フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2010年5月30日 - 2010年6月5日 | トップページ | 2010年6月13日 - 2010年6月19日 »

2010年6月 9日 (水)

おれで良ければ

中学3年時の担任が定年退職ということで大阪の町から同窓会の案内が来た。
卒業してからもう30年が過ぎている。若かった熱血先生ももう還暦か。
あたしには故郷というものがないので義務教育時期を過ごしたこの大阪の町を「ホームタウン」としている。
その町で人生一番長く過ごしたのは「たまたま」でしかなく、今は家族も親類も住んでいるわけではないので訪れる「理由」は特にない。でも、当時の親友とは今でもメールのやりとりがあるし、帰省や旅行で通過するとき時間があれば必ず立ち寄ってあたしの日本での「最後のクラスメイト」たちと旧交を温めたりしている。
でもバイトのあたしに有給休暇はなく、さすがに長期の休みがあるわけでもないこの時期に夜の会合参加は難しい。泣く泣く欠礼はがきを投函した。

幹事はあたしの親友のダーリンで二人は当時のクラスメイト。恩師は仲人だ。
彼らは今でもあの町に住んで、子供を産んで、家庭を築いている。
あたしは卒業式の一週間後に渡米したのだけれど、あれからずっとあちこち動き回り、今も落ち着かない。
あの頃はみんな同じ制服を着て、同じ教室で、同じ黒板に向かっていたのにな。
30年ぶりの同窓会か - 盛り上がるんやろな。
さしずめ「ずっと好きやったんやで」の告白大会か?がんばれよ、みんな。

日本に帰国してからこっちさっぱりモテないあたしだけど、結構面と向かって「好きだ」って言われることは一度や二度じゃないんだぜ。
ただこれが自慢にならんのは相手が女だったりこどもだったりなわけでね。
むかしおれのことが一番好きだって言ってくれた子がいたな。
ちっちゃくて色白で、目とおっぱいがでかくてチワワみたいなかわいこちゃん。
グルメとブランドものが大好きで、男を平気で使い走らせる、ある意味「あの時代」のお姉ちゃん。
とんでもねえ浪費家でとても付き合っちゃらんないと思ったけど、阪神タイガースが大好きで、電車でおばあちゃんに席譲っちゃうような気の良い娘。
「あたし、やっぱりクリスがいっちゃん好っきゃわ」

夕暮れのグラウンドで、迎えが来ない男の子。
「なあ、おばちゃん」
「なんや」
「あの電車に飛び込んだらどうかな?」
「電車は飛び込むもんやない。乗るもんや。」
「そうやな…」
「電車乗ってサッカーでも見に行こうや。その方が楽しいで。」
「うん…なあ、おばちゃん。」
「なんや?」
「おれ、おばちゃんが好きや。」

おれに何が出来る?
好きになってくれてもなんもでけんで。
チワワなあの子は脳外科医と結婚して三児の母。
一度でもおれを一番好きだと言ってくれたから、川沿いの街に会いに行った。
きっとブランドもののベビー・グッズに埋もれてセレブな育児生活かと思えば、どんよりと顔色が悪くて元気がなかった。
サッカー小僧はやっぱり誰も迎えになんか来なかった。
一緒に試合を見に行って、タオマフ買ぅてあげるくらいは出来るけど、きみをさらってどこかへ連れてなんか行けへんやろ?
おばちゃんはきみのお母ちゃんにはなれへんもんね。
おばちゃんは風来坊。きみを残して町を出て行く。

おれで良ければ会いに行くよ。おれで良ければ話を聞くよ。
おれはなんにも出来んけど、おれで良ければ好きになってくれ。
おれはずっと愛してもらいたかった。でもそれ以上に誰かを愛したかった。
一生で、一度でも誰かにきちんと愛してもらえれば、後は前を向いて生きていける。
でも、誰かを一生懸命愛したことがなければ、自分自身を愛せない。
おれはこんな生まれつきやからね、ずっとそばにはおれんから。
そのかわり、離れても絶対忘れんから。
もうおれのことなんかお前が忘れてしまっていても、おれを好きだったことすら忘れてしまっていても、おれはしつこく忘れないから。
いまでも、いつでも、どうしているんだろうって、想いをはせているから。

好きになってもらっても、あたしにはどうしようもない。
そのかわり、会いに行くから。
そのかわり、抱きしめるから。
すぐにあたしはいなくなるから、もう二度と会えないかも知れないから。
後で後悔しないように、泣いているこどもの魂を抱きしめる。
そうじゃなきゃ、高飛車なあの娘がどんなに柔らかいかわからない。
そうじゃなきゃ、生意気なあの小僧がどんなにか細いか分からない。

Doushite 絵描きはモデルに恋なぞしない。
でも描いている間は愛してる。
ある時デッサンのクラスでモデルを初めてやる子がいて、モデルが照れると描く方も照れるので、クラスがざわついてしまった。
でもあたしはデッサンが大好きで、描き始めると没頭するので気にせずとっとと仕上げた。
その子がね、おれの絵を見て泣いたんだよ。
「こんなに綺麗に描いてもらって…ありがとう。愛してるわ。」
正直申し訳なかった。(なんだよ、このシロウトは。おちつかねえモデルだな。めんどくせぇ)と思いながら描いていた。彼女のことなんか知らない。彼女の身体だけ愛していた。
なのにおれの絵を見て泣いている。絵を描いて感謝されたのは初めてだった。
「あたしこそ、ありがとう。また、このクラスに来てください。」
でもあたしは日本に帰ってしまった。

売れない絵描きの常套手段。身体目当ての一発勝負。
きみの身体の向こうにあたしが見ているものが分かるか?

モデルに恋なんかしない。おれが愛しているのはお前の身体。
雨の季節になると思い出す。
悔し涙を流して握り合った手。
おれで良ければどうにでもしてくれ。
悪いのはおれだから。わがままなのはおれだから。
一度でも好きになってくれたことを忘れない。

2010年6月 8日 (火)

あってん!

お騒がせしましたが、ケータイ見つかりました!思っていた場所ではなかってんけど、最後の心当たりで今朝見つかりました(^O^)

いやぁ~反省、反省。とりあえずあたしとそれ以上に大事なあたしの家族・友人・知人の個人情報が守られて良かったです。やっぱちょっと疲れてんかなぁ?

ワールドカップを前にリフレッシュが必要なようです。

2010年6月 7日 (月)

ないねん!

クリス、ケータイなくしました!!
ショックっす!!どこでいつなくしたかもさっぱり分かりません。
明日最後の心当たりを探して、それでもなかったら機種替えです~(泣)
4年間愛用した青と黒のガンバ・カラーやったのにぃ~

とりあえず、電話も受けられませんしメールを送ってくれても見れませんので、あしからず。
ああ、どこかでおいらの着メロが鳴ってるんやろか…

2010年6月 6日 (日)

ワールドカップどころじゃないので

http://www.kansaisl.jp/
バンディは何とか勝利を収めたようです。順位は変わらず6位ですが、上を目指してこれからもがんばってほしいです。あたしにとってのバンディはそういうチームだったはずなので。

http://www.jfl.or.jp/jfl-pc/view/s.php?a=1
こちらはとうとう三連敗です。長いリーグ戦、負けることはあるでしょうが連敗はいけません。
それにもう長いとはいえ前期も14節、開幕直後の快進撃でゲットした貯金も使い果たしてしまった感があります。
優勝をねらっているチームのはずです。しかし「昇格ノルマ60」すらHondaと印刷が迫っている中難しく、このままでは4位も危ぶまれます。

疲れもあるでしょう。噂が本当であれば野津田のピッチ・コンディションもかなり心配な状態のようです。そしてこのチームの昇格へ向けてのある意味一番懸案事項である集客に向けてもチームが勝てないことほど不安材料はありません。相馬監督が都度都度「気持ちの部分での修正」とコメントしているのも気になります。
現場に立っていない自分は偉そうなことは言えないのですが、やっぱりこれはね、かなり厳しい状況です。

« 2010年5月30日 - 2010年6月5日 | トップページ | 2010年6月13日 - 2010年6月19日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ