フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« しんよこフットボールパーク | トップページ | かっこいいぞ、ヨコヤマさん!!! »

2010年2月 8日 (月)

安全装置をはずせ!

まあ、みなさん、ご覧になりまして、昨夜のNHKスペシャル「ミラクルボディー」!?
世界のトップ選手の肉体やパフォーマンスを科学の力とNHKが誇る技術を駆使して徹底的に究明するこのシリーズ、あたし結構好きで必ずチェックしてんだけど昨日はアルペン滑降の英雄アクセル・スビンダル(ノルウェー・27歳)が登場でした。
時速160kmに達する人間F1マシンとなれるその筋力についてあらゆる角度から検証していてとっても興味深い1時間。
このシリーズではいつも一流のアスリートにとっては外側の筋肉だけではなく内側のコア・マッスル、しかも体幹部を鍛えることがいかに大切かを再認識させられるのですが昨日はアルペンというある意味生命の危機と隣り合わせの競技を扱っているため肉体の限界だけでなく恐怖心といかに闘っているのかを脳波を計ったり心理学者が分析したりしながら科学的に考察していて面白かった。

それが奥さん、もうアクセルったらまさにミラクルなバデー!!!
白人男性のバックの厚みってたまらんね?こう後ろに回ってまわし取って送り出したい感じ?あ、ごめん、わかんないわね?デートするならサッカーよりラグビーしようぜって感じよ…え、ますますわかんない?
だってえええ~、アクセルったらどう見ても子供5人くらいいそうな落ち着きで全然27に見えないのに脱いだら、もう…クリス、お腹いっぱいになっちゃったわよ!
昨日なんかアクセルの太腿の裏っかわの夢見ちゃった☆男の大腿二頭筋の夢見て喜んでるのってあたしくらい?そお~んなことないでしょおおお~う!?
あああ~ん、クリスのアルペンのハニーといったら皆川賢太郎選手なのに、バンクーバーではアクセルとどっちを応援したらいいのお~!?

おっと…そういうことは置いといて…本題。本題。
人間誰しも恐怖心というものを抱えていて、危険を察知したら(危ないぞ!回避しろ!)って自分にシグナルを送るものだと思う。ましてや一度経験したことがある恐怖に直面すれば(逃げろ!)って判断して当然とも思う。
ところがアクセル曰く「そういうときは心の安全装置をはずす」のだそう。
「恐怖に向き合わなければ誰よりも早く滑ることは出来ない。危険を回避していてはいつまでたっても過去の自分を越えることも出来ない。」
そして番組は彼のこの証言を科学的に解明してみせる。
詳細は再放送でも見てほしいんだけど、スビンダル選手は滑降中ほとんどまばたきをしない。これは精神的に非常に追い詰められている極限状態を表し、可能な限りの情報を目から取り入れ迅速に脳内処理することで不安を取り払ったり恐怖心を押さえ込む働きをしているそう。
まあ、だからといってまばたきさえしなければ一度選手生命を脅かされるような大けがをした現場で復帰戦を行い記録を更新して優勝するなんて芸当はだれにだってできるもんじゃないし(たいした男だよ、あんたって人はアクセル!)って感じですが、出来るだけいろんなものを見、知識を蓄えて事に当たり、困難を乗り越えることによって達成感を得てその成功体験を次に活かすっていうのは一般人にとっても恐怖や不安に打ち勝つためには必要な対処法かと思います。個人的にも今までの人生でさまざまな土地や人や仕事に出会う度に感じる不安や恐怖心をまさにそうやって克服してきた自分としては共感しきり、でした。

そしてそれは人生一般だけでなく、あたしの絵に対する姿勢にも関わってくることです。
出来るだけ多くを見、心に焼き付ける。
絵描きにとって一番大切なのは手ではなく目だと常々思っています。
もちろんスビンダル選手の強靱な精神を生かすのは長年培われた技術とそれを支えるナイスな筋力あればこそであるように、心のイメージを正確に紙の上に投影出来る腕と体力は必要ですが、やはりあたしも絵描きとして極限状態におかれているくらいの気合いで対象を見なければならない。命を削るくらいの気持ちで見なければ人の心に響くものを描くことはできないと思うのです。ちゃんとものを見ていなければ伝えたいこともわき上がってきませんし、紙と向き合ったときに描きたいイメージも浮かばないのです。

あたしは昨日の番組を見ていてなぜピッチを駆けているときとグラウンドの外に出たときの選手の顔立ちが違って見えるのか分かりました。
目です。彼らの目が違う。そしてその追い詰められている時の目が、あたしの心をつかむのです。
だからあたしは一歩スタジアムの外に出た選手には興味が持てないのですね。プライベートなんかホントにどーでもいい。笑顔で並んで一緒にスナップ写真とか撮ってもらいたいと思ったことはない。どんなに男前でも私服の彼らを描こうとは思わない。
でも、ピッチの上の彼らはあたしのヒーローであり同志です。
眉をつり上げ、目を見開き、痛みにのたうち回りながら恐怖を乗り越えていく様を見せてほしい。現実を跳ね返し、出来るわけないと言われていることをやってのけてほしい。闘う姿を、見せてほしい。
ユニフォームや筋肉の動き。ピッチの状態やスタジアム。バックの風景や空の色。
現場で絵を描かないあたしはいつも写真を参考にします。でも、目だけはいつも何も見ません。現場で見た選手の目を思い出しながら心で描きます。

なにもかもあたし達の目の前にさらけ出して走るきみたち。そうであればこそ、あたしはきみたちを鼓舞し、共に泣き笑い、君たちの栄光をたたえるのだ。まるで我が事のように。
だからそう、あたしも全てをさらけ出さなければならない。
きみたちだけにやらせておいて自分はこぎれいな絵を描いていてはいけない。
あたしも(描けなかったらどうしよう)(失敗したらどうしよう)(評価されなかったらどうしよう)なんてな心の安全装置をはずさなければならないのだ。

人間解放 - それこそが自由への一本道だ。

« しんよこフットボールパーク | トップページ | かっこいいぞ、ヨコヤマさん!!! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

先日、プールから帰ろうとデッキを歩いていると、「ビだね!」と声を掛けてくる女性陣が。
「はぁ?」と私。
「ビだね!」と繰り返す女性陣。
「はぁ、、、」と私。
「美しい体だ!」と女性陣。
「ありがとうございます…」

そんなに見ないで~~~(笑)

>hissy

「美」ね?わかりにくいな、おばちゃんたち…なんで素直に「きれいだわ」「すてきだわ」って言わないのか…こだわりがあるのか?

ブレーキをかけないことで何かを突き抜け新しい自分に出会う。
おばちゃん達は自分の本能にブレーキをかけないことで「おばちゃん道」を邁進する。
hissyは自分の筋肉にブレーキをかけないことで磨きをかけるのね~♪

おたがいがんばりましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/47511245

この記事へのトラックバック一覧です: 安全装置をはずせ!:

« しんよこフットボールパーク | トップページ | かっこいいぞ、ヨコヤマさん!!! »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ