フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2010年5月9日 - 2010年5月15日 | トップページ | 2010年5月23日 - 2010年5月29日 »

2010年5月18日 (火)

パレードがやってくる

バイトを始めてほぼ3ヶ月、引っ越ししてからほぼ2ヶ月。
がんばっている母ちゃんへのご褒美、とばかりにおにいちゃんが日曜日、湘南ベルマーレvsガンバ大阪の試合に連れて行ってくれました。
そう、あたしが彼を引っ張っていったんじゃなくて、彼があたしを招待してくれました。
できるだけガンバ応援席に近いところに座りましたがまわりは緑と青の皆様で、知り合いにも出会ったりして、ちょっとフクザツな立場のクリス。
そういう状況になるのは分かっていたのでさすがにガンバ・ユニ(07シーズンに森岡さんとモトキと伸くんにサインしてもらったからなんやらバンディチックなんやけど)は着ていけませんでしたが、下着は青と黒だったぜ!!
試合中もガンバのゴールが決まる度に溜息をつくおにいちゃんのお友達の皆さんの横で耐えに耐えました。(思わず立ち上がって拳を握りしめるもガッツ・ポーズではなく頭を抱える…みたいな…)
今度ガンバと対戦するときはちゃんと自分でお金を払って正々堂々とビジター席で声出したいと思います。
でもサイコーに楽しかった、感謝するぜ、息子よ!!

Yatto 試合は前半1-1で折り返すも後半はガンバが格の違いを見せる形で2点追加して勝利。ガンバ・サポは気持ちよくやっとくんを南アフリカに送り出すことが出来ました。
写真は試合後、日本代表関係のセレモニーは何もなかったのにずっと待っていたサポのためにやっとくんが一人でビジター席の前までやってきて挨拶をしているところ。このあとサポに日の丸を渡され、大歓声で見送られることになります。ちょっと感動的でしたね。
あたしも「ヤットオオぉー!南アフリカ、がんばれええぇ~!!」って叫びました。W杯の前に直接やっとくんに声を届けられて良かったです。Photo
アウェーにもかかわらず長々と居座るガンバ・サポを温かく見守ってくださって、ベルサポの皆様、ありがとうございました。

日曜の晩はうっすらとした上弦の月の脇に金星が輝いてまるで指輪のようでした。
屋台もいっぱい出ていて食べ物も美味しく(筋肉量の測定やってたから試したかったけど佐世保バーガーに並んでいたら終わっちゃってた(泣)、花火も上がって、とってもお祭り気分☆
久しぶりのサッカーって事で、それだけでも嬉しいのに、自分が身近で応援してJ1昇格したチームと対戦するために自分が長年愛してやまない心のホームタウン・チームが試合をしにやってきてくれる。多くのサポーターの皆さんが大阪から駆けつけて懐かしい関西弁で喋っている。なんだかジーンときちゃいました。
もちろん皆さん、あたしのために来てくれたわけじゃありません。でも、なんか遠い町でがんばっているあたしを励ましに故郷の仲間が来てくれたような気がして嬉しかったのです。

試合後も友達となにやらやっているおにいちゃんのためにしばらくスタジアムに留まりました。
たまたまメインゲート前が明るかったのでそこにいたんだけど、JFAの原博美さんや解説の小島伸幸さんなどが続々関係者出口から出ていらして、西野監督なんかずう~っとそこで関係者の人と立ち話してました。(ちなみにすこぶるご機嫌でずっとニコニコ喋ってられました。あんなに笑顔の西野監督初めて見ました。)声かけようかなあって思ったけど、そこにずっと立ってられるとかえってタイミングがつかめないんだよね。(ううう~ん、おれの朗がそこにおんのにいいい~っ!!!)
あたしはただの「息子待ち」でしたが、「選手の出待ち」の人たちが周りにいて、その日始めてプレーを見てスピード感あふれるサッカーにすっかりクリス魅せられてしまったスーツ姿の宇佐見選手までご登場!(うわっ、サインもらわなっ!!)と思えど何度も言いますがその日のガンバ・グッズ所持率はゼロ。手に持っていたのは来場者に配られたベルマーレ応援フラッグ。諦めました…
その後ベルマーレ関係者と立ち話するときニヤニヤしないように気をつけたり、撤収中のテントの鉄棒で腹にミドル・キックを決められたり、結局家にたどり着いたのは10過ぎてたりとか、いろいろ疲れたけど楽しかったよ~♪やっぱ、サッカー楽しいよ~♪♪おにいちゃん、ありがと~♪♪♪

2010年5月16日 (日)

今日はこのへん

今日はこのへん
サッカー・ライフ、再始動!

« 2010年5月9日 - 2010年5月15日 | トップページ | 2010年5月23日 - 2010年5月29日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ