フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 明日やろうはばかやろう | トップページ | ブラジル敗退!今夜はアルヘン! »

2010年7月 2日 (金)

泣いているのはきみかぼくか

http://southafrica2010.yahoo.co.jp/news/ndetail/20100701-00000598-san-socc

お帰りなさい、日本代表。関西空港、楽しそうでしたね。
手の平返しは絶対すまいと誓っていましたが、岡田監督の帰国会見のお話しおよび「仕切り」はナイスでした。
PKは仕方ないです。よく頑張ったと思います。コマちゃんもご両親(!)も全然悪くありません。
ただいかんせん得点力不足は否めません。取り組むべき課題です。

負けてから日韓大会のトルコ戦やドイツ大会のブラジル戦の後のことを考えていました。
正直日韓大会ではまだお茶の間サポであったあたし自身決勝トーナメントに進んだことですっかり安心してしまっていましたし、トルコ戦に師匠が先発していないことに不満を感じたりしていた程度でしたので、結局負けてしまった後、選手達が涙ぐんでいるのを見て(ああ、そうだった!W杯の舞台だったんだ!)と思い出すぐらい純朴でのんきでした。
Turks PK終了後駒野を抱きしめて遠い目をしていたユージにきゅんときた向きも多かったのではないかと思いますが、トルコ戦で試合終了後楢崎を抱きしめていつまでもいつまでも慰めていたトルコGKのルストゥ選手を思い出しました。
あたしがアメリカの高校生だった頃トルコ人の友達がいましたが、トルコの人たちはあたしら日本人が思っている以上に日本を評価していてくれてとても友好的なんです。あたしの友達はとっても美人でおしゃれであたしなんかより英語もすぐに上手になりましたが、いつもあたしのことを気に懸けてくれる優しい女の子でした。

トルコ戦であたしが得たもの、と言うか思い出したものは大きいです。
人を思いやる気持ちを表に出すということです。
日本に帰国して15年。あたしは「日本に適応」するため感情を押し殺してきました。
怒りや不安を押し殺すことはよいことだったかも知れません。またそれは日本に帰ってきたからというよりはその後結婚、出産を経て三人の子供を育てる中で培われた技術だった気もします。
けれど、嬉しかったり、楽しかったり、そういう気持ちをなかなか帰国後は発散することが出来ませんでした。15歳から20歳をアメリカで過ごし、いつしかすぐに人に抱きついて感情を爆発させることが常になっていたあたしが、帰国後社会の波にのまれ、そうこうしている間にいつも自分一人のことで手一杯な人間になっていたのです。
けれど日韓大会の日本代表を見て思い出しました。日本の選手は得点や勝利の度に抱き合って大喜びしていました。そして負けたときもそれぞれお互い肩を抱いたり涙を浮かべたりしながら慰め合っていました。
(日本人でもこんな表情を人前で見せるんだ。見せ合って良いんだ。サッカーは自由だ。)
あたしは日本で見つけたあたしにとって唯一の「自由な国」、サッカーの現場に走っていくことを決めました。071208_153201_2サッカーのゴールで泣いたのは日韓大会の師匠のゴールと先日のやっとくんのFKぐらいですが、負けて泣いたこともあります。
2005年の決勝大会の予選ラウンドで一勝も出来ずに敗退しました。
ゴール裏では泣きませんでした。敗退確定した二日目の夜、サポ仲間とぐでんぐでんになりながら泣きました。泣きながらだれかとあんなに酒を飲んだのは後にも先にもあれっきりです。全然酔えませんでした。
翌日は「消化試合」でしたが選手達は気持ちのこもったプレーを見せてくれました。あたしもぶっ倒れるまで声をはりました。でも、勝てませんでした。やっぱりがんばってくれた選手の前では泣けませんでした。引き上げてきた選手一人一人に声をかけ、うなだれている選手の肩を抱いてその後に行われたおそらく昇格するであろう人たちの試合を見ていました。
一人で帰る高速バスの最後尾でジャケットを頭からかぶって高知から三宮までの4時間半、ずっと泣きました。悔しくて、悔しくて、悔しくて、悔しかった。人間あんなに長い間泣き続けられるんだなと思いました。

2007年の決勝大会決勝ラウンド。最終日まで首位だったのに最終日に敗退してJFLに昇格できませんでした。
敗戦の瞬間、その時はどっと涙が出てきました。でも、うなだれている選手達が目に入ったとたん、嘘みたいに涙が止まって「顔上げぇ!!」って叫んでいる自分がいました。選手達は顔を上げてあたし達サポの所によろよろと挨拶をしにきてくれました。あたしは仲間と一緒に精一杯拍手を送りました。サポ同志も切り替えてお互いを励まし合いました。
やっぱり一人で帰る新幹線、今度は泣きませんでした。めちゃくちゃお腹が空いてきて駅弁3人前くらい平らげながらもう気持ちは来季に切り替わっていました。闘うことって大事です。逃げなければ後悔はない。負け方って大事です。逃げなければ次に踏み出せます。Hands

ユージはPK失敗後の駒野を迎えに行って手を引いて列に戻しましたね。優しいお兄ちゃんです。松井や阿部ちゃんもずっとそばにいました。
ドイツ大会で敗退したときのヒデを思いました。あの時の彼は圧倒的に孤独でした。彼に声をかけて抱き起こそうとしたのはチームメイトではなくブラジルのアドリアーノ選手でした。
あたしはあの時、泣いている子供を抱きしめない大人にだけはなるまいと思ったものです。
日本には辛かったり悲しかったり大変な状況にいる人を「そっとしておく」という風習があります。確かに人のお節介は表面的な優しさにうっとうしさを感じるときはありますし、あたしはどちらかといえば(放っといてくれ)と思う方の人間でした。だから人に対してもうざったい女だと思われたくないので同情や共感の気持ちを表に出さずに来ました。
でもサッカーに関わるようになってから、ドイツ大会のヒデを見てから、そういうロックは解除することにしました。
見て見ぬふりをすることは、その人にうっとうしがられる事以上にあたし自身がそんな自分に耐えられないから。

日本一のマザコン男にしようと手塩にかけて育てている末っ子ももう中学生。
最近は手を繋いで歩いてはくれません。
柔らかい子供の手を引いて一緒に歩くのが大好きでした。
でもこれからもいろんな形で彼があたしを必要とすることはあると思います。
手を繋がせてくれなくても、ひょっとしたら一切触れさせてくれなくても、そばにいたいと思います。
そしていつの日かクリスチャーノみたいに「お母さんが大好き!」と悪びれもせずに叫ぶ男に育てたいと思います!

「応援とは - ひとりでがんばっているひとをひとりにしないこと」
サポーターであるクリスのモットーです。
これからも真心サポート実施中です♪

さあ、日本代表も帰国し、ポルトガルも敗退してしまいました。
昨日は久しぶりにグッスリ眠れました。
あとはアルゼンチンが優勝するよう一生懸命お祈りするだけです☆

« 明日やろうはばかやろう | トップページ | ブラジル敗退!今夜はアルヘン! »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/48773279

この記事へのトラックバック一覧です: 泣いているのはきみかぼくか:

« 明日やろうはばかやろう | トップページ | ブラジル敗退!今夜はアルヘン! »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ