フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« Long Hot Summer | トップページ | 羽田空港 »

2010年9月22日 (水)

中秋の名月

なんだか忙しい。でも、いろんな出会いもある夏の終わり。
さて昨日、クリスの「岩手のハニー」からうれしいものがとどきました!Photo
こちらをご覧のバンディ・サポのみなさま、お気づきでしょうか?寺光峰竜選手のサインやよ~。岩手でがんばってまっせ~。Tatsuやあああああ~ん、あたしのかわいいたつくんがあああああ~!!!こんなに素敵なセクスウィー・サッカー・プレーヤーにいいいいい~!!!

さてあたしらはお互いの名前の前にいつも「大好きな」を付けて呼び合う気色の悪い選手とサポという関係なわけやけど、たつくんとは家族ぐるみのお付き合い。ご両親にもすっかりお世話になり、ありがとうございました。
今回のプレゼントにはナイスなお手紙も付いていました。たつくんが一生懸命書いてくれたのが伝わってきてクリス思わず…(泣)ありがとう。子供はかわいがって育てるもんやな。そうやってこんなにかわいげのある男が育つんやで、っていうえぇ見本がたつくんです(^-^)
きゃあああ~、大好きなたつくん、おれら刈谷の決勝大会まで一緒の車で行った仲やもんなあ?後部座席であ~んなことやこ~んなことも…って、ご両親も一緒やったゆうねんっっっ!!!パパ、ママによろしう~。姪っ子たち元気?あたしの教えを守って立派なサポーターになるんやで、って言うといてな!

声ずいぶん長いこと出してない。
でかい声で叫びたい。

あたしのうちの近所の八百屋さんには威勢の良いお姉ちゃんが店頭に立って毎日元気に大声で呼び込みをやっている。
ぜひゴール裏に来ていただきたいほどの見事な美声で、隣近所の競合他店を声で殴り飛ばしてる感じ。
あれこそ天職だね。

一方のあたし。
毎日事務仕事で忙しくてお月見ものんびり出来ない風情のなさ。
あたしの天職はなんだ?
仕事にやりがいとか人生の意味とか自己実現を求めちゃいけないのは分かっている。そんなのはあくまでも 結果としてついてくればラッキーなもの。
それでなお、生きてる実感を得られる職を生業とすることが出来ればこれほどの幸せはないだろう。
多くの人がそれを「夢」と呼ぶ。
なかにはそんな夢を実現しようとする - だって夢は実現してこそだろ?
そんなにたいそうなことか?そんなに難しいことか?
ちったあ才能があると自覚してその道を志すことにしたんじゃないか?
ああ、けれど、夢の実現への道のりはイトカワよりも長いのか?
休みも早朝から部活に出かける息子の後ろ姿を見ながら思う。
きみが楽しく成長していける、そんな世界をあたしは用意できているか?
あたしはきみの母親という立場を他の誰にも渡したくないから、ある意味これも「天職」かとは思う。でも、それだけの楽しさを与えてくれたきみに、あたしが用意できた社会はこれか?
おいおいそれどころか、あたしは?このいつまでも成長しない、このあたしは?

そんなことを友より届いた落花生最中をほおばりながら思う。
(ありがとう、にがつさん☆涙が出るほど美味しいよお~☆)
(kai 0さんもわざわざ時間を割いてくれてありがとう~!)
夢はいろんな出会いもつれてくる。全てには意味があって、無駄なことなんかないだろうけど。
それでもやはり、時々どうしようもなく心が塞いでなんでこんなことやってんだろうかと辛くなる。

夢への実現に向けてまず目前に掲げた目標を、自らの意志ではなく他人に奪い取られたら?大人の事情で諦めさせられたら?大きな世の中の流れに押し戻されたら?
前しか見ていない人間が突然目標を奪われたらどんなに弱々しい姿になってしまうのか、あたしは何度も見てきた気がする。
ああ、そう、人ごとじゃないな。あたし自身、何度もそんなことがあるわけで。
「夢を諦めるな」
そんなこと簡単に言うもんじゃない
本気で夢を追いかけた事がない奴に言われたくないや
「よくわかるよ」
あんたになにがわかる?
あんたがあたしのなにをしってる?なにをみた?何を感じた?

相談相手を選ぶ権利くらいあたしにもある。
でも言葉なんか選んでられないから。
やっぱりまっすぐあたしの所に来てくれる人に、どうしても心を預けてしまうから。
だからきみにもまっすぐに言葉を届ける。まっすぐにきみを見つめる。まっすぐに会いに行く。
がんばれ、と
言うもんじゃないと最近は心理学者がTVでのたまう。
あたしは覚悟もないのに言うな、という。
言うだけなら九官鳥だって言えるんだ。
だけど言うからには、絶対お前を一人にしないよ。
ずっと応援してるから。ずっとそばにいるから。ずっと見ているから。
だから、がんばれ
くじけるな、負けるな - お前を見込んだあたしを裏切るな

« Long Hot Summer | トップページ | 羽田空港 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/49530633

この記事へのトラックバック一覧です: 中秋の名月:

« Long Hot Summer | トップページ | 羽田空港 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ