フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« アルヘン、B組1位突破! | トップページ | 決勝トーナメント »

2010年6月25日 (金)

サッカーを巡る4年間

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20100625-00000042-jij-spo.html
関西勢大活躍!
なにしろゴンちゃんから始まった日本代表のW杯ゴールにおいてこれで大阪府出身者のゴールは日韓大会のイナ2ゴール、今大会の本田くん2ゴールで4ゴール。今日の岡崎くん(兵庫県出身)のも入れるとW杯において関西は得点王です!どおよっ!?

Et まあね、「日本代表どうでも良い」なんて言ってきましたからここで手の平返したら女が廃ります。
この勝利を横取りする気はありません。この2年半の間、岡田さんと選手を信じて応援し続てきた人たちだけが心から今「岡田ジャパン、最高!」「ベスト4行くぜ!」などと叫べるのであって、あたしが今言えることは「まずはベスト8を目指しましょう」ということです。

次はパラグアイ!クリスが生まれて初めてお金を払って見た試合が8年前日韓大会時に松本でキャンプしていたパラグアイ代表と浦和レッズの親善試合でした。
そしてその場で応援していたパラグアイ・サポーターの皆さんがあまりにも楽しそうで、その時初めて「観戦」から「応援」へと気持ちがシフトしたのです。
つまり29日はクリスにとっては「恩返しの試合」になるわけです。
ちなみに予選ラウンドではカメルーンやデンマークを応援している日韓大会時のキャンプ地の皆さんがやたら取材を受けていたけど、松本にも今取材班が急行しているのかしら?それとも今は松本は山雅一色でパラグアイを応援している人なんかいないのかしら?
ロケ・サンタクルス選手は当時まだ20歳でかわいかったわよお~☆今じゃすっかりいい男さんでチームの中心になっちゃったけど、今でもお砂糖山盛りの甘あ~いコーヒーがお好みだったりするのかしらあ?やあああ~ん、ロケったららぶりぃ♪

朝の3時起きして試合を見ました。

みんな良く攻めていました。良く守っていました。そして良く、走っていました。

オシムさんのイメージしていたものとは若干スタイルが違うのかも知れないけれど、日本の「走るサッカー」というものを体現していたと思います。
やっとくんのゴールを見て思わず泣いてしまいました。
このゴールのために、やっとくんのドイツ大会はあったのかとさえ思いました。
思えばサッカーのゴール見て泣いたのはあのベルギー戦の師匠のつま先シュート以来です。
本田くんがゴール前で岡崎くんにパスを優しく出したのにもグッと来ました。
いつもなら「自分でいけ!」って言うところですが、今日はあれで良かったと思います。
FWに、岡崎くんに、点を取って欲しかったので。

ドイツ大会は本当に辛かったので、やはり「W杯の借りはW杯でしか返せないんやな」と思いました。
申し訳ないけど、決勝大会と同じやなと思ってしまう自分がいます。
4年前、ドイツ大会が始まる直前にあたしは愛していたチームとお別れしました。
その前年の決勝大会が惨い結果に終わり、サポもチームも分裂状態でした。
だから余計に、ドイツ大会の惨敗は傷心の自分に追い打ちをかけるものでした。
でも、その悔しさをバネに、あたしはサッカーの現場に戻って来れたのかも知れません。
その後バンディに出会い、決勝大会の予選ラウンドを突破してリベンジを果たすことも出来ました。仲間と目標に向かって闘う楽しさを思い出させてもらいました。
馬鹿にした奴らを見返してやりたい、選手達や応援してくれた人たちとの約束を果たしたいとの一心で作品を描き、発表し、売り込みをしました。
結果画集を出版したり全国誌に作品を掲載してもらうことが叶い、会えるはずもないと思っていた選手と対面が叶ったりもう会えないと思っていた選手と再会することも出来ました。
すべてはサッカーのおかげです。サッカーを諦めなかったからです。

あたしの絵も夢も、サッカーと共にあります。
どうでもいいと言いながら、日本代表が決勝トーナメントに進出してこんなに嬉しいのはやはり彼らがただのチームではなく「みんなの代表」だからでしょう。
ライバルだと思っていたチームに昇格の先を越されたり、応援していた選手が別のチームに行ってしまったり、自分があまり応援できていないときに限ってチームが躍進したり、サポーターとして複雑な気持ちになることがあります。
でも、今日は素直に嬉しい。
サッカーが好きなら、サッカーは「サッカーが好きなみんなのもの」なんだから、みんなの代表の全日本が勝ったらそりゃ素直に喜べばいいのだと感じました。
「日本代表」そのものをそれほど応援してきたわけでも信じて付いてきたわけでもないけれど、あたしはこの4年間、今日試合に出たり出なかったりした選手達をJリーグで応援してきました。代表に呼ばれなかったり、今では「元日本代表」としか呼ばれなくなった選手を応援してきました。あるいは今日活躍した選手の出身校の後輩であったりする選手や日本代表などとは縁がないものと決めつけられている下部カテゴリーの選手達を一生懸命サポートしてきました。
そんなこんな全部ひっくるめて、あたしらの悔しさや楽しさや喜びや悲しみを全部ひとまとめにして「みんなの代表」は今日勝ってくれたのです。
だから素直に、感謝したいと思うのです。
ありがとう、日本代表。愛しているよ。

« アルヘン、B組1位突破! | トップページ | 決勝トーナメント »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/48715737

この記事へのトラックバック一覧です: サッカーを巡る4年間:

« アルヘン、B組1位突破! | トップページ | 決勝トーナメント »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ