フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« ようやくお彼岸 | トップページ | 中秋の名月 »

2010年9月20日 (月)

Long Hot Summer

あなたはあたしの上で死ぬ
お腹いっぱい美味しいあたしの血を吸って、あたしにつぶされ死んでいく
楽しかったでしょう?幸せだったでしょう?気持ちよかったでしょう?
あなたは死んだことすら気づかずに、あたしの上で死んでいく
ばれないと思ってたんでしょう?わかってたわよ、当たり前
痛い思いはさせないわ、一瞬で決めてあげる
無惨に潰れたあたしの上のあなた
その身がまみれている血は、あなたのもの?あたしのもの?
短いあなたの一生はこうして終わってしまったのに、あたしはあなたのことなんかすぐに忘れるの
思いを遂げられて嬉しかったでしょ?成仏なさい、モスキート
あなたのことなんか覚えてられない - だってすぐに次が来るんだもの
さよなら小さな吸血鬼
小さなふくらみにバッテン十字のおまじない
あたしはあなたの最後の女
あなたのことなんかすぐに忘れる

…あ、どうも、過ぎゆく夏に贈るクリス最新のポエムでした。
いやあ、もうね、絶対この夏は終わらないぞ、なんて思っちゃいましたけど、ようやく気温も下がって参りました。
こどもたちも新学期が始まり、たちまちヒマがなくなってブログ書く間も絵を描く時間もなかなかありません。いかん、いかん…

こちらをご覧の皆様はもうご存じの通りクリス、サッカーの前は相撲やってました。
ですからただいま9月場所真っ最中の横綱白鵬関連勝記録更新の話題は外せません。
正直昔ほど相撲を見てもいないので横綱の素晴らしさには素直に感動、とはいえ思い入れはありません。
ただ、土曜日の結びの一番は心が震えました。
緊張の面持ちで土俵に向かう横綱。相手の稀勢の里も臆することなくぶつかっていっていて好感が持てました。そして何より会場の雰囲気!
あんなに張り詰めて、観客の気持ちが一点に集中している取り組みを見るのは久しぶりでした。相撲はああでなけりゃいけません。横綱の一挙手一投足に沸き返る館内。あれこそが国技館のあるべき姿ですよね。楽しそうだな、両国。
(ちなみに伊勢ヶ浜部屋の善富士さんはうちのおにいちゃんと高校の寮で相部屋だったの!今は確か序二段くらいだと思うけど、がんばってます!応援よろしくお願いします。)

そしてその日のNHK解説は九重親方!千代の富士!いやあああ~ん、相変わらず素敵☆頼もしい後輩の活躍に嬉しそうでしたね。
記録の更新と言うことで何度も22年前の映像が流れました。千代、格好良すぎっっっ!!!
府立体育館や国技館を走り回っていたあの頃の自分に一気にタイムスリップしてしまいました。そして相撲を好きになったきっかけも。

千代の富士の弟弟子に北勝海関というお相撲さんがいて今の八角親方です。NHKのスポーツニュースでわかりやすい解説が好評ですが、小さい身体にもかかわらず兄弟子の背中を追いかけて横綱にまで上り詰めました。
実はクリスと同い年。社会に出て間もない頃、同い年の青年が大きな相手に懸命に闘う姿に感動し、そこから入りました。
ちなみにJリーグを見始めたのも貴花田、今の貴乃花親方が宮沢りえちゃんと婚約していた頃関係者の談話を報道していて親友として登場したのがカズ。で、そこから興味を持って、Jリーグが始まって、TVで見るようになったの。つまりあたしにとってカズは最初「キング」ではなく「貴花田の親友」だったの。
そしてコンフェデで鈴木隆行選手と出会ってサッカーにのめり込むわけですが、今にして思えばやはりあの時もへたくそだとか才能がないとか言われながらもチームのために懸命に闘う、チームスポーツとはいえなぜか孤独な雰囲気を漂わせていた鈴木選手に感動したのかも知れませんねえ。

この大変な時期、一人横綱でがんばる白鵬関には頭が下がります。(千代の記録が抜かれるのかぁ、時は移るなあ)と少々感傷的になりましたが、もうこうなったら双葉山の記録更新目指してがんばってください!!!

« ようやくお彼岸 | トップページ | 中秋の名月 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/49503086

この記事へのトラックバック一覧です: Long Hot Summer:

« ようやくお彼岸 | トップページ | 中秋の名月 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ