フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2010年1月3日 - 2010年1月9日 | トップページ | 2010年1月17日 - 2010年1月23日 »

2010年1月16日 (土)

うちでよかったら…

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20100116-00000016-dal-socc.html
なんぼでも下宿させてあげる!!!
納得のいくおうちが見つかるまで好きなだけおってええよ~☆
美味しい関西風の味付けのご飯も作ってあげるし、練習場に送迎もするし、家探しも手伝ってあげるからうちにおいで、イナ!

さてさて、昨日のマッサージのおかげで腕のハリがかなり収まりました。
いやあ~、やるやるとは聞いていたけどここまでやるとは、イケメン恐るべし。
ありがとうTくん!国家試験がんばってね~♪
でもって今月末にはこんな楽しそうなイベントがあるようです:
http://www.sc-sagamihara.com/100131.pdf
対戦相手もの凄い豪華!!天気良かったら行きたいなあ、マサキくんは今年もいるのかなあ…くらいの気持ちでしたが、こりゃ行かなければ!
駐車場も心配だったけど、シャトルバスが出るのか…小田急やん。JRはないのか?
楽しみだなあ~☆

2010年1月15日 (金)

ショックだな~(泣)

http://www.bellmare.co.jp/?p=11784
若い、まだ若すぎるよ、原竜太!!
Autographあ~、公式見てびっくりして悲しかった。
まあねえ、若いからこそ今から第2の人生構築するのも早いかもしれないけど…でも、まだまだ十分高いレベルでやれそうだったし、彼の力を必要としているチームがいくらでもあると思ってたんだけどなぁ~
残念、残念です。
去年最後に練習見学行ったときも「次どこへ行っても応援しますからがんばってください」って言ったらまっすぐこっちの目を見て「ありがとうございます」って握手してくれたんだけどな。あの時はもう決意が胸の中にあったのかな。

この寂しさと感謝の気持ちを泳ぎに込めてリュウタに捧げるわぁ~って今年の初泳ぎをしようとマイ・プールに向かったら、改修工事中でした…ダブル・ショック(爆泣)
こちらをご覧の皆様はご存じの通り基本クリスは泳ぎに行くときは小学生のように服の下に水着着用で家を出るのでこういう場合恥ずかしさの気持ちの持って行きようがありません。
で、たまたまマッサージの割引券を持っていて、そもそも腕の筋肉の張りを何とかしたいと思って泳ぐことにしたので、プールからクリニックへ直行しました。
ところが、まあ、奥さん、今日の揉み師がイケメン!!
やあああ~ん、クリス今日は泳ぐ気満々だったからノーメークにジャージ姿という一見(おっさん?)な外見(しかもアンダーには競泳水着着用)!残念っ!!残念だっ!!!
イケメンは元野球青年で現在整体院で働きながら鍼灸師の資格を取得するための勉強中だとか。
おお、さっそく施術中スポーツ談義で盛り上がろうと鼻息も荒いクリスでしたがあたしの筋肉はそれを実行するにはあまりにも疲労が蓄積しすぎておりました…
「ああ!」「うっ!」「へへへ」「ひ~っ」「はうっ!」
ってなもんで40分間変な声上げっぱなし。
最初は「かなり張ってますね」と憐れみのまなざしで慰めの言葉をかけてくれていたイケメンくんもだんだんこらえられなくなったのかクリスが唸るたんびに笑いをかみ殺していました。
「今、笑ったやろ!?」
「す、すみません…クスクス…あ、いや…(笑)相当ひどいですね。」
「いやあ、それほどでも~」
「褒めてません(汗)なにか治療やケアは?」
「全然。ここへきたのも10ヶ月ぶりくらい。」
「いけませんね。今日これで和らいでもまた繰り返しになります。」
「針でも行こうかな~。きみ早く資格とってよ。」
「1年待っていただけますか?」
「そんなに待っとったら肩が回らんようになるわ~」

まあ、ちょっとショックなこともあったけど、イケメンにめちゃめちゃにされて(!)楽しいこともあった真冬の昼下がりです。

2010年1月14日 (木)

愛の年輪

今日は町田で相馬ゼルビアの始動日ってぇことで今年はサッカーフェスもなかったことだし、練習見学行ってみようかと思ったんですが…
ご覧になりまして?昨夜のNHK「歴史秘話ヒストリア・愛と苦難のバウムクーヘン」!!
ドイツ人のカール&エリーゼ・ユーハイムさんが創業した神戸の老舗中の老舗「ユーハイム」は今年100周年!あたしも神戸のおじさんや仁川の叔母ちゃんのおみやげはいつもバームクーヘンやフランクフルタークランツで、バタークリームやホイップクリームがあまり好きではなかった渋い子供だったあたしはお誕生日ケーキは「ユーハイムのアップルパイ」をリクエストしていたくらい思い出深い洋菓子店です。

TVを見て知ったのですが、ユーハイムさんは第一次世界大戦中捕虜として来日し、大阪、広島の収容所に拘束された後横浜で第1号店をオープン。その後関東大震災で被災して今度は神戸に移り住み、そこから「神戸のユーハイム」の歴史が始まったそう。
彼らが移り住んだ場所、全部あたしとかぶってる!!(もちろん、ドイツは行ったことないですが…)
もう俄然懐かしくなっちゃってバウムクーヘンがどうしても食べたくなり、朝から藤沢店に直行しました!
こちらはフランクフルタークランツ。今日のおやつ。アップルパイはなかったぁ~(泣)中学の時仲良かったサッカー部の男の子に初めて作ってあげたスイーツもアップル・パイ。もちろん目指すはユーハイムのような。でも出来上がったのは月とすっぽんな代物(当たり前か…)。ま、相手は美味しいって言って食べてくれたから良いんだけどね~やあああ~ん、何思い出させるのおおお~っ!!!
バウムクーヘンも「100周年記念バージョン」を買ってきました。こちらはちょっとお供えしてから日曜日にでも☆

でもってせっかく藤沢に出たので趣味の献血♪
クロスウェーブ待合いスペースのベルマーレ選手サイン入りユニフォームに軽くガッツ・ポーズしてから成分献血。今日は血漿でした。処遇品はカレーをゲット。
帰りにはいつものタイ料理屋に寄ってパッ カパオ。血流回復ッ!!

さて、さて、小野伸二に続いて稲本潤一の日本復帰が確定しましたね。
同い年、同じ年に海外移籍を果たしたライバルは共に同じ時期に海外挑戦に幕を引くのでしょうか?ま、それはともかく…イナのフロンターレ入団はビックリだなあ。
川崎は嫌いなチームではないですが、小野選手と違って稲本選手は生まれも育ちもガンバ大阪で、移籍後はずーっと海外でしたから日本に帰ってくるときはガンバだと思いこんでいただけにちょっとショックです。
でもまあ確かに今イナが戻ってこれるスペースは熟成状態のガンバにはあまりないかもしれないし、イナがフロンターレにタイトルをもたらす救世主となることをこっそり地味ぃ~に応援しますよ。

入団と言えば町田は12名の新メンバーが発表されましたね。何だか偏差値の高そうな人も…
http://zelvia.jp/cgi-bin/info/info.cgi?month=201001&num=873
「後輩」もいろいろ入ってきてこりゃうかうかしてられませんな、イシくん?
去年は全試合出場しチーム内で最多プレー時間の選手となりました(えらい!)が今季はどうでしょ?まあ満足するような人間ではないと思うので、今シーズンも魂込めて走り抜けてください。

あ、ちなみに「ヒストリア」のあとは「SONGS」でNOKKOが出てたな。
同年代なんだよね。なっつかしいなあ、ずいぶん見るの久しぶりだよなあ、ちょっと太ったよなあ…などと言いつつ楽しみました。
人前で歌うのが久しぶりなのか歌唱にぎこちなさを感じましたが最後の「Someday」は良かったな。あれが今の彼女なんだろう。
歌いたいもんが見つかったんだね。楽しそうで何よりだ。

あたしもがんばるど。

2010年1月13日 (水)

江の島散歩

天気も良いので江の島に行ってきました。
ヨットハーバー。
東京五輪の折にはヨット競技の会場になった由緒正しき港でございます。美しいでしょう?この近くには遊歩道や親水公園もあってこどもたちが小さい頃になんで遊びに来なかったかなあ、と残念に思いました。
まあね、こういうお船を所持しているお金持ちな方々の来る場所だとは思いますがね…でも、見るだけでもすんごい楽しいよ!あたし加古川に住んでる時もよく別府港に行ってボーっとするの好きだったもん☆
写生をしていらっしゃる方も見受けました。クリスもスケッチブックを開けようかと思ったのですがなにぶん風が冷たくてへこたれてしまいました。
サッカーは過酷な天候もなんのそのなやさぐれサポですが絵は落ち着いた環境でなきゃ描きたくないへたれです。
老舗旅館の岩本楼さんの横の路地を抜けた裏っかわにこんな浜辺がありました。こんなひなびたプライベート・ビーチで素敵なダーリンとまったり過ごしたいわぁ~♪
江の島猫。通称・えのにゃん。
去年来たときもお伝えしましたが江ノ島にはたくさん捨て猫がいまして動物愛護ボランティアや商店街有志の皆さんがお世話をしていらっしゃいます。http://www.pets-j.com/etc/news/bk/aninews010315.html
参道の傍らに世話をするに当たっての必要経費や怪我をした猫の手当や避妊手術のために寄付を募っている小箱がおいてあります。今日も「撮影料」としてクリスも心ばかりの募金をしてきました。
どうかみなさん、江の島に猫を捨てないでください。ペットは最後まで愛情と責任を持って飼いましょう。
本日最大の目的は江島神社へお参りすること!
http://www.enoshimajinja.or.jp/index.html
銭洗い弁天で小銭を清めて参りました。龍神様、今年こそ金運アップでお願いします!!
そしてなにより、弁財天さまといえば芸術の神様です。「芸人・クリス」としてはここはお参りしなければならんでしょう!?家族のお守りとは別に琵琶の形をした芸能上達守をゲットして帰りました。

良い気分転換になりました。実際は正月の間は忙しかったので実感がわかないものなのですが、新しい一年のスタートですね。

2010年1月12日 (火)

さっぶいなぁ~

アップしてたと思いこんでいたらしてなかった金曜の鉄床雲。
写真じゃ伝わらないかもしれないけど、ホンット凄かったのよ、この雲!この雲が呼び込んだのかここのところえっらい寒いですな~。
味噌ラーメンをお昼に作って、七味たっぷりかけちゃいました!
7日は七草がゆ、昨日は鏡開きでお汁粉と、季節の行事を律儀に実施しましたがこのへんには神社がないの~。お正月飾りや息子の書き初め、どこへ持って行こう?

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/hs/88th/headlines/20100112-00000015-dal-socc.html
いやあ、昨日はちょっと説教くさいことを書きましたが初出場初優勝は素晴らしい、おめでとう!というのを忘れていました。あたしもまだまだです。
この記事によると夏に総体で負けたあと全員丸刈りやったんですってね?知らなかったわ~。じゃあ、それからみんな散髪するヒマもなくがんばって昨日はあんなに長くなっちゃってたのね?ごめんなさい。

84回大会の野洲高校以来初優勝が続いているそう。たしかにそうよね。
ちなみに2007年ってハーフタイムショーのアクトは絢香ちゃんじゃなかったっけ?
実は「I Believe」とか「三日月」がヒットしたときはあまり興味がなかったんだけどあのハーフタイムで「夢見るセブンティーン」を聞いて彼女が好きになりました。
ちょうど昨日の決勝が始まる前NHKでは「絢香ラスト・ステージ」の再放送やってました。
たった4年前なのに、22歳で彼女も激動ですね。
「休養の決断はやはり夫の影響が大」と彼女は語っていました。
バセドー氏病のことはよくわかりませんが、しっかり休んで必ず戻ってきてほしい。
一つの家に二つの才能というのは難しい関係かとは思いますが、お互い助け合って良い家庭を築いていただきたいですね。

さて、寒いけど暖房我慢。祝日翌日だから公共プールもお休み。
夕方はPTAのパトロール当番だからこたつで寝ちゃわないように日記書いてみました。

 

2010年1月11日 (月)

大人はセルフ・プロデュース

成人の日は1月15日であるべきかとは思っているのですが、お正月明けの三連休はスポーツ・イベントが目白押しで楽しいですね。
帝京大学がラグビー優勝したり、女子バスケでJOMOが勝ったりしていましたが、クリスは久々にTVでHTB杯見たりしていました。大倉山には行ったことがないけれど、旭川に住んでいた頃はおにいちゃんがクロスカントリー・スキーをやっていて少年団の中にはジャンプをしている子もいました。
クロカンの練習は毎週2回ほど夕方に中学生と一緒に行うのですが旭川の冬は3時半頃でもうすっかり真っ暗!氷点下10度台のなか南極観測隊もかくやと思われるような重装備で練習を見学していました。

サッカーも名波さんが引退試合を行ったり、小野伸二選手の清水移籍が発表になったり静岡は盛り上がっていましたが…さて本日は高校サッカーの決勝でしたね:
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20100111-00000026-kyodo_sp-spo.html
碓井主将、インタビューでは「あざぁ~っす!」ではなく「ありがとうございました。」とちゃんとご挨拶しましょう。興奮していたのはわかりますがちょっと残念でした。あたしがお母さんなら帰宅第一声は「おめでとう」ではなく「今晩は夕飯抜きや!」で、おしりペンペンです。
だいたいあたしはサッカー大好きですが、サッカー選手ってぇのはどうしてダラダラへらへらしてんのかと嫌になっちゃうことが多いです。
高校野球を見てください。あれが全て良いとは言いませんが、同年代の子を持つ親としてはあっち方向で子供を育てたいとは思います。
誤解していただきたくないのですがクリスは何よりも自由を愛する女です。軍隊式や体罰も辞さないようなスパルタは嫌いです。でも、高校生くらいサッカーでも坊主で全然良いし移動は全て全力疾走でもいいんじゃないかとは思います。なぜなら - ダサくても強い、絶対その方が格好いい。
校歌も歌っていない生徒が両校とも多かったです。母校の歌に誇りを持てとかそういう精神論は置いておいても、試合の前に大声で歌って気持ちを落ち着かせたり腹筋をほぐすことを考えないのでしょうか?ベンチやスタンドにいる他の選手や応援の人たちと一体になろうとは思わないのでしょうか?キックオフ直後からいきなり大声が出るのでしょうか?玉を蹴っていなくてもいろんなことをサッカーにつなげて考えることは出来ます。
全てをサッカーのために、自分が人生を賭けているものに集中させる。そういう時間は必要です。

高校サッカー選手権の決勝が成人の日と重なって久しいです。
だからいつも決勝戦を見ながら大人になるってどういう事だろうって思うようになりました。
大人になったら自分をプロデュース出来た方が良いと思います。
先の主将インタビューもそうですが、日本のマスコミはもう少し若いアスリートを育ててやるつもりで仕事をしなければなりませんね。
みんなが選手に対してお友達感覚でなあなあな対応をするからキチンとしゃべれるアスリートが日本では育たないのです。
ふざけているのか照れているのか、何か面白いことを言えば気の利いた大人になったつもりになっている選手が多い。
そんなことが本当に面白くスマートにやれるのは一部の関西人とゴンちゃんくらいです。
何も面白いことなんか言わなくて良い。真面目な受け答えの何が悪いのか。
若い選手の皆さんは覚えていてほしいのですが、世の中みんながみんなサッカー好きでもなければあなたのお友達ではないのです。ひとたび公共の電波に乗れば一瞬で広い世界にあなたの言動は放たれるのです。
応援席に向かっては思いっきり喜びを爆発させればよろしい。その方が君たちを支えてきた人も報われるというものです。でも公共の電波に対してはもう少し距離を置いた方がいい。
なにも感情を押し殺せとは言っていません。表現における公私の区別を覚えてほしいのです。
「これからもがんばるので応援よろしくお願いします」
通り一遍の言葉を喋って終わりは心が通いません。自分の言葉で喋ることは重要です。だからこそ、場数を踏んで適切な言動が出来、それにさらに個性を付加できるようにするのが経験です。経験は一晩では積めない。だから焦る必要はない。
どんどん出て行って、どんどん喋って、どんどん失敗すればいい。
あたしがいい加減なポルトガル語でブラジル人に話しかけているのを見て「ポルトガル語喋れるんだ?」って聞く人がいるから「喋れないよ。喋れないから喋れるように喋ってるんだ」と答えたことがある。あたしはそうやって英語を習得したから。
世の中の人は皆、あなたの両親やあなたを大事に思っている人たちのように、あなたを理解しようとあなたの言葉に耳を傾ける人たちばかりではない。
身内だけにしか通じない話しかできないものが世界を目指せるか?
(たとえ宇宙人にだっておれをわからせてみせる!)それくらいの気持ちで「説明できること」が自分をアピールすると言うことだろう。
どうか「言語」を手に入れてほしい。それは言葉かもしれない。技術かもしれない。態度かもしれない。機械かもしれない。絵、かもしれない。
とにかく自分の言語を手に入れてそれを武器に世界に打って出ればいい。「コミュニケーション」とはそういうものだと思っている。
面白いことを言ってやろう、なんて色気を出す必要はない。いろんな経験を積み重ねれば、自然ときみの話は面白いものになる。
焦らず大人になればいい。世界はきみを待っている。

« 2010年1月3日 - 2010年1月9日 | トップページ | 2010年1月17日 - 2010年1月23日 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ