フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 泣いているのはきみかぼくか | トップページ | Don't cry for me Argentina♪ »

2010年7月 3日 (土)

ブラジル敗退!今夜はアルヘン!

日本代表は帰ってきて休む暇なく取材や表敬訪問をこなしているようでお疲れ様です。
当初からあたしが日本代表に望んでいたのはやっとくんの活躍だけでしたから本当に嬉しかったのですが、今まで栄光の79年組が「ゴールデン・エイジ」と呼ばれてもてはやされてきていたのにガンバでは王様でも代表では一人取り残されていた感のあるやっとくんがこうして活躍し、また何かと比較されて「谷間の世代」と揶揄されてきた松井選手や大久保選手、阿部選手の年代が中心となって今回の代表を引っ張ったのは喜ばしいことだと思っています。
良かったね、という感じです。
今後の関心は代表の中で一番W杯を味わい尽くしているようだった長友くんがこれからどこへ羽ばたいていくかということです。
どこへ行っても応援していこうと思っています。

さて、もちろんワールド・カップはこれからが佳境ですが…
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20100703-00000018-spnavi-socc.html
あ~あ、強い強いと言われていた、前半では山本昌邦さんも褒めてばっかりだったブラジルにもこんな事が起きるんですね。
ってなわけで、さっそく恒例の「小芝居」をひとつ:

「やあ、ハニー、ただいま。」
「おかえりなさい、ウェスリー。」
「ヴェスリイだ。試合見てくれた?」
「見たわ、さっきの再放送。」
「なんだ、ライブで見てくれなかったの?」
「だって昨日プールでめっちゃノっちゃったからいっぱい泳いで疲れちゃったんだもの。今朝は早く起きてお弁当作らないといけなかったんだもの。」
「W杯より弁当かよ?」
「もちろんW杯は大事よ。だからちゃんと再放送見たんじゃない。素敵だったわ、西村さん。」
「そっちかよ!?」
「だって日本人が準々決勝のピッチに立っているなんて素晴らしいじゃないのよ?」
「確かに公正なジャッジだったけど…そうじゃなくて、ダーリンの活躍を見てないのかよ!?」
「見たわ。大活躍だったわね。ゴールの後の笑顔が可愛かったってお母様が喜んでらしたわ。」
「おふくろとは話してるのかよ!?」
「ほら、ニシンのパイを届けてくださったのよ。あなたの好物なんですって?」
「おれはコロッケが好きなんだ!!なんで女はおれに野菜や魚ばかり食わそうとするんだ!?」
「あんたが揚げ物ばっかり食べたがるのが悪いんでしょう?」
「そんなことよりおれの活躍だろ、ハニー!?」
「ああ、全部ゴールに絡んで素敵だったわ。」
「だろ?前半はブラジルのマークにイライラしたけどな。まあ、きみの密着マークならおれはいつでも大歓迎なんだけど…」
「なにするのよ!そんなことしてる暇があったらパイ食べなさい!ママががっかりするわよ!」
「なんだよ~。準決勝進出したんだからご褒美くれてもいいだろ?」
「甘い!砂糖のように甘いわよ!これからずっとラテン系との闘いが待ってるのよ!あんたたちヴァン・ゴッホの息子達はストイックにがんばらないと彼らのマリーシアにやられちゃうのよ!」
「見たろ、おれが一発決めればあいつら精神的にガタガタになっちまうのさ。きみにも1ゴール決めさせてくれ、ハニー!」
「放しなさい!あたしの枠をとらえようなんて300万年早いわよ!」
ウェスリー・スナイダーの闘いはまだまだ続く…

« 泣いているのはきみかぼくか | トップページ | Don't cry for me Argentina♪ »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/48787042

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジル敗退!今夜はアルヘン!:

« 泣いているのはきみかぼくか | トップページ | Don't cry for me Argentina♪ »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ