フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 馬入で井上陽水を口ずさむ | トップページ | 2日目です »

2010年10月16日 (土)

バトル・ロワイヤル

いやあ、チリの崩落現場事故33人全員救出は感動的でしたね。
最初は救出用縦穴を掘るだけでも何ヶ月もかかるし、カプセルで救出が始まってからも一人当たり1時間は必要とか言っていたのに穴は競争させてあっという間に空けちゃったしカプセル作業もどんどんスピードアップしたもんね。
ラテン系だからだらだらしてるとか、認識を改めないと!
ワールド・カップでもそうだったけど、チリの攻撃を貫く姿勢とチームワークは素晴らしい!!そしてどんなときにもユーモアを忘れないところもかっこいい!!!

さて全社です。
http://www.jfa.or.jp/match/matches/2010/shakaijin/index.html
いよいよ今日から始まります。
チーム、サポーター、クラブ関係者の皆さん、地獄の5連戦楽しんでください。
もちろん、地決ねらいのチームにとってはとても楽しめるものではないでしょうが。
ただ兵庫大会を運営ボラとしてサポートした経験から言わせてもらうと主催者側から見れば全社は基本的に来年の国体のリハ大会。本大会に向けてのスタッフの肩慣らし。
他の大会ではあまり見られない綺麗なお花や飾りで来場者は歓迎してもらえます。地元の方からフリー・ドリンクや豚汁などを振る舞ってもらえることもあります。どうかそういう試合周辺のふれあいも楽しんでください。
あまりサッカーに興味のない人も会場運営に関わっていると思われます。サッカーを初めて生で見る方もいるはずです。それなのにいきなりこんな真剣勝負ですよ?
「サッカーって面白いなぁ。すっかり好きになってしもたわ。」と私に語ってくれたボランティア仲間のおっちゃんや「応援席見てる方がおもろいわ。」と、翌年の国体サッカー会場に連日足を運んでゴール裏にやってきてくださったおばちゃんもいました。
ある意味選手、スタッフ、サポーターはサッカーの親善大使です。どうか山口でのサッカーの盛り上がりとサポ増員のためにもがんばってください。

にがつさん:

直接電話やメールをするとまとまりそうにないのでこんなブログの隅におまけのように書いています。
卑怯です、許してください。

励ましのお言葉をありがとうございました。
不覚にもこどもの前で泣いてしまい、ちょうどタマネギを刻んでいたので怪しまれずにすみましたが、慌てました。
サッカーで泣くときはいつもと違うところから涙が出るのです。
いつもと違うのではんぱない量が出るし、どうやって止めたらいいのか分かりません。

どうしたらいいのかわかりません。
まだ気持ちは整理できていません。気持ちを切り替えようと思って出かけたのに、まさかあんな事になっていたとは思いも寄りませんでしたから。
にがつさんの仰ることは全くその通りなのです。サポとしてそうあるべきだと、心から思います。
でもあたしはそんな風に自分が振る舞えるのかまだ自信がありません。

ただそうですね、ここで投げ出してしまっては6年前の繰り返しになります。
逃げても後悔するだけなのは経験から分かっています。
せっかくにがつさんのお力添えもあって取り戻した絆を、勇気をふり絞って握り返した手を、またあたしの方から放してしまっては弱虫を通り越して人としてダメだと思います。

いまそこにあるジョカトーレのプレーを愛そうと、誓ったばかりです。
腹をくくって現実に対峙出来るようになったらやはりサッカー場に帰ろうと思ってはいます。
それまでは、そうですね、まずはしばらく夏の間にだぶつかせてしまった身体を鍛え直すところから始めましょうか。
ひょっとしたら地決の決勝ラウンドに行くかもしれませんからね。

« 馬入で井上陽水を口ずさむ | トップページ | 2日目です »

社会人サッカー」カテゴリの記事

コメント

ふれーっ ふれーっ!
また いいことやまほどみつけようぜ!

にがつさん

本当にいつもありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/49756297

この記事へのトラックバック一覧です: バトル・ロワイヤル:

« 馬入で井上陽水を口ずさむ | トップページ | 2日目です »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ