やっとくんのゴールを見て思わず泣いてしまいました。
このゴールのために、やっとくんのドイツ大会はあったのかとさえ思いました。
思えばサッカーのゴール見て泣いたのはあのベルギー戦の師匠のつま先シュート以来です。
本田くんがゴール前で岡崎くんにパスを優しく出したのにもグッと来ました。
いつもなら「自分でいけ!」って言うところですが、今日はあれで良かったと思います。
FWに、岡崎くんに、点を取って欲しかったので。

ドイツ大会は本当に辛かったので、やはり「W杯の借りはW杯でしか返せないんやな」と思いました。
申し訳ないけど、決勝大会と同じやなと思ってしまう自分がいます。
4年前、ドイツ大会が始まる直前にあたしは愛していたチームとお別れしました。
その前年の決勝大会が惨い結果に終わり、サポもチームも分裂状態でした。
だから余計に、ドイツ大会の惨敗は傷心の自分に追い打ちをかけるものでした。
でも、その悔しさをバネに、あたしはサッカーの現場に戻って来れたのかも知れません。
その後バンディに出会い、決勝大会の予選ラウンドを突破してリベンジを果たすことも出来ました。仲間と目標に向かって闘う楽しさを思い出させてもらいました。
馬鹿にした奴らを見返してやりたい、選手達や応援してくれた人たちとの約束を果たしたいとの一心で作品を描き、発表し、売り込みをしました。
結果画集を出版したり全国誌に作品を掲載してもらうことが叶い、会えるはずもないと思っていた選手と対面が叶ったりもう会えないと思っていた選手と再会することも出来ました。
すべてはサッカーのおかげです。サッカーを諦めなかったからです。

あたしの絵も夢も、サッカーと共にあります。
どうでもいいと言いながら、日本代表が決勝トーナメントに進出してこんなに嬉しいのはやはり彼らがただのチームではなく「みんなの代表」だからでしょう。
ライバルだと思っていたチームに昇格の先を越されたり、応援していた選手が別のチームに行ってしまったり、自分があまり応援できていないときに限ってチームが躍進したり、サポーターとして複雑な気持ちになることがあります。
でも、今日は素直に嬉しい。
サッカーが好きなら、サッカーは「サッカーが好きなみんなのもの」なんだから、みんなの代表の全日本が勝ったらそりゃ素直に喜べばいいのだと感じました。
「日本代表」そのものをそれほど応援してきたわけでも信じて付いてきたわけでもないけれど、あたしはこの4年間、今日試合に出たり出なかったりした選手達をJリーグで応援してきました。代表に呼ばれなかったり、今では「元日本代表」としか呼ばれなくなった選手を応援してきました。あるいは今日活躍した選手の出身校の後輩であったりする選手や日本代表などとは縁がないものと決めつけられている下部カテゴリーの選手達を一生懸命サポートしてきました。
そんなこんな全部ひっくるめて、あたしらの悔しさや楽しさや喜びや悲しみを全部ひとまとめにして「みんなの代表」は今日勝ってくれたのです。
だから素直に、感謝したいと思うのです。
ありがとう、日本代表。愛しているよ。

2010年6月23日 (水)

アルヘン、B組1位突破!

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20100623-00000014-spnavi-socc.html
はい、ごめんなさいディエゴ&選手の皆さん。
あたしはメディアではないですが、確かにアルヘンはB組2位通過だと思っていました。だから6月28日は出勤でシフト組んでしまいました!!ああ…
それだけでも「罰」を受けたと思っていたのですが、やっぱりちゃんと謝らないとディエゴ許してくれそうにないから謝っときます。なぜなら…

今日はお休みで、「世界最強の社会人チーム」ニュージーランドの闘いぶりを見てちょっと感動し、町田ゼルビアが近所でTMやるって知って見に行ったのです。

TM@LEOCトレーニングセンター(東戸塚)
横浜FCvs町田ゼルビア(45分X3)
062310 ってなわけで、先日連敗から脱出し、次節天皇杯シード権がかかるホームゲームを控えた町田がW杯お休み中のJリーグ勢とTMということで東戸塚練習場に出かけたわけですが…

なにしろ、ほれ、今日は3時起きしてアルヘンの試合見たもんだから、ほんの数分のJR乗車中も爆睡しそうだったクリス。東戸塚では睡魔と、そして風雨との闘いでした。
なにしろ最初から小雨交じりだったのが2本目あたりからもの凄いことになって、ちょうどコートの方から観覧スペースに向かって横殴りのもの凄い雨が吹き付けてきて、もう、メンバーとか、内容とか、スコアとか、さっぱりわからないの。たしか1本目が0-0で、2本目が横浜が2ゴール、3本目が町田の2ゴールだったような気がするけど、だれが決めたかも分からない(T0T)ずっと傘を自分の面前に掲げ持ってたもんでね。あの時ほどビニール傘がうらやましかったことはないわ!
もういったいなんのためにわざわざ行ったのやら…許して、アルヘンの皆さん!

あ、でもう、生キング・カズが拝めたから良かったのかな?Amigos
キングは怪我からの復帰中だから一人別メニューだったのかしら?観覧席のすぐ前で入念にストレッチをして、TMが始まる前にはお引き取りに…
も~う、チョ~格好良かったしっっっっっ!!!クリス、叫びそうだったわよ!!!
でもってお帰りになるので(サインもらわなっ!!)と用意したスケッチブック握りしめて立ち上がったんだけど、東戸塚Gはファン・ゾーンが決められていて、そこ以外は立ち入り禁止なのね。でもってそのゾーンが観覧席のど反対側!ダッシュで走ってもカズより先にゾーン到達は無理でした。ハア、ハア…
馬入だったら河原で待ちかまえていれば底引き網漁よろしく引き上げる選手を全部まとめてホイホイ捕まえられるんだけどなあ~

やっぱり罰ゲームな練習見学でした…はい(涙)
…って、帰ってきたらめっちゃ晴れてるしぃぃぃ~

2010年6月21日 (月)

クリスチャーノがゴオオオ~ルウぅぅぅぅっっっ!!!

Cl 師匠並みに代表ではゴール・マイレイジをためまくっていたクリスチャーノがついに、ついに、W杯本戦の舞台でゴールを決めました!
もう、この際、なんだっていいのよ!ゴールはゴールよ!これで気分良くブラジルと闘って気分良く決勝トーナメントに行くんだからあああああ!!!

さ、次だ、次!!スイス対チリだ!予選リーグ屈指の好カードだあ!!

2010年6月20日 (日)

一喜一憂禁止!

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20100619-00000116-jij-spo.html
ま、こんなもんです。
敗因は、岡田采配でしょうか?何しろ今日の彼は全然クリスの指示に従いませんでした(笑)。
スナイダー選手のシュートは素晴らしく、敵を褒めるべきでしょうね。
初戦で何も得たわけではないと申し上げましたが、今日は何も失ってはいないと申し上げましょう。
こうしてみるとドイツ大会では本当に気持ちがずたずたにされたんだなあと思います。負けは負けですが、今日はドイツの敗戦の時のような辛い負け方をしたわけではないですから。予選リーグの敗退が決定したわけでもないですから。
もうあの時ほど思い入れが強いわけではないですから負けても悔しくないのも事実で、でもやっぱり勝てば嬉しいし負ければ悲しい。デンマーク戦はクリスのハートをわしづかみにするような感動的な試合をしてください。
カメルーン対デンマークの結果次第ですが、とにかく最終戦までもつれ込みました。やれやれ、金曜は超早起きしないとね…
個人的には長友くんの好感度がさらにアップしています。カメルーンに勝ったとき一番素直にうれしさを表していたし、その後も表情が生き生きしていて目が輝いています。ワールドカップ、楽しいんだなって見ているこちらまでウキウキしてきます。金曜日はあなたのためにがんばって早起きするわ!

ってなわけで、まったりな土曜の夜…あ、もう、日曜。
小芝居の一つでも♪
「やあ、ハニー、帰ったよ」
「お帰りなさい、ウェスリー」
「おれの名前はヴェスリーだ。ダーリンの名前くらい覚えろよ。」
「だってあなたの名前って「スナイダー」だったり「スナイデル」だったりややこしいんだもの。」
「きみがいいかげんなんだよ。つい最近までおれのチームも日本のなんだっけかな…」
「ガンバよ、ガンバ大阪!」
「ああ、その、ACL優勝したとかいうチームと勘違いしてたろう?確かにユニフォームは青と黒だけど。」
「それぐらいわかってるわよ!あたしがガンバ好きなだけよ!!」
「怒らないでよ、ハニー。そう言えば今日の試合にはエンドーもでていたけど、きみの言っていた不思議なPKは見る機会がなかったな。」
「コロコロPKね。世界の平和のためにもぜひあのらぶりぃな職人芸を南アフリカの皆さんに見ていただきたかったのにぃ~」
「おおげさだなあ…そんなことよりおれのゴールは見てくれた?」
「見たわ。今日のは素晴らしかったわね。」
「久しぶりに褒めてくれるんだね。」
「今日はプレーも落ち着いていて良かったわ。」
「だろ?日本の選手は大人しくて、おれのことをチビだとかなんだとかって煽ったりしないからな。」
「ばかね。日本人があなたのことをチビ呼ばわりするなんて自分の首閉めるようなもんじゃない。」
「確かにおれより小さい選手もいたけど…だからってばかはないだろう?今夜は活躍したんだからもっと優しくてよ…」
「なにすんのよ!試合のあった日はちゃんとご飯食べてさっさと寝なきゃいけないのよ!!さあ、食事よ!」
「また山盛りのザワークラフトから食べなきゃいけないの?おれコロッケが食べたい。」
「あんた達オランダ人は揚げ物ばっかり食べてるからいけないのよ!!ちゃんと頭で考えて食べてるからあんたより小さなナガトモはああやって最後まで走り回れるのよ!!一日でも長くプレーしたかったら出されたものは文句言わずに食べなさい!」
「まったくハニーはいつも厳しいんだから。もう決勝トーナメント進出も決まったようなもんだし…」
「放して!!そんなぬるい考えだと決勝トーナメントの一回戦で負けちゃうんだから~」
「だってハニーだって大会中セックスOKのアルゼンチンは素晴らしいって言ってたじゃないか!!」
「アルゼンチンはOKなの!!ラテン系だから!!あんたたち「ヴァン・ゴッホの息子達」はもっと真面目にやらなきゃダメなの!」
「ちぇ~、なんだよ~」
ウェスリー・スナイダーの闘いはまだまだ続く…

« 2010年6月13日 - 2010年6月19日 | トップページ | 2010年6月27日 - 2010年7月3日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ