フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2010年2月28日 - 2010年3月6日 | トップページ | 2010年3月14日 - 2010年3月20日 »

2010年3月 9日 (火)

またまた、あたしが日本代表だった頃の話

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100308-00000017-eiga-movi
ビグロー監督、受賞おめでとうございます。
「ハート・ロック」を見たわけでもないし彼女のファンでもないし「女性初」という修飾語はお嫌いみたいだけど、やはり表現することに志を持つ同じ女性として素直に彼女の快挙をお祝いしたい。

個人的にはプレゼンターがバーバラ・ストライザンドだったのが良かった。
彼女はアメリカでもっとも成功した女性スターの一人だと思いますが、ちょうどあたしがアメリカに住んでいた頃はコンサートや舞台には出ていなかったけど商業的にはアルバムや映画での彼女の絶頂期でした。
(なんぼでも歌えるな、この人は)というのが彼女の声を聞くたんびにあたしが持った感想です。
彼女はよく自分のでかい鼻をネタにしていて自分の容姿にコンプレックスを持っているようでしたが、そんなところも日本人としてのアイデンティティーに揺らぎ、女としての自分に自信が持てないティーンエイジャーだったあたしには共感できました。
(見かけなんてどうでもいい!自分が好きなことを思いっきり表現して良いんだ!)

彼女は闘士でもありました。常に社会や慣習や常識と闘ってきました。
1983年にYentl(えっと邦題は「愛のイェントル」とかでしたっけ?)というユダヤ社会で勉学に志を持つ女性の物語を初監督しています。たしか公開当初は限られた数の映画館でしか上映されておらず、あたしは上映館を探してアフリカ系の友達と見に行きました。
正直勉強の方は苦手でそれぞれ歌手を目指していた黒人の友達と絵描きを目指していたアジア人のあたしには話の内容は共感しにくいものでしたが、今にして思えば彼女とあたしは「バーバラが作った映画」を見に行きたかったのだと思います。
表現者として常に闘ってきた彼女が今度はどんなものを見せてくれるのか、と言うのがあたし達の興味だったのです。
確かこの作品でゴールデン・グローブの監督賞は取ったもののバーバラはアカデミー賞を逃しました。(ついでにラジー賞なんかも獲ってた気がする…汗)
作品そのものにさほど感銘を受けなかったくせに一緒に映画を見た彼女と「残念だ」「やはり女性監督への差別だ」「それともユダヤ社会に対する偏見か」などと盛り上がったものです。
思えばあの頃は何かにつけて「外国人としてどう思う」「マイノリティーとしてどう思う」「女性としてどう思う」といった立場を前提とした発言をよく求められていました。今はないことです。
自分が何者であるか、考えずに過ごす日々です。
自分が選んでもいないのに人間には生まれながらにしてすでに背負っているものがあり、生まれながらにしての格差があり、生まれながらにして期待され押しつけられているレッテルもある。
日本を出てアメリカで暮らすようになって初めて心の底から実感しました。
「性は変えられないし、映画制作も辞められない」ビグロー監督の言葉です。
誰にも頼まれもしないのに15歳で「日本代表」の立場に立ってこどもなりに日の丸背負って暮らす中で(ああ、ああ、あたしはやっぱり日本人やし、女やし、ちっぽけやん。どんなに偉そうにしていても変えられへんし、やめられへん。)と悟りました。
思考停止状態に陥りがちな今日この頃ですが、久しぶりにバーバラ・ストライザンドを見て色々思い出しました。
知らない間に背負っていてありがたさを感じるものもあるわけで、その一つが「先人の苦労」というやつで、あたしも初対面の人が「日本人には昔世話になったから」と親切にしてもらったことがあります。
それはやはり何十年もの間日系人の方々が現地で真面目にがんばってこられたり、ジャパン・バッシングなどあった時代でしたがそれでも当時の駐在員の皆さんが誠実に仕事に取り組んできたからこそ、なんの関係もないフラフラした小娘でもきっと良い奴だから面倒見てやるかということになったんだと思います。
関係ないと思ってもやっぱりどこかで繋がっている。社会に生き、生活を営んでいる限り人間ってのはそうなんでしょう。
だからいろんなめんどくさいことも辞められないんなら、やっぱりそれを受け入れた上で前進あるのみです。
あたしはしょうもない貧乏性なので自分を「芸術家」だなんて呼べない。
時間があると(みんなが働いてるのに絵なんか描いててええんか)と思ってしまう。
でも今みたいに時間がなくなると(ああ、絵だけ描いて暮らしてぇ)と思う。
まあこれがあたしの人生なのでしょう。「性質は変えられないし表現も辞められない」ってとこですかね。

(告知)
TAGSTOCKでアーティスト名検索も出来るようです。登録ネームは「ChrisTee」です。サイドバーにリンクも張りましたのでよろしくお願いします。

2010年3月 7日 (日)

湘南TMvsパルセイロ&県社会人選手権準々決@風雨の馬入

I'm singing in the rain~♪…あ、どうも、この一週間バイトと引越作業に明け暮れていたクリスです。

開幕しましたね、Jリーグ。湘南は残念ながら1-1で山形と引き分けてしまいましたが(しかもオウンゴール!)今日は越リーグ一部のAC長野パルセイロとTMということでクリス、久々のサッカー観戦に出かけて参りました。

湘南は昨日出場した以外のの選手中心で、結果から言いますと1-2でパルセイロの勝ちです。Tm ものすごく寒く冷たい雨が吹き付ける中それでも見学に来られていたベルサポの皆さんには申し訳ありませんが、クリス的には出かけたかいがありました。
なにしろ5年前までクリスはパルセイロの前身、SC長野エルザを激しくサポートしておりましたのでパルセイロはいわば「古巣」。そのチームがあたしの町にやってきてJ1のチームにたとえTMだとしても勝っちまうというのは感慨深いものがあります。
もちろんあたしが応援していた頃は町のサッカー好きが手弁当で集まってサポートしていたアマチュアに毛の生えた程度の小さなチームでした。今のように毎回1000人2000人のお客さんが試合に駆けつけ、たくさんのサポーターがゴール裏に陣取り、元Jの選手もたくさん在籍しているチームだったわけではありませんが…
とにかく悪天候の中セットプレーから続けて点が取れたと言うことは選手の自信になったことと思います。今年は試合以外の部分でも色々と難しい状況だとは思いますが、リーグ戦がんばって、ぜひ決勝大会で会いたいと思います。

ちなみに、今日は前半は怪我でスタメンを外れてビデオ係だった選手と並んで土手から観戦。お互いホームタウンが近いと言うことで久しぶりに関西弁で盛り上がりました!後半は遠いところから駆けつけたサポーターの皆さんとピッチ横で観戦。てっきり長野からと思いましたがなんと転居し県外になっても応援しているとのことで今朝は6時出発だったとか!(あ、いまもまだお帰りの途中でしょうな)試合終了後は5年前まで監督だったKコーチにご挨拶も出来ました。

Sくん、早く怪我を治して活躍して人気者になってね!4時間ドライブの皆さん、安全運転で!アウェー・サポ同志、今年もがんばりましょう♪Kコーチ、勝って良かったですね。決勝大会で会いましょうね☆

さて、さて、TM終了後は横の芝生コートでやっていた神奈川県社会人選手権準々決勝を後半から観戦しました。
Sfc こちらはイケイケのSC相模原対フットワーククラブでスコア4-0でSCSの圧勝です。前半は1-0で折り返したそうですが後半3得点の固め打ち。来週の準決勝に駒を進めました。
こちらも悪天候にもかかわらず多くのサポーターの方が来場して声を出しての応援もなさっていました。
準加盟申請も通った今年、SCSにとってこのトーナメントこそが今季もっとも大事でしょう。どこまで行くのか?去年ほど試合は見れないと思いますが、こちらも注目していきたいと思っています。

それにしても、やっぱりサッカーは良いですね。
天気が悪くてもそれなりに楽しい。勝てば嬉しい。仲間に会えるのもこの場所です。
傘も壊れてびしょ濡れになってしまいましたが、鼻歌歌いながら帰路につきました。

« 2010年2月28日 - 2010年3月6日 | トップページ | 2010年3月14日 - 2010年3月20日 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ