フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 鬼は外!福は内! | トップページ | 安全装置をはずせ! »

2010年2月 5日 (金)

しんよこフットボールパーク

http://www.jfl-info.net/index.html
今季JFL開幕試合会場発表だあ~!2/25には全日程も発表と言うことで楽しみですね。
そんな期待が高まる中、今日はしんよこフットボールパークへ町田ゼルビアの今季初練習試合を見学に行ってきました。
対戦相手は町田の選手もゆかりのある帝京大学。30分を3本、町田の方はそれぞれ選手を入れ替えながら全員を見る、という感じでした。

Photo 気温が低くて寒いだろうと予想して重装備で行ったのですが、晴天でもあり人工芝の照り返しもありで拍子抜けなサッカー日和でした。
まあ、メンバーや内容はどこまでチームが発表する気があるのかわからないし、あたし自身もまだ顔と背番号が一致しない選手が多かったので割愛します。
ただね、面白かった!!もちろん連携はまだまだだし、3本通して3-0で町田が勝ったんですが学生さんに攻め込まれてあっぶないなあ~ってなシーンが結構あったんですよ。
でもね、チームの雰囲気が全然違います。
去年の開幕前ベルマーレとのTMを見ましたが、やっぱりどんなに押さえ込もうとしてもJFL昇格を果たした幸せムードがチーム全体に漂っていた気がしたのですが、今はチーム内での競争が激しく、皆が皆レギュラー目指してしのぎを削っている「追い込まれ感」がヒシヒシと伝わってきました。
端的に表していたのが「声」。みんな怒鳴ってるのかと思うくらいよく声が出ていたし、指示出しも具体的なものが多かったし、休憩時間にもそれぞれが修正点について話し合う姿が見れました。

相馬監督は…かっこよかったです…やあああ~ん、なに言わせるのおおお~!!
でも、まだまだ、全然本人がピッチに立っていそうな雰囲気で「上がれ、上がれ!」と何度も叫んでらっしゃいましたがそのたんびにクリス(お前が上がってくれ、相馬!!おれのこの目の前を、お前が駆け抜けてくれえええ!!!)と心の中で叫んでおりました。
おしゃれにびしっと決めていつも静かにピッチを見守っていた戸塚前監督がちょい悪オヤジ系とすると気持ちは完全に選手と共に走り叫び続けている相馬現監督は永遠のサッカー少年系でしょうか?
「後ろがおっも~い!もっとサイドから上がれ~!」「もっと早く!」「なんで上がんないかなぁ~!?」「シンプルに!早く!」「前へ!前へ!」「上がっても良いんだよ~、そこぉ~」
とひたすら上がること、スピードアップすることを求めていらっしゃいました。
試合前の指示などは端で聞いていてもシロウトのあたしにはちんぷんかんぷんですが、いろんなカテゴリーを見ていて思うのは、やはりカテゴリーを降りる度にスピードダウンすることがわかります。そういう点では相馬監督の求めていることはとても難しいかもしれないけどとてもシンプルでもあるかと思った次第。
チーム事情的にも戦術的にも追い詰められている選手達の危機感というか、緊張感がピッチにも見て取れました。
関東リーグの頃からボール回しが上手い選手が多いと思いますが、肉弾戦好きなクリスとしては(あんた達が上手いのはよくわかったからそろそろ決めてよ!)ってな身も蓋もない感想を持ってしまう「きれいなプレー」が特徴的だったゼルビアですが、今季このまま相馬監督の思惑通りスピードという武器が加われば、かなりスペクタクルなサッカーが期待できるかもしれません。
これは期待がふくらみますね、クルバの皆さん!?
選手達の大きな声に負けないくらい今年も熱い声援、がんばってください!!

« 鬼は外!福は内! | トップページ | 安全装置をはずせ! »

社会人サッカー」カテゴリの記事

コメント

おお〜〜相馬さんゼルビアの監督になったんだ〜〜〜(゚▽゚*)
理論派で且つ熱い人だし「勝者のメンタリティ」と「プロ意識」をしっかりと植え付けてもらえると良いですね。

>ひよこ豆ちゃん

いらっしゃい、ココログへはお久しぶりかしら?

そうなの、W杯出場経験者で初の3部監督として今季相馬さんが町田へやってきました!「勝者のメンタリティ」と「プロ意識」。そう、まさにそういったことを体現なさっていたと思います。

「相馬さんお疲れ様です!」って声をかけたらちゃんと立ち止まってこっちを見て「お疲れ様です。ありがとうございます。」って挨拶してくれたのぉ~♪やあああ~ん、男らしいいい~☆取材の人が待ってなかったらあたし絶対とっつかまえて抱きついてたわ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/47485398

この記事へのトラックバック一覧です: しんよこフットボールパーク:

« 鬼は外!福は内! | トップページ | 安全装置をはずせ! »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ