フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 今、日本代表に必要なのは…澤 穂希だな | トップページ | ドログバが… »

2010年6月 3日 (木)

それでも今日も生きていく

近頃は嫌になったら辞めることが責任を取ることらしいのですが、子供の食費と教育費のためにあたしはバイト辞めません。そもそも世の中に生き甲斐や自己実現のために働いている人がどれほどいるのでしょうか?皆その日の糧を得るために働き、それに伴う責任を引き受け、社会における自分のポジションを手探りしているのです。
夢は夢として、実現を目指してがんばるものだと思っています。けれど日々の仕事は、うまくいかなかったから辞めるというわけにはいかないのです。人として、一番大事なものを手放すことは出来ないですが、自分が守らなければならないもののためには「ひとまず横に置く」事をしなければならないときもあると思うのです。
辞めてもその後の生活が成り立って、夢を語って周りに夢を見せたのに実現もしないで何もかも放り投げても社会的に生きていけるなんてうらやましい限りです。

さて今日は末っ子の学校で参観&放課後引き取り訓練でしたのでバイトはお休み。
4月の末にもの凄い豪雨で警報が出ていたのに末っ子を登校させてえらい目に合わせてしまったし、入学以来全然懇談会のたぐいにも出られていなかったので、今日はずいぶん低姿勢でクラスの皆さんにご挨拶です。

さて、午前は暇だったので久しぶりに献血に行こうかと思ったのですが、この春から湘南クロスウェーブでは火曜の午前中マッサ-ジ・サービスがあると聞き、(火曜に行かない手はないよな)と思い直しました。で、思い立って眼科検診に行ってきました。絵描きの命は目です。見えないと描けないので目は大切にしたいと思えど歯科ほど定期検診に行っていません。だからもうすぐ免許の更新だし、久しぶりに行ってきました。
視力、眼圧、問題ありませんでした。眼鏡もコンタクトもバッチリフィット♪
どうも最近目の焦点が合いにくいなあと思ったので「事務の仕事を始めたからでしょうか?ドライアイでしょうか?」などと聞くと先生はさらりと「老眼ですね。」
ああ…女46歳。クリス、老眼デビューでございます。
「眼鏡の時は近くを見るときはいっそはずされたら良いんです。まだ老眼鏡が必要なほどひどくはないですから。コンタクトの方は今ぐらいの状態ならあまりご不便はないでしょう。クリスさんはかなり乱視がありますから遠近両用コンタクトは難しいですからね。」
はあ~、さいでっかぁ~。
近くは見えず、遠くは見える。それって視野が広がったって事!?やあああ~ん、勘違い!!
最近のことは分からないけど、昔のことなら良く覚えてる!?やあああ~ん、それってアルツハイマー!!
やれやれ…老眼が入ってきた絵描きの絵がどんな風に変わるのか、楽しみにしていてください。

« 今、日本代表に必要なのは…澤 穂希だな | トップページ | ドログバが… »

コンディショニング」カテゴリの記事

コメント

嫌になったからって辞めるわけにいかない日々、同じく送っております。でも、学校には行ってないのはクリスさんと違うところです。老眼は一足お先です。遠近両用眼鏡にしてからとっても快適です。画風の変化、楽しみにしてます!

>青パパイヤさん

いらっしゃいませ。お元気ですか?今年は役員はなしです。というか、娘の高校は全く夫に任せっぱなしです。

仕事は日々勉強ですが、職場環境は慣れないですね。人間関係は問題ないのですが「お勤め」というのが合わない。机に縛り付けられて一日無言でPCに向かっていると外へ飛び出したくなります。あとあたし冷たい食べ物を受け付けなくて、弁当持参は一ヶ月でへこたれました。でも外食は高いし、安いお店を探して「昼食難民」です(泣)。駅前のタイ料理屋はランチ営業辞めてしまったし、本当に困っています。

絵、いよいよ再び描き始めます。ワールドカップも始まるし、燃えてきました!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/48532847

この記事へのトラックバック一覧です: それでも今日も生きていく:

« 今、日本代表に必要なのは…澤 穂希だな | トップページ | ドログバが… »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ