フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 浪速のど根性 | トップページ | さっぶいなぁ~ »

2010年1月11日 (月)

大人はセルフ・プロデュース

成人の日は1月15日であるべきかとは思っているのですが、お正月明けの三連休はスポーツ・イベントが目白押しで楽しいですね。
帝京大学がラグビー優勝したり、女子バスケでJOMOが勝ったりしていましたが、クリスは久々にTVでHTB杯見たりしていました。大倉山には行ったことがないけれど、旭川に住んでいた頃はおにいちゃんがクロスカントリー・スキーをやっていて少年団の中にはジャンプをしている子もいました。
クロカンの練習は毎週2回ほど夕方に中学生と一緒に行うのですが旭川の冬は3時半頃でもうすっかり真っ暗!氷点下10度台のなか南極観測隊もかくやと思われるような重装備で練習を見学していました。

サッカーも名波さんが引退試合を行ったり、小野伸二選手の清水移籍が発表になったり静岡は盛り上がっていましたが…さて本日は高校サッカーの決勝でしたね:
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20100111-00000026-kyodo_sp-spo.html
碓井主将、インタビューでは「あざぁ~っす!」ではなく「ありがとうございました。」とちゃんとご挨拶しましょう。興奮していたのはわかりますがちょっと残念でした。あたしがお母さんなら帰宅第一声は「おめでとう」ではなく「今晩は夕飯抜きや!」で、おしりペンペンです。
だいたいあたしはサッカー大好きですが、サッカー選手ってぇのはどうしてダラダラへらへらしてんのかと嫌になっちゃうことが多いです。
高校野球を見てください。あれが全て良いとは言いませんが、同年代の子を持つ親としてはあっち方向で子供を育てたいとは思います。
誤解していただきたくないのですがクリスは何よりも自由を愛する女です。軍隊式や体罰も辞さないようなスパルタは嫌いです。でも、高校生くらいサッカーでも坊主で全然良いし移動は全て全力疾走でもいいんじゃないかとは思います。なぜなら - ダサくても強い、絶対その方が格好いい。
校歌も歌っていない生徒が両校とも多かったです。母校の歌に誇りを持てとかそういう精神論は置いておいても、試合の前に大声で歌って気持ちを落ち着かせたり腹筋をほぐすことを考えないのでしょうか?ベンチやスタンドにいる他の選手や応援の人たちと一体になろうとは思わないのでしょうか?キックオフ直後からいきなり大声が出るのでしょうか?玉を蹴っていなくてもいろんなことをサッカーにつなげて考えることは出来ます。
全てをサッカーのために、自分が人生を賭けているものに集中させる。そういう時間は必要です。

高校サッカー選手権の決勝が成人の日と重なって久しいです。
だからいつも決勝戦を見ながら大人になるってどういう事だろうって思うようになりました。
大人になったら自分をプロデュース出来た方が良いと思います。
先の主将インタビューもそうですが、日本のマスコミはもう少し若いアスリートを育ててやるつもりで仕事をしなければなりませんね。
みんなが選手に対してお友達感覚でなあなあな対応をするからキチンとしゃべれるアスリートが日本では育たないのです。
ふざけているのか照れているのか、何か面白いことを言えば気の利いた大人になったつもりになっている選手が多い。
そんなことが本当に面白くスマートにやれるのは一部の関西人とゴンちゃんくらいです。
何も面白いことなんか言わなくて良い。真面目な受け答えの何が悪いのか。
若い選手の皆さんは覚えていてほしいのですが、世の中みんながみんなサッカー好きでもなければあなたのお友達ではないのです。ひとたび公共の電波に乗れば一瞬で広い世界にあなたの言動は放たれるのです。
応援席に向かっては思いっきり喜びを爆発させればよろしい。その方が君たちを支えてきた人も報われるというものです。でも公共の電波に対してはもう少し距離を置いた方がいい。
なにも感情を押し殺せとは言っていません。表現における公私の区別を覚えてほしいのです。
「これからもがんばるので応援よろしくお願いします」
通り一遍の言葉を喋って終わりは心が通いません。自分の言葉で喋ることは重要です。だからこそ、場数を踏んで適切な言動が出来、それにさらに個性を付加できるようにするのが経験です。経験は一晩では積めない。だから焦る必要はない。
どんどん出て行って、どんどん喋って、どんどん失敗すればいい。
あたしがいい加減なポルトガル語でブラジル人に話しかけているのを見て「ポルトガル語喋れるんだ?」って聞く人がいるから「喋れないよ。喋れないから喋れるように喋ってるんだ」と答えたことがある。あたしはそうやって英語を習得したから。
世の中の人は皆、あなたの両親やあなたを大事に思っている人たちのように、あなたを理解しようとあなたの言葉に耳を傾ける人たちばかりではない。
身内だけにしか通じない話しかできないものが世界を目指せるか?
(たとえ宇宙人にだっておれをわからせてみせる!)それくらいの気持ちで「説明できること」が自分をアピールすると言うことだろう。
どうか「言語」を手に入れてほしい。それは言葉かもしれない。技術かもしれない。態度かもしれない。機械かもしれない。絵、かもしれない。
とにかく自分の言語を手に入れてそれを武器に世界に打って出ればいい。「コミュニケーション」とはそういうものだと思っている。
面白いことを言ってやろう、なんて色気を出す必要はない。いろんな経験を積み重ねれば、自然ときみの話は面白いものになる。
焦らず大人になればいい。世界はきみを待っている。

« 浪速のど根性 | トップページ | さっぶいなぁ~ »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/47267806

この記事へのトラックバック一覧です: 大人はセルフ・プロデュース:

« 浪速のど根性 | トップページ | さっぶいなぁ~ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ