フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 人はいつ大人の言語を手に入れるのか | トップページ | 猛暑お見舞い申し上げます »

2010年8月23日 (月)

これでいいのだ

♪よんじゅう、いっさい~のはぁるだぁからぁ~♪
あ、どうも、いつの間にか尊敬するバカボンのパパより年を取ってしまったクリスです。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/golf/headlines/20100823-00000004-gdo-golf.html
いやあ、たいしたものですね、宮里選手!今年はとにかく絶好調。彼女の場合はここ4,5年の積み重ねがあればこその成績ですから、まさに来るべき時が来た、ということなんでしょうね。

こちらをご覧の皆さんに、来るべき時は来ましたか?まだですか?

小さい頃はバカボンのパパみたいな大人になって、バカボン一家のような家庭を持ちたいと思っていました。
あこがれのバカ田大学には行けなかったけど、綺麗なママをお嫁さんにすることは出来なかったけど、それなりに楽しくやってます。

あまりね、なりたいあこがれの存在がなかった子供だったの。
(あんな風にはなりたくない)ってのなら山のようにいたんだけどさ。
だけどね、アメリカ行って、アメリカの女の人は老いも若きも輝いて見えた。
特に仕事もお家のことも楽しくこなしながら自分の夢も忘れない友達のママ達はまさにあたしのあこがれの存在だった。
彼女たちはあたしのロール・モデル。
理想のタイプなんてないけれど、あたしは男でも女でもなりたいと思う人を好きなる。

毎日一生懸命働いて「さあ、帰ったぞお~!何作るか?」ってわめきながら帰宅と同時に怒濤の勢いで夕食を作り、子供らとワイワイ食卓を囲む。
美味しい者食べて、美味しい酒飲んで、こどもや犬に絡む。
風呂から上がれば洗濯機を回しながら絵を描く。
(売れなくたって負けないもん!あたしには描いてほしいって言ってくれるハニーがいっぱいいるのよ!やあああ~ん、どうしてそんなに素敵なの!?あなたを描くわ!世界中の人に見てもらうのよ!!)
幸せやん。十分、楽しいで。

なりたい大人になってると思う。
来るべき時は来てないかも知れないけど、一生来ないかも知れないけど…
これで、いいのだ。

答案用紙の空気が読めない息子だけれど、母の身体を気に懸けてくれたり、思わぬ発想で母が期待する以上の反応を見せる彼にまた別の「大人の言語」の取得を感じる。
先生がきみのアートを理解してくれるかはなぞだけど、あたしはきみというこどもがあたしの家族で心から楽しい。

上を目指してがんばる仲間に聞いたことがある:
「なりたい大人になってるか?」
なかなかチームが勝てない、自分も結果が出せない、そんななかじれてるかと思って聞いたのだけど、彼は明るい声でこう答えた:
「なってるつもり。だってやりたいことをやってるんだよ?」

そうだ。そうだ。結果ばかりを求めても幸せにはなれない。
今このときを、楽しまないでいつ楽しむ?
おれは描く。きみは走れ。
さあ、一緒にサッカーで幸せになろう。

« 人はいつ大人の言語を手に入れるのか | トップページ | 猛暑お見舞い申し上げます »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/49231975

この記事へのトラックバック一覧です: これでいいのだ:

« 人はいつ大人の言語を手に入れるのか | トップページ | 猛暑お見舞い申し上げます »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ